ゲーマーなら一度は思ったことはないでしょうか?「ゲーム実況をしてみたい」と。

分かります。ゲーム実況動画などを見ていると、自分も実況動画を作ってみたいって気持ちになりますよね(笑)そしていつかは大物実況者へ…。なんて夢を筆者も何度も描いたものです(笑)

しかし、ゲーム実況者になる為には実は様々な機材やソフトが必要ということはご存知でしょうか?この機材がまずはゲーム実況の最初の関門となるでしょう。

そこで今回はゲーム実況者になる為に「何が必要なのか?どれくらい費用がかかるか?」などを筆者の実体験なども踏まえながら紹介していきたいと思います!

必要なもの1:PC

まず大前提としてPCは絶対的に必要です。動画を撮影するにしても、編集するにしても必ず必要なものとなりますので、しっかり押さえていきましょう。スペックに関しては必ずしも高スペックPCが必要なわけではありません。家庭用の一般的なノートPCなどでも編集などは可能です。

ただ、PCゲームを実況する場合はPCゲームのスペックに合わせたPCが必要ですし、編集処理速度など高スペックPCに劣る部分は多いです。最初から高スペックPCを用意する必要はありませんが、「ゲーム実況に慣れ、もっと凝った編集・PCオンラインゲームも実況したい!」という場合は必要スペックに応じてPCを用意しましょう。その際、ゲーム用に特化して作られているゲーミングPCなどもオススメです。

おすすめゲーミングPCはこちらから!

必要なもの2:撮影機材

そして2つめはゲーム実況の要とも言うべき撮影機材についてです。撮影ができないことにはゲーム実況はできませんからね(笑)ここは必ずチェックしておいてください。一概に撮影機材と言っても「PCゲーム、据え置きゲーム、携帯ゲーム」で必要な機材は全く異なります。ここではそれぞれのゲームに必要な機材やソフトを簡単に紹介していきたいと思います。

PCゲームの場合

PCゲームの場合は最もゲーム実況が始めやすいです。というのも家庭用ゲーム機の場合、ゲーム機とPCを接続するために様々な機材を用意する必要があります。便利なものを選べば数万円程度するものもありますので、家庭用ゲームの実況は意外とハードルが高いのです…。(筆者も学生時代に必死にお金をためて買いました。)ですので、ゲーム実況になれるという意味でも、PCゲームからまず始めるのが得策かもしれません。

PCゲームの場合必要な機材は非常にシンプルで、動画の撮影機材と自分の声を録音する為のマイクが必要です。

PCゲームの場合動画撮影を行うためには画面をキャプチャー(録画)するためのソフトを使用します。windows10のPCを使用している方は本体に既に「Game DVR」という録画用ソフトが標準搭載されているので、特に新しいソフトの導入は不要です。

こちらのソフトは非常にシンプルですが、問題なく録画出来、最大4時間まで連続撮影も可能です。windows10の方はこちらのソフトを使用すれば問題ないでしょう。

windows10以外のOSを使用されている方はキャプチャーソフトを導入する必要があります。キャプチャーソフトには無料版・有料版がありますが、特にこだわりがないのであれば無料版でも十分です。無料版のキャプチャーソフトの代表例としては「ロイロゲームレコーダー」「アマレココ」「アマレコTV」などが挙げられます。

これらのソフトは画面の下にロゴマークが入ったり、録画時間・サイズ等に制限がある場合がありますが、初めてのゲーム実況では大きな問題ではありません。こだわりたい方は慣れてきたタイミングで有料キャプチャーソフトを購入することをオススメします。

マイクはAmazonなどで販売されているものでも十分ですが、通話用マイクではなく録音用のものをオススメします。通話用は安価で購入できますが、ノイズなども多くゲーム実況には不向きです。3000円程度で販売されているものであればそれなりの音質ですので、録音用のマイクを購入しましょう。ノイズ防止用のポップブロッカーなどがあればなお良しです。

据え置きゲームの場合

据え置きゲームを実況する場合は「キャプチャーボード」という機材が必要となります。簡単に言えばゲーム機とPCを繋げるための機材です。PCとゲーム機は直接接続できないので、このキャプチャーボードは不可欠です。キャプチャーボードを購入すれば録画ソフトが付属されていることが多いので、上記のような録画ソフトの導入は不要です。

しかし、キャプチャーボードは遅延と呼ばれるタイムラグが発生します。詳細は省きますが、PCに表示される録画画面は本来のプレイ画面より1秒程度遅れて表示されるので、激しいアクションゲームなどはプレイが厳しいでしょう。ですので、キャプチャーボードを購入する際は「パススルー機能付き」の購入を基本的にはオススメします。この「パススルー機能」ですが、簡単に言えばPCとTVの両方に映像を出力できる機能です。この機能を使えば、TV画面の方は遅延しないので、快適にプレイが可能です。

価格ついてはピンキリです。数千円で購入できる3色ケーブル用(最近の小学生には三色ケーブルは伝わらないかも…w)から、高画質で撮影できるHDMI対応の数万円のキャプチャーボードまであります。ここは完全に自分の好みと財布との相談となりますので、よくご検討ください。

しかし、PS4は上記のようなキャプチャーボードはなくとも大丈夫。PS4はコントローラーの「shareボタン」を押せばゲーム画面の撮影が可能です。そして購入時に付属していたマイク付きイヤホンを使用すれば実況しながらの撮影も可能ですので、面倒な機械を一切使用せずに動画撮影が可能です。

ただ、PS4付属の撮影機能はソフトに設定されている「録画禁止区間」の撮影はできません。そのため撮影できるソフトと出来ないソフトがあることは調べておきましょう。また、キャプチャーボードと比べて最高画質も低いですので、高画質で撮影したいという方には不向きです。

PS4ゲームを撮影したい方はまずは本体付属の「キャプチャー機能」。それ以外のハードのゲームも撮影したい方はキャプチャーボードの購入するようにしてください。

携帯ゲーム機の場合

最後に携帯ゲーム機の場合ですが、これが多分一番録画をするのが難しく、ハードルが高いかもしれません。というのも本体の改造を必要とする場合が多い点が挙げられます。3DSの場合は「偽トロキャプチャー」と呼ばれる携帯ゲーム専用のキャプチャーボードを使用する必要があります。この「偽トロ」は専門店にて本体を改造する必要があるので、手間と費用がかかります。

PSvitaの場合でも「偽トロ」か「PSvita TV」というPSvitaをTVに出力する機材を使用することで、据え置き機と同様の方法で録画は可能です。ただ据え置き機より費用がかかるのはほぼ間違いないです。

費用をかけずに改造もしたくないという方は、まずは「直撮り」がオススメです。スマホやビデオカメラで画面を直接撮影するという古典的な方法ですが、初心者にはオススメの方法です。直撮りの際は「カメラとゲーム機は固定し、画面が動かないようにする」「部屋を暗くし、画面がよく見えるようにする」など注意点はありますが、オススメです。

必要なもの3:編集ソフト

最後に大切なのが編集ソフトです。動画を撮影しても編集しなければ「ゲーム実況動画」とはなりません。編集ソフトといっても千差万別です。無料でシンプルな「windows ムービーメーカー」や無料で自由度の高い編集が可能な「Aviutl」、有料ですがプロ向けの本格的な編集が可能な「 Adobe Premiere Pro CC 」など様々な変種ソフトがあります。

オススメはまずは無料で使用可能な編集ソフトを使用しましょう。無料とは言え「Aviutl」はかなり自由度の高い編集が可能ですし、できないことはほぼありません。しかし、操作と導入が複雑ですので、そこだけは頑張ってください(笑)

最後に

ゲーム実況は今YouTubeやニコニコ動画など様々な動画配信サイトにupされています。気軽に上げていると思いきや、意外とハードルが高いことはご理解いただけたでしょうか?

しかし、筆者も含めゲーム実況者にあこがれる方も多いのでは?千里の道も一歩よりという言葉もあるように、まずはチャレンジが大切!ぜひ実況動画にチャレンジしてみてくださいね!

また実は当サイトのスタッフでゲーム実況(上記の動画です)をアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいねw

2018年もいよいよ残すところあとわずか!そこで今回は12月発売予定の新作ゲームを一挙大紹介!子供から大人まで楽しめるスマブラ最新作ゴッドイーター3など注目作が目白押し!クリスマスプレゼントにもピッタリの新作ゲームをご紹介します! このPCゲームの記事をチェック!

みなさん、PCゲームをする時はどんなゲームをプレイしていますか?
私はマウスとキーボードでプレイすることが多いのですが、普段家庭用ゲーム機をプレイする人などはコントローラーでプレイすることが多いのではないでしょうか?
現在では様々なオンラインゲーム、ネトゲ、steamでコントローラーを使用することができるソフトが増えています。

特にsteamで使えるコントローラーはかなり幅広く、PS4、Xbox、スイッチプロコンなども使え、かなり便利になっています!

ここではsteamの調査を参考にオンラインゲームやPCゲームをプレイする際にどんなコントローラーを使っているのか見てみたいと思います!

所持しているコントローラー

上の画像はsteamの運営が発表したプレイヤーが所持しているコントローラーの数量です。

このグラフを見るとXbox360のコントローラーが多く、全体の45%を占めています。Xbox One のコントローラーも19%も所有されており、Xboxのコントローラーは合わせて64%のユーザーに使われていることがわかります。

一方PS4やPS3のコントローラーの所持率は全体の27%と意外に低く、公式対応したにも関わらず所有をしている人は少ないようです。それもそのはず、実際にPS4コントローラーでプレイしようとしたのですが、対応しているソフトが少ないのです。大型ソフトでPS4やPS3でも発売しているソフトであれば、大半は使えるのですが、そうでないインディーズゲームでは、PSコントローラーに対応していないことが多く、Xboxに変換するソフトを導入しないと使えないという状況になっています。このような状況ですと、PCゲームをするためにわざわざPSコントローラーを買うという人は少なく、このような所有率になったと考えられます。

使用率が高いコントローラー

上の画像が使用されたコントローラーの割合となっています。2018年の8月に使用されたコントローラーの資料ですが、これが現状の使用率とみてもいいでしょう。このグラフを見る限り、Xboxコントローラーの使用率はPS4コントローラーのおよそ2倍ということがわかります。先ほども上で説明しましたが、PSコントローラーを使うためにはXboxコントローラーに変換するソフトを入れなければならない場合がある為、このような結果になったと思われます。

それよりも気になるのがスイッチプロコンがxbox360の使用率を上回っているという点です。スイッチプロコンは2017年に登場し、その時から使用率はそこそこ高かったそです。さらに2018年5月のsteam内アップデートにより、デバイスの全機能が使用可能になり、UIのアートワークが追加され、全体的な操作性が向上したようです。その結果、このようにXbox360のコントローラー使用率を越え、このような使用率になったようです。

全体で所有している割合で見てみるとかなり少ないですが、使用率は2番目に使用されているコントローラーと驚きの結果になりました。

各コントローラーでプレイしたゲームの数

上の画像はsteamで使用されたコントローラーでプレイしたゲームの数を表しています。圧倒的に多いのはsteamのコントローラーで、PS3の約2倍という数になりました。steamコントローラーはマウス駆動のゲームを含め、ライブラリ全体のあるデバイスとして作られているので、steamのゲームを遊ぶのに最も適している作りになっているのです。対応しているゲームも多く、様々なジャンルのゲームが遊べる形になっているのでこのようなのでこの結果もうなずけます。

また、ここでもスイッチプロはPS4のコントローラーよりプレイ数が高く、発売時期を考えるとかなり人気のコントローラーであるのがわかります。徐々にコントローラーをサポートしているソフトも増えていっているのでsteamのゲーム以外にも使われていくかもしれません。

番外編 オンラインゲームでのコントローラー

steamだけでなくオンラインゲームもコントローラーを使うことはできます。例えば「ファンタシースターオンライン2」はPS4コントローラーやスイッチのコントローラーを使うことができます。どちらも家庭用verが発売している為、ゲーム内でボタンの設定をすればPC版でも同じ操作でプレイすることが可能です。他にも「FF14」「ドラクエ10」なども家庭用ゲーム機のコントローラーでプレイすることが可能です。

しかし、家庭用版が発売されていないゲームに関してはPS4やXboxのコントローラーが使えない場合もあるようなので公式ゲームサイトにまずは目を通してプレイする事をオススメします。

まとめ

steamを中心にどんなコントローラーが使われているか調査しましたが、結果的にはXboxのコントローラーが一番多いという結果になりました。オンラインゲームでも設定次第では使用することが可能なゲームが多く、様々なゲームをプレイしたいのであればXboxのコントローラーがよさそうです。

ただPS4やスイッチなどを所持しており、既に操作に慣れているのであればそのコントローラーをPCで使うのもアリだと思います。変換ソフトを使えば、ほとんどのゲームを遊ぶことが可能なのでお気に入りのコントローラーでプレイするのが一番だと個人的に思います。

今回はオンラインゲームをプレイする際に邪魔で仕方ない「ラグ」について紹介していきたいと思います。ラグとはPCやゲーム機にプレイヤーが操作を行ってから、実際に反映されるまでの遅延時間のことを指し、この時間が長ければ長い程プレイヤーの不快指数はたまるといわれています。

また、対人戦型のオンランゲームの場合相手プレイヤーにラグがある場合「攻撃が当たらない」「突然動作もなく攻撃される」などプレイにかなりの影響が出てしまいます。今回はそんなラグについて少しだけですが紹介していきたいと思いますので、「ラグ」でお悩みの方は是非ご参考にしていただければと思います。

ラグの原因とは?

ラグの原因として主に2種類の原因が挙げられます。

1つ目は運営側のサーバーの問題です。オンラインゲームは週末の夜(ゴールデンタイム)になると同時接続ユーザー数が一気に増える傾向があります。ゲームによってはサーバーの許容キャパ数を超えることもあり、超えないまでもユーザー数が増えるとサーバーに大きな負荷がかかりラグの発生は増えることがあります。

正直のこれに関しては我々にはどうすることもできませんが、対策としてはプレイする時間を少しずらすというのも手かもしれません。ただ、一番盛り上がっている時間帯にログインできないのはかなりのデメリットにもなりうるので、プレイヤーとしては避けたいですが…。

2つ目は我々ユーザー側の使用する機材や環境の問題です。PCのスペックが足らず処理速度不足によるラグや、自宅のインターネット回線の回線速度が遅い、有線ではなく無線で接続しているなどが考えられます。こちらはユーザーの問題ですので、解決できる問題も多いです。

通信速度の目安って??快適にネトゲをプレイする為にはどれ位必要?

解決法の前にオンラインゲームには基本的にどれくらいの回線速度が必要なのでしょうか?ラグを感じている方はぜひ自宅の回線速度と比較してみて下さい!

通信速度 詳細
30Mbps以上 快適にプレイできる。問題なし。
10-29Mbps 基本的に問題なくプレイできる。
10Mbps以下 ラグが出る場合がある。5Mbps以下の場合はプレイに影響があるラグが発生する可能性あり。
1Mbps以下 インターネット自体が快適に利用できない恐れ。ネトゲはプレイ不能レベル。

この表を参考に自宅の通信速度をチェックしてみて下さい!

自宅の通信速度はネットで「回線速度 計測」と検索すると簡単に計測可能です。

ちなみにこちらが筆者のネット回線速度になります。測定したタイミングによって多少誤差は生まれますが、これくらいの速度があれば基本的に困ることはないです。ぜひラグがひどい・全然ネットが読み込まないとお悩みの方は一度回線速度をチェックしてみて下さい。

ラグを解決して快適にオンラインゲームをプレイする為には?

さて、ここからが本題であるラグの解決方法をご紹介していきたいと思います。

先ほども言った通りラグの原因は機材の問題もあればすぐに解決できる環境の問題もございます。解決法を一部ですが紹介していきたいと思いますので、ラグでお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

プレイ・通信環境の問題

機材や回線速度がよくラグの原因として挙げられることが多いですが、実は環境を少し改善してあげるだけで改善されるケースもかなり多いです。

まずは接続環境として挙げられるのは接続方法です。「ラグがひどい」と言う方で結構無線でPCやゲーム機にインターネットを接続している方も多いです。オンラインゲームは有線接続でプレイすることをお勧めします。というのも無線はルーターとPCの間に障害物があると一気に不安定になる為です。また、ルーターとPCが別の部屋、別の階にある場合も回線が不安定になる恐れがあります。

また有名な話ですが電子レンジを使用すると無線接続が切れることがあります。これは電子レンジと無線LANの周波数が同じ事が大きな原因で、ゲームに限らずスマホなどで使うWi-Fiなどもレンジ使用中は使えなくなる場合があります。レンジと異なる周波数で接続ができる無線ルーターも家電量販店などで販売されていますが、無線LANは周辺環境などにも影響を受けやすいためオススメはできません。

しかし「ルーターは1階のリビングにあり、PCは2階の自室」などの理由で無線接続をせざるを得ない場合もありますよね?そのような場合は「中継機」の導入がオススメです。中継機は親機(ルーター)のWi-Fiを拾い、中継機から強いWi-Fiを発信してくれるので、ルーターから離れた部屋などで無線LANを使いたい方にオススメです。値段も3000円-6000円程度で販売されているので、環境が理由で通信速度が低下している方(ルーター周辺の通信速度は問題ないが、自室などの速度が遅い)にオススメです!

また、環境の問題としてもうひとつ挙げられるのが、通信自体の問題です。これは契約している「回線」自体の問題ですので、他社に乗り換えると改善される場合も多いです。まずはお持ちのスマートフォンやPCなどで回線速度をチェックし(【回線速度 測定】などのワードでネット検索すると簡単に測定できます。)回線速度があまりにも遅い場合は他社への乗り換えをお勧めします。

機材の問題

ユーザー側の問題として挙げられるのがこの機材の問題です。回線速度に問題がない場合お使いのPCのスペックがプレイしているオンラインゲームの要求スペックを満たしていない可能性が高いです。その場合はPCの買い替えをお勧めします!

特に最新オンラインゲームの場合要求スペックはかなり高くなっており、一般的なPCではかなり厳しいものも多いです。(その分PS4などはPS4のスペックに全てのゲームが対応しているので安心ですが)ですので、最新オンラインゲームやFPSなどアクション性が高いオンラインゲームをプレイしたいと考えている場合はゲーミングPCの導入をお勧めします!

しかしゲーミングPCは中々専門的な知識がないと、どれを購入すればよいのかよくわからないという場合も考えられます。ですので、当サイトではそんな方向けにおすすめゲーミングPCを特集し、紹介しておりますので「ゲーミングPCは欲しいけど、どれを買えばいいのかさっぱり…。」と言う方はぜひチェックしてみて下さい!ライトユーザーからヘビーユーザーまで満足できるゲーミングPCを目的別に多数紹介しています!

ゲーミングPCおすすめ紹介

まとめ!まずは自宅の回線速度と環境をチェック!

ラグの解消法をご紹介してきましたが、まとめとしてはまずは「回線速度」と「環境」をチェックしてみましょう!「回線速度」をチェックする際はルータの近くとPCの実際の速度に差異がある場合があるので、スマホなどを使って家の各部屋でチェックし、どの部屋が回線速度が遅いのかなどもチェックし、その部屋付近に中継機を設置して下さい!

また、接続環境も大切ですので無線接続をしていてラグを感じる場合はまずは有線に切り替え、それでもダメな場合は中継機や回線会社の変更などをしてみて下さい!少しでも皆さんが快適な環境でプレイできるよう祈っています。

2018年上半期ゲーム売上ランキングを紹介!みんながプレイするあのゲームは何位にランクイン!?1位はやっぱりあのオンラインゲーム!2017年発売のあの人気ゲームが今年も爆売れ!?気になる売上ランキングをチェックだ!! このPCゲームの記事をチェック!

2017年までにPS4ソフトはなんと919本(配信専用も含む)もリリースされまさに家庭用ゲーム機の王者と言っても過言ではないほど盛り上がり続けるPS4。当サイトでもPS4ソフトを数多く紹介してきましたがその中でも管理者のお気に入り作品をPS4ソフトランキングTOP10で紹介していきます。

このPCゲームの記事をチェック!

みんな大好き、あのもちゃ「LEGO」オープンワールドゲームになって登場!警官の主人公「チェイス」が凶悪犯「レックス」を追うパソコンゲームです!オープンワールドなので、自由度が高くLEGOの世界観が存分に楽しめるおすすめPCゲームです! このPCゲームの記事をチェック!

犯罪集団の一員となって、強盗暗殺など様々なクライアントからのジョブに挑むFPSクライムアクションゲームです!
仲間と協力して、危険で高難易度のジョブをクリアした時の高揚感は、一度プレイすると忘れることはできないでしょう・・・! このPCゲームの記事をチェック!

フロム・ソフトウェア待望の死にゲー「Bloodborne」ついに爆誕!血生臭いフィールドスチームパンクが融合した世界観で累計210万本を記録した大作!今でも続編を望む声が多数寄せられているPS4専用ソフトです!

このPCゲームの記事をチェック!

大人気FPSシリーズ「コールオブデューティ」シリーズ待望の10作目!
アメリカ軍の最強隠密作戦部隊の一員として、戦場を駆け巡るFPSの金字塔ともいうべきゲーム作品です!
純粋な対人FPSを楽しみたいという方に、
おすすめFPSです!
このPCゲームの記事をチェック!

大自然を己の力のみで生き抜いて行く本格サバイバルゲーム!携帯ゲームでは味わうことの出来ない大画質で、サバイバルゲームを楽しむことが可能です!洋ゲー特有のリアルで殺伐とした雰囲気にハマること間違いなしのおすすめPCゲームです! このPCゲームの記事をチェック!

鬼と戦う和風スタイリュッシュハンティングアクションゲーム!今作はオープンワールド制を採用しているので、前作より広いステージでゲームを楽しむことが可能です!、デバイスが異なる友人・フレンドとも遊べるおすすめオンラインゲームです! このPCゲームの記事をチェック!

人気オンラインゲームシリーズの最新作!広大なオープンワールド自由度の高いプレイが出来る点がおすすめポイントです!また、進化した美麗なグラフィックもおすすめですので、Falloutファンの方もそれ以外の方にもおすすめオンラインゲームです! このPCゲームの記事をチェック!

シンプルながらも熱くなれる、爽快シューティングゲーム!遠距離射撃で相手を狙い勝利を目指します。人気ゲーム「スプラトゥーン」にも似たゲーム性ですが、「スプラトゥーン」よりもシンプルにプレイすることが可能なPCゲームです! このPCゲームの記事をチェック!

人気ホラーTPSシリーズ「バイオハザードシリーズ」第8作目!シリーズおなじみのレオンやクリスに加え、合計4人の主人公のストーリーを楽しめるTPSになっており、恐怖感も4人分味わうことのできるホラーゲームです・・・! このPCゲームの記事をチェック!