「LEGO City Undercover」LEGOで出来た世界で楽しむオープンワールドゲーム!老若男女問わず、家族で楽しめるおすすめPCゲームです!

みんな大好き、あのもちゃ「LEGO」オープンワールドゲームになって登場!警官の主人公「チェイス」が凶悪犯「レックス」を追うパソコンゲームです!オープンワールドなので、自由度が高くLEGOの世界観が存分に楽しめるおすすめPCゲームです!

 

まずはPS4、twitch版ですが、公式トレーラーをチェックしてください!

 

おすすめPCゲーム「LEGO City Undercover」ゲーム概要

 

「LEGO City Undercover」はTraveller’s Talesが開発し、

TT Gamesが2017年4月5日に発表、発売したオープンワールド型アクションゲームです。

PCゲーム版はsteamにて、PCゲーム以外にもPS4、任天堂twitchにてプレイすることが可能です!

 

LEGOが動く!物語を紡ぐ!そんなPCゲーム

LEGOといえばおもちゃの印象のある人もいるでしょうが、最近は動くLEGOが大人気!

映画などにもなって、新たな可能性を見せています。

 

ゲームの世界における「LEGO」シリーズでは主に映画のキャラクターが登場する作品が有名ですが、

このPCゲームでは完全にオリジナルのキャラクターと

ストーリーを持っているのが特徴です。

 

プレイヤーはゲーム内で主人公である警察官「チェイス・マケイン」を操作し、

かつて自分が法の裁きを受けさせた凶悪犯であり現在脱獄中の

「レックス・フューリー」を追いかける事になります。

 

 

ただしLEGOシティに存在する20を超える広大な区域が捜査の対象となる為、

プレイヤーには車での移動が欠かせません。

 

刑事アクション物のストーリーと体裁をとっているこのパソコンゲームには

おもちゃで有名な「LEGO」の世界らしく暴力シーンや残酷な描写は一切存在しない為、

老若男女全ての世代が安心して楽しむ事が出来るPCゲームに仕上がっているのがポイントです。

 

「LEGO City Undercover」の舞台

 

このPCゲームの舞台はLEGOで組み上げられた広大な「LEGOシティ」です。

空や地面や木々などの一部のオブジェクトを除いて、

そのほとんどがLEGOブロックで組み立てられています。

 

LEGOブロックで構成されているオブジェクトは衝撃を与える事によって

バラバラにする事が出来ます。

 

建物内では人が仕事をしている机であってもパンチでバラバラにする事が出来ますが、

LEGOシティはあくまでおもちゃの世界なので深刻な状況には陥りません。

 

さらに一部のオブジェクトはバラバラにした後に

組み立て直す事も可能となっているのがLEGOらしい点です。

 

また、LEGOシティには金と銀のコインが置かれており、

獲得する事が出来るようになっています。

 

このコインはあくまでLEGOシティが

現実では無く架空の世界である事を強調する為に用意された仕掛けだと言えますが、

これらのアイテムは町中や建物内にも散らばっているので

移動や散策のついでに集めると良いでしょう。

 

「LEGO City Undercover」のグラフィックとキャラクター描写

 

LEGOで出来た三頭身の住人がLEGOブロックで組み上げられた街で暮らす架空の世界とは言うものの、

「LEGO City Undercover」の舞台であるLEGOシティには独特なリアリティがあります。

 

そのリアルさに貢献しているのは適切なテクスチャと陽光の設定で、

その効果で都市部には活気と生活感を感じる事が出来ます。

 

また、主人公を含めた登場人物は実に表情豊かでそれぞれ独自の個性を持っており、

各キャラクターにクセや特徴があるので感情移入が容易です。

 

また、街に多数存在するNPCがあくまでコミカルに描かれている点にも共感が持てます。

 

凶悪犯を追いかける本作のストーリー自体はいたって真面目なので、

実際にキャラクターが繰り広げるアクションとのギャップに戸惑う人がいるかもしれませんが、

一旦このLEGO独特の世界観と描写に慣れてしまえば、

次第にこのPCゲームが持つ本質と魅力の虜になる事でしょう。

 

ゲームプレイの実際

 

基本的には自由に移動出来るオープンワールドゲームですが、

ストーリーは別パートのカットシーンを伴って描写されるので進行の把握は容易になります。

 

目的地までのガイドが表示され、

ミニマップがUI上に存在しているのでゲーム進行で迷う事は無いでしょう。

 

どの世代でも楽しむ事が出来るような配慮が感じられる設定です。

「LEGO City Undercover」はオープンワールドが舞台のPCゲームなので、

敢えてゲーム中の指示を無視して散策を楽しむ自由もあります。

 

街は細部まで手の込んだ作りになっているので、見て回るだけでも十分楽しめる筈です。

 

また、主人公が警察官であるにも関わらず

街中のオブジェクトをバラバラにしながら車を運転する事も出来るというのも面白い点です。

 

このおすすめオープンワールドゲームは子供時代に帰ったような純粋な気持ちでプレイすると面白さが倍増します。

 

「LEGO City Undercover」はこんな人におすすめPCゲーム!

 

非常にカリカチュアされた各種設定と要素を除けば

「Grand Theft Auto」や「Saints Raw」に近いオープンワールド型ゲームだと言う事が出来る本作は、

全てのオープンワールドゲームファンが楽しめるPCゲームに仕上がっています。

 

マップはかなり広大ですが、メインストーリーの導入部分が良く出来ているので、

ミッション中心にプレイすれば迷う事はありません。

 

反対に全ての指示を無視して自分の好きな場所を巡る楽しみもあるので、

どちらの願望も叶えられるでしょう。

 

「LEGO City Undercover」はオープンワールド型ゲーム未経験者から、

数々のオープンワールドで遊び回った経験を持つヘビーユーザーまで、

全ての方におすすめ出来る良質なPCゲームです。

 

このPCゲームの基本情報

タイトルLEGO City Undercover
ジャンルアクションコメディー,オープンワールド
開発元Traveller’s Tales
パブリッシャーTT Games
リリース日2017年4月5日
料金3,980円(通常版)
日本語対応
オンライン非対応
OSWindows

スペック/動作環境(Windows)

必須環境推奨環境
OS: Windows 7/8/8.1/10 x64
プロセッサー: Intel Core i5-760 (4 * 2800) or equivalent, AMD Athlon X4 740 (2 * 3200) or equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: GeForce 560 Ti (1024 MB), Radeon HD 5850 (1024 MB)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 18 GB 利用可能
OS: Windows 7/8/8.1/10 x64
プロセッサー: Intel Core i7-950 (4 * 3000) or equivalent, AMD FX-6100 (6 * 3300) or equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 660 (2048 MB), Radeon HD 7850 (2048 MB)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 18 GB 利用可能

このPCゲームのレビュー(引用元:Steamカスタマーレビュー)

おすすめ・高評価の口コミ

巷の「GTAinレゴワールド」とは言い得て妙で、それにつきる。ボリューム感はViceCityとSanAndreasの中間くらい。
レゴワールドなので銃火器はないし流血もない、優しい世界。オープンワールド入門としてオススメ

低評価の口コミ

グラフィックに関しては最高設定にしても
やはり数年前のゲームの移植…可もなく不可も無くと言った感じ。
PCへの最適化が不十分なせいか海外評価は軒並み低評価だが
ゲーム自体のB級コメディ刑事映画のようなノリ…自分は嫌いじゃないです。