渋滞や飲酒運転まで!?「City Car Driving」リアルをとことん突き詰めたドライブシミュレーター!

交通渋滞、天候、悪質な車まで現実でおこることを全て体験できるドライブシミュレーター!VRやハンドルコントローラーにも対応しています!運転に自信がない、よりリアルな運転を家でしたいあなたにオススメのPCゲームです!

 

 

まずはこのPCゲームの公式動画をご覧ください!

City Car Drivingってどんなゲーム?

City Car Drivingはドライビングシミュレーターです。街中での走行を前提としたものになっており、いわゆるレースゲームとは違います。現実に即した運転を体験することが可能で、簡単に言えば安全運転に必要なスキルを身につけられるシミュレーターです。

本作の舞台となるのは街中です。リアルな交通環境をベースにした街となっており、想定しうる状況の中で運転技術を磨くことが可能です。

 

教習所で習うような状況はある程度入っているため、自主練にも十分に役立ちます。そのうえ自分のペースで練習することができますから、苦手な箇所だけを重点的に習うことも可能です。

こうしたことからまだまだ車の運転に慣れていない人にとっては、十分な練習になるゲームと言えます。

実際問題ゲームなので、たとえ失敗しても問題はありません。現実でミスをしないように、本作で何度も練習していきましょう。その内実際の運転に役立つドライビングスキルやテクニックが身につくはずです。

 

ちなみにこのPCゲームはハンドル型のコントローラーにも対応しているため、パソコンに接続してプレイすると、よりリアルな環境で車の運転を体験できます。

基本的な操作


City Car Drivingの操作は現実の車の運転に即したものになっています。まずプレイヤーはシートベルトを締めることになり、そこから周囲を見て他の車や通行人がいないかを確認します。その確認が終われば、いよいよ運転開始です。

このPCゲームはリアルな操作感がウリであるため、アクセルやブレーキといった走行に必要な機能だけを盛り込んでいるわけではありません。

 

ウィンカーを出したり、インターネットラジオをつけたり、クラッチや半クラッチをしたりなど、車に備わっている機能は大抵使うことができます。

まさに車の運転をリアルに体験できるゲームになっており、ハンドル型コントローラーを使用すれば、実物の車を運転しているのと変わらない操作感を味わうことができるでしょう。

 

なお教習所モードでは教官から指示が飛び、プレイヤーのミスを指摘してくるため、正しい運転法を知りたいならこのモードでプレイすることをオススメします。

多彩なシチュエーションやクエスト


City Car Drivingでは様々なシチュエーションの中で、安全運転を心がけて練習していくことになります。まず基本的なシチュエーションとして、右側通行や左側通行が挙げられます。

 

プレイヤー自身の国にあった通行を選択できるため、練習にうってつけです。もちろん他の国の通行状況を選択して、いつもとは違う気分で運転を味わうのも良いでしょう。

次に運転に大きな影響を与える要素として、時間帯と天気があります。時間帯は朝昼夜晩の種類があり、ライトのオンオフや背景の明暗などを変えることもできます。

 

天気は晴れや霧、雪や薄氷、雨となっています。晴れ以外の天気は視界が悪くなるため、安全運転が基本となります。特に薄氷は路面が凍結するため、車がスリップしてしまいます。

 

そして渋滞や交通事故、信号無視する通行人など、運転中には様々なトラブルが発生します。これらのトラブルが他のゲームで言うところのクエストになっています。

クエストは何の前触れもなく突然発生するため、プレイヤーには突発的な状況にも冷静に対処できる判断力が求められます。実際問題、リアルな運転においても事故というのは突然起こるものです。

 

こうしたリアリティのあるシチュエーションとクエストの数々こそが、本作最大の醍醐味と言っても過言ではありません。もちろん安全運転が基本のゲームですが、故意に破っても構いません。

信号を無視したりスピード違反したり、歩道に突っ込んだりなど自由です。といっても交通違反には変わりないためパトカーに追いかけられます。リアルではできないカーチェイスを楽しむのも1つの遊び方かもしれません。

飲酒運転モードあり


City Car Drivingには、他のドライビングゲームではあまり見られない飲酒運転モードが搭載されています。どういうモードかと言えば、その名の通り飲酒運転を体感できるというものです。

 

飲酒運転がいかに危険な運転なのかが分かるようになっており、このモードではまともに運転できません。画面が常にゆらゆらと揺れ、人によっては酔うかもしれません。それほどリアルな飲酒運転を味わえます。

 

同様のカーシミュレーションゲームで、こちらのゲームには飲酒運転などのバカゲー仕様はなかったので、これはなかなかオリジナリティのある仕様かもしれません。

ちなみにユーロトラックシミュレーター2というゲームが本作と似ています。飲酒運転はないですがこちらもなかなかのバカゲーPCゲームですので是非読んでください。

PCゲームMODにも対応


City Car DrivingはMODに対応しています。MODを導入すると様々な車種を追加することが可能です。理想の車で街中を走り回っても良いし、愛車を乗り回してドライブしても良いしと、MODを導入することで自由度が高くなります。

 

元々街中を自由に走り回れるというゲームではありますが、MODで自分なりの環境にカスタマイズするとより楽しいドライビングを味わうことができるでしょう。
ちなみに本作はVRにも対応しており、プレイヤー視点で運転を楽しむことができます。

このPCゲームの基本情報

タイトルCity Car Driving
ジャンルドライブシミュレーター
開発元Forward Development, Ltd.
パブリッシャーForward Development, Ltd.
リリース日2016年11月4日
料金2,852円(通常版)
日本語対応
オンライン非対応
OSWindows,Mac,Linux

スペック/動作環境

必須環境推奨環境
OS: Windows 7 SP1 / 8 / 8.1 / 10 (64 Bit)
プロセッサー: Intel Pentium Dual Core 3.2 GHz / AMD Athlon II X4 3.1 GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: AMD Radeon R7 240 / nVidia GeForce GT 740
DirectX: Version 11
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX 9.0に対応するいずれのサウンドカード
OS: Windows 7 SP1 / 8 / 8.1 / 10 (64 Bit)
プロセッサー: Intel Core i3 3.2 GHz / AMD FX 4xxx 3.6 GHz
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: AMD Radeon R7 250X / nVidia GeForce GTX 750
DirectX: Version 11
ストレージ: 10 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX 9.0に対応するいずれのサウンドカード

このPCゲームのレビュー(引用元:Steamカスタマーレビュー)

おすすめ・高評価の口コミ

基本的な車両感覚をつかむ事と、街乗りで流れに乗るイメージトレーニングができ、海外の交通法規も何となく学べます。(左側通行のオーストラリアを選ぶのが良いと思います)

なかなか、リアルで面白いと思います。ただ、ゲームパッド キーボード向けではありません。本格的なドライブを楽しみたい場合はハンドルコントローラーを購入したほうがいいと思います。

低評価の口コミ

ギアの入りが悪すぎる。G29を使ってプレイしてますが、なかなかギアが入らなくてイラついてます。 音もワンパターンすぎてつまらない。 音質もゴミ もう少し改善してほしい。