「ソウルキャリバーシリーズ」6年ぶりの最新作!美麗なグラフィックはもちろん、重厚なストーリーも楽しめる武器格闘ゲーム!格ゲー初心者でも楽しめるゲームシステムと自由度が高いキャラクリが特徴のネトゲです!武器を使った格ゲーやオリジナルキャラで戦いたいあなたにオススメの新作PCゲーム!
詳しくみる

先日2018年8月29日にマビノギ英雄伝のサービスが終了しましたよね。これがきっかけで少し感傷的になってしまい、昔から続いているオンラインゲームの現在が気になってきたのでこのようなコラムを書いています。ということで、サービス開始から10年以上続いているオンラインゲームを少し調べてみました。今回は国内でプレイ可能なMMORPGを中心に紹介していきます。

サービス開始から10年以上続いている人気オンラインゲームをリストアップ!

タイトルサービス開始稼働年数運営
ウルティマオンライン1997年10月20年Broadsword Online Games
GODIUS2002年2月16年Vector
リネージュ12002年2月16年エヌ・シー・ジャパン
プリストンテール2002年9月15年アラリオ
ファイナルファンタジー112002年11月15年スクウェア・エニックス
ラグナロクオンライン2002年12月15年ガンホー
天上碑2003年3月15年ゲームオン
eve online2003年5月15年CCP Games
信長の野望オンライン2003年6月15年コーエーテクモゲームス
女神幻想ダイナスティア2003年7月15年シークレットガーデン
眠らない大陸クロノス2003年10月14年ゲームオン
メイプルストーリー2003年12月14年ネクソン
ミュー 奇蹟の大地2004年2月14年Webzen Japan
ナイトオンライン2004年5月14年エムゲームジャパン
リネージュ22004年6月14年エヌ・シー・ジャパン
テイルズウィーバー2004年9月13年ネクソン
World of Warcraft2004年11月13年Vivendi Games
レッドストーン2005年1月13年ゲームオン
大航海時代オンライン2005年3月13年コーエーテクモゲームス
マスターオブエピック2005年4月13年ウィローエンターテイメント
マビノギ2005年4月13年ネクソン
ローズオンライン2005年7月13年SeedC
シルクロードレボリューション2005年12月12年WeMade Online
鋼鉄戦記C212006年3月12年サイバーステップ
君主オンライン2006年3月12年Valofe
グラナドエスパダ2006年7月12年ハンビットユビキタスエンターテインメント
アラド戦記2006年9月11年ネクソン
ROHAN2006年11月11年WeMade Online
CABAL ONLINE2006年11月11年ESTsoft
ファンタジーアース ゼロ2006年12月11年スクウェア・エニックス
Angel Love Online2006年12月11年USERJOY JAPAN
チョコットランド2007年2月11年ハンゲーム
ゲットアンプドX2008年11月11年サイバーステップ
パーフェクトワールド -完美世界-2007年4月11年シーアンドシーメディア
トキメキファンタジー ラテール2007年4月11年HappyTuk
モンスターハンター フロンティア2007年7月11年カプコン
サドンアタック2007年7月11年ネクソン
ドリフトシティ・エボリューション2008年4月10年アラリオ
真三國無双Online2008年7月10年コーエーテクモゲームス

 

このような結果となりました。抜けているオンラインゲームがあったら申し訳ありません。こうして見るとやはりネクソンのオンラインゲームが多いように感じますね。メイプルストーリーからマビノギあたりは筆者もテレビCMなどで頻繁に見ていたイメージがありますね。

他にもコーエーテクモゲームスのオンラインゲームも3作品リストアップされているのは見逃せないですね。どのネトゲも長く愛されているシリーズタイトルですので、プロモーションや展開が上手いのかもしれませんね。

スクエニやカプコンなどの大手ゲーム会社からも10年以上続いている人気オンラインゲームは排出されていますね。最近のスマホゲーム界隈でもそうですが、こういった大手は長期的にヒットするネトゲは出せないと言われていることが多いですよね。人気シリーズのタイトルを使っても数年でサービス終了なんてざらにありますからね。そんな中でFF11やMHFはしっかりと人気オンラインゲームに成長したのはネトゲーマーとして嬉しい限りです。スクエニはFF14、カプコンはMHWが現在オンラインゲーム業界で大きなムーブメントを起こしているのではないでしょうか。この現状を見るとなんだかんだ企業とタイトルの強さは重要だと思わされますね。

 

 

さて、ただタイトルを列挙して感想述べて終わりではつまらなくないですか?

やはり今実際にどうなっているかが気になると思うんです。そこで、いくつかの作品をピックアップして最近の状況を紹介していきます。

気になるあのオンラインゲームの今をチェック!

Ultima Online

20年以上も続いているオンラインゲームの始祖と言っても過言ではない名作です。特にMMORPGというジャンルを普及させたのはこのウルティマオンラインだと言われています。そんな本作ですが、なんと今年2018年4月に基本プレイ無料となりました。今まで20年ずっと月額課金での提供だっただけにこれはネトゲ界隈では大きな話題となりました。今まで通りの月額制も続いており、住居や一部地域のアクセスなどが無料版では制限されているようです。しかしながら、大半は無料で楽しむことができるようになっています。

当然グラフィックなどは今の新作オンラインゲームなんかと比較すると残念に感じるでしょうが、システムやUIは決して劣っていません。今でも続いているのは相応の理由があるのです。グラフィックに抵抗がないならば一度触ってみるのをオススメします。MMORPG、オンラインゲームの基礎が全てつまったおすすめオンラインゲームです。

ラグナロクオンライン

ガンホーの古参ネトゲであるラグナロクオンラインですが、このネトゲはプレイしたことのある人も多いのではないでしょうか。ネクソンが台頭する前は本作とFF11、リネージュあたりがクリーンナップだったような気がします。ガンホーと言えば、丁度一年前にあたる2017年8月31日にエミルクロニクルオンラインがサービス終了しましたね。あのMMORPGは結構ユーザーもいたような気がするんですが終わりは突然にやって来るのですね。

さて、16年目である2018年は4月に久しぶりの新種族として猫耳が可愛らしい”ドラム”が実装されました。さらに7月には新ダンジョン、そしてワールド問わずに管理できる”ワールド倉庫”が新たに実装されます。全盛期と比較するとユーザー数は激減ですが、今の環境やユーザーに合わせた調整・アップデートを行っており、今後も成長が見込めるのではないでしょうか。ちなみに、元でんぱ組の最上もがさんが熱中しているネトゲが実はラグナロクオンラインだったりします。

メイプルストーリー

言わずと知れた人気オンラインゲームです。間違いなく2006年前後のオンラインゲームブームの火付け役でしたね。このネトゲがなかったらそもそもPCゲームやMMORPGというものが日本で広く展開されることはなかった可能性もあるのではないかと筆者は思ってしまいます。というのも、筆者はメイプルストーリー世代なんです。あの頃はいろんな人がメイプルストーリーをしていましたね。クラスの少しヤンチャな子ですらしていましたよ。

さて、そんな人気オンラインゲームであったメイプルストーリーの現在ですが、韓国の方で一足早く15周年を迎え前年比+61%という圧倒的な成長を見せているそうです。2018年は新職業”イリウム”、”アーク”や完全新作ストーリー”MONAD”が実装されました。その他にもヱヴァンゲリヲンやCCさくらとのコラボなども行っており、積極的に新規プレイヤーを取り込んでいます。今年は15周年の年ということもあり、今後もさらなる展開が見られるでしょう。

FANTASY EARTH ZERO

スクウェア・エニックス発のオリジナルタイトルで12年目を迎えている名作オンラインゲームです。アクション性が高く、100人以上ものプレイヤーが入り乱れての大乱戦が楽しめまる戦争ゲームです。国内ゲームでPvPに特化しているというのは当時にしてはなかなか斬新だったのではないでしょうか。単純な戦闘だけなく領地の奪い合いなどの要素もあり、ネクソンなどのまったり系のネトゲに触れていたプレイヤーが新たな刺激を求めてプレイしていました。運営との距離が近いのも特徴で、独自サイトでは運営側もGMとして参加し多くのプレイヤーと交流していました。

そんなファンタジーアースゼロは現在も元気に稼働しています。つい先日は当サイトでも紹介しているブラウザゲーム戦国IXAとコラボイベントを開催していました。また、ニコニコ生放送は今でも行っており、ユーザーとの交流を大事にしている姿勢は変わってないように思われます。そして何と言っても見逃せないのが新作スマホゲーム「ファンタジーアース ジェネシス」です。こちらは本作fezをスマホ向けに進化させた正統後継作です。こちらも先日クローズドのβテストが行われており、リリース間近だと思われます。リリースされた際にはfezの方とのコラボなんかも考えられますので、今後の動きにもご期待ください。

もうすぐ10周年のネトゲ!

10年以上続いているオンラインゲームについて見てきましたが、もうすぐ10年のネトゲも気になりませんか?気になった私は少し調べてみました。当サイトでも取り上げているタイトルをいくつか見かけたので簡単に紹介していきますね。

ニコッとタウン

こちらは9/29にサービス開始10周年を迎えます。MMORPGやFPSと違い交流メインの生活系ネトゲです。アバターを着せ替えたり部屋のレイアウトをいじったり、ペットを育てたりといったことができます。女性プレイヤーが多くのんびりしたい人にオススメですね。

 

ゲットアンプド2

サイバーステップのMMOアクションです。前作は12年目を迎えているゲットアンプドXです。2作とも継続したうえで10年以上続くなんてなかなか珍しいですよね。二頭身の可愛らしいデフォルメキャラによるアクションメインのオンラインゲームです。エモーションやアバターなども充実しており、ユーザー間の交流も盛んでした。

 

MILU

先ほど紹介したニコッとタウンと似たジャンルのネトゲではありますが、こちらの方が頭身が高く、より交流が強いイメージです。 公式サイトでは毎月の新規アバター数などを公表しています。中にはカップルになった数や結婚した数なども書いており、交流要素を推していることが窺えます。現実とは違う第二の人生を気分転換に送るのにオススメです。こちらも女性プレイヤーが多いです。

 

さて、いくつかの名作オンラインゲームを紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。昔遊んでいたネトゲが残っているとなんだか嬉しくなりますよね。とは言え大半のネトゲが数1000前後のプレイヤー数で保たれているはずです。気が向いたらでいいのでたまには昔のネトゲをプレイしてみて下さい。今も続いているんですから何か面白いところはありますよ!……きっと。

 

基本無料のスマホゲームやPCゲーム、家庭用ゲームが近年増えてきましたよね

今ではそんな基本無料ゲームでも高グラフィック、高品質でプレイできるようになってきています。

有名どころだとドラゴンズドグマオンラインやPSO2などが例にあがります。

どちらも人気シリーズでありながら無料であり、クオリティも高いです。

このような有名シリーズでも無料でプレイできるのはなぜなのでしょう?

それは背景にガチャ要素やアイテム課金要素があるからです。

今やほとんどの人がプレイしていると言っても過言ではない基本無料ゲームですが、少し前までは月額課金ゲームも多く存在していました。

月額課金制は毎月一定額の料金が発生するゲームのことです。

今回はそんな月額課金制のゲームと基本無料ゲームの課金形態について考察していきたいと思います!

月額課金タイプのオンラインゲームの特徴

昔はPCゲームは月額課金制ゲームが主流と感じるほど多くのゲームが溢れていました。

しかし近年、ガラケーなどで遊べる基本無料ゲームが登場し、これが忙しい日本人に刺さり空前の大ヒット!

基本無料ゲームが売れているこの時代に月額課金ゲーム?と疑問に感じるところはあるかもしれませんが、月額課金ゲームにはそれなりのメリットもあるんです。

一般的に基本無料ゲームはガチャと呼ばれるアイテム課金があります。これはユーザーの強さに直結するものが多く、今流行りのFGOやモンストを見てもらっても一目瞭然です。

いわば金を積めば積むだけ強くなるといった札束の殴り合いといった感じです。

それに比べ月額課金制のゲームは一定の課金をするだけで他のプレイヤーと平等にプレイできるのが特徴です。

課金アイテムがあるものも存在しますが、強さに直結するものではなく、見た目が変わったり、持てるアイテムが上昇する、同じアカウントでキャラを複数持つことができるなどの強さに直結するものが少なく、プレイヤーに課金で差ができないようにしているのも特徴です。

これのおかげでアイテムによるバランス崩壊が発生しにくく、サービス開始した当初強かった武器が数年経ったけど、まだ現役。なんてことも実際あったりします。

月額課金による敷居の高さ

一方で月額課金という性質上、ユーザーが参入する敷居が高いのも特徴です。

FF14やドラクエ10といったビッグタイトルなら話は変わってきますが、それ以外の新規参入タイプとなるとかなり厳しい印象をうけます。

それに加え、最近は月額課金必須でありながら拡張DLCを導入したり、ソフト代も普通にかかったりもします。

いわば基本無料ゲームほどではないにしろ、一回につきそれなりの纏まったお金を請求されてしまうのです。

こうした性質なので収入が少ない若者が参入しにくく、年齢層は高めとなっています。

逆にそれを「年齢層が高いからマナーが良い人が多い」と思う人も少なからずいるようです。

また課金で差がつきにくいということは、逆にいえばプレイ時間で差がついてしまうということになります。

社畜大国日本ではプレイ時間を確保できず、基本無料のスマホゲームに流れるのも必然なのかもしれません。

基本無料タイプのオンラインゲームの特徴

おそらくスマホやPCを持っている方なら、一度は触れたことがあるといっても過言ではないでしょう。

筆者もスマホゲームやPCゲーム、家庭用ゲームでも暇つぶしのお世話になっています(笑)

この基本無料タイプのオンラインゲームの大きな特徴は敷居の低さと言えるでしょう。

ゲームを入手する時点では無料で、アイテム課金もしくはガチャで収益を得る仕組みになっています。

つまり誰でも始めることができるので例えばおこずかいを一円も貰っていない小学生でも対応機種を持っていれば遊ぶことができます。

年齢層が高めの月額課金制ゲームに比べ、年齢層が低く、有名ゲームになってくるとターゲット層が中高生になっているゲームも珍しくありません。

また片手間にできるゲームが多い為、時間を取られず、何かのついでにプレイするといった形もできます。

札束で殴り合う

基本無料ゲームのほとんどに言えるのが金を積んだほうが有利になるということです。

課金すればするほど、他の者に大きな差をつけることが可能で課金者は優越感を感じやすいという作りになっています。

また、最近ではガチャ要素を導入しているゲームも非常に多く、課金しても課金しても欲しいものが出ないということも起こっているようです。

これは日本に蔓延しているパチンコと似たようないわゆるギャンブル症候群というのを引き起こしやすく、「次はでるかも・・・」といった淡い期待から課金に走ってしまう人も少なくないようです。

これに対し重課金で借金を作ってしまったり、小学生が親のカードを使い、とんでもない額を請求されるなどのトラブルが頻繁におこっているようです。

まとめ

さて、それぞれの課金形態を考察してきましたが、個人的な意見を述べるとやはり、今の時代では基本無料ゲームのほうに軍配が上がってしまうと思います。

有名な月額課金ゲームであるFF14やモンハンフロンティアでも月額課金以外にも多くのお金がかかってしまう所や、新規参入タイトルが現状では乏しい点を考えるとこれからますますゲームの数が減っていってしまうのではないか?と考えています。

工夫すれば無課金でも楽しむことができる基本無料ゲームを見れば、時間的にもコスト的にもこちらの方に軍配があがるのではないでしょうか。

もちろん、ガチャの誘惑に惑わされ、月何十万と課金していれば本末転倒なんですけどね(笑)

それぞれに良い点、悪い点もあるので基本無料ゲームが絶対に良い!!とは言い切れません。

自分の生活スタイルを見て、どちらのゲームを選べばより有意義に遊べるかをこの記事で考えてくれれば幸いです。

超リアルな漁業が楽しめる釣りシミュレーションゲーム!自分の船を操縦し沖で漁!実在する漁具を使用して効率的に釣りが楽しめます。人を雇って大規模化したり、大型船を購入するなど経営シミュレーション要素も!シミュレーションゲーム好きなら絶対ハマるおすすめシミュレーションゲームです! 詳しくみる

基本プレイ無料のオンラインゲームってずいぶん増えましたよね。スマホゲームなんかは特に顕著だと思います。

そんな基本無料ゲームですが、「基本」無料ということは当然課金システムは存在します。この”課金”を巡った無課金ユーザーと重課金ユーザーの争いは途絶えることはありません・・・。

 

なぜ無課金ユーザーは嫌われるのか

 

無課金ユーザーが嫌われる一番の理由は、無課金でありながら権利ばかり主張するという点ではないでしょうか。

課金というのはゲームを楽にするため、ゲーム内をもっと自由に遊ぶためにするものです。欲しいキャラや便利なアイテムを獲得するためにゲーム内アイテムを購入する。無課金でもミッションクリアや、ログインを続ける事で課金アイテムが貰えるというのは十分ゲームが無課金に寄り添ってくれているのだと思います。

無課金ユーザーは本来「無課金だから課金している人との差が開くのは当たりまえ、それは仕方のないこと」ということをわきまえておくべきなのです。しかし実際は「もっと無課金のことを考えろ!」「無課金勢と課金税の差をなくして平等にしろ!」などと無茶苦茶なことを言い出す人までいる始末です。筆者の親戚の小学生が、正月に会った時に「課金するのはずるい」と言っていたのを思い出しました。

ゲームが基本無料で遊べるのが当たり前な時代になってしまたからこそ「ゲームを楽しむ対価にお金を払う」という当たり前のことが当たり前の感覚じゃなくなってしまっているような感じがします。課金することでゲームのが続くというのを忘れてはいけません。

 

無課金を排除してもいいのかはまた別の問題

 

と、まるで無課金ユーザーは悪とでも言うかの如く書きましたが、運営側が無課金を排除していない以上、そういう事ではないのです。

ではなぜ無課金ユーザーを排除しないのかというと、無課金ユーザーがいるおかげでゲームのユーザーが多くなるからです。

アクティブユーザーの数が多いというのは大事なことで、たとえ無課金であっても多くのユーザーがいて賑わっているネトゲと、そうでないネトゲであれば前者の方が課金したくなりますよね。過疎ってしまっては誰も課金してまで遊ぼうと思いませんからね・・・もちろんユーザーすべてが課金しており、なおかつユーザーの数も多く賑わっているのがベストではありますが現実はそうもいきません。

つまり無課金の方もゲームの繁栄にとっては必要不可欠でなのです。

 

課金がらみのネガティブな話

 

一方で、課金にも問題とされる点はあります。

課金すれば勝てるP2W(Pay to Win)、俗にいう札束で殴るゲームと揶揄されるやつですね。

P2Wなオンラインゲームになってしまうと単純にユーザーが減ります。ユーザーが減るということは前述のように課金者も減ってしまうということです。

例を挙げてみましょう、皆さん「スターウォーズ バトルフロント2」というオンラインゲームをご存知でしょうか?前評判は非常に良く、楽しみにしていた方も多かったであろうこの作品。製品版が出た際にあまりの課金要素の酷さに大炎上したのです。

ファンからの批判は凄まじく、不買運動まで発生。EAの株価を暴落させ30億ドルもの損失を出したと言われています。これをうけたEAは「もうP2Wのゲームは作らない」と発言。まあこれだけの実害を出した上での発言なんで次のゲームは良いのができるんじゃないでしょうか?筆者もEAのオンラインゲームは好きなので期待しています。渦中のSWBFⅡもゲームそれ自体は素晴らしいので倦厭せず遊んでみて下さいね。

まあ例に挙げたのが基本無料じゃないので論点からズレてる気もしないではないですが(笑)

結局どっちが悪いとかそういう話ではない

 

さて、いろいろ言ってきましたが、結局のところ無課金ユーザーの存在もネトゲを支えているというのも事実。どっちが偉い、どっちが悪いとかそういう話ではないんですね。

どちらにしても過激派が悪い、それだけのことなのです。

犯罪集団の一員となって、強盗暗殺など様々なクライアントからのジョブに挑むFPSクライムアクションゲームです!仲間と協力して、危険で高難易度のジョブをクリアした時の高揚感は、一度プレイすると忘れることはできないでしょう・・・! 詳しくみる

現在PCゲームをプレイするならば「steam」でオンラインゲームを購入してプレイするという人が多いのではないでしょうか?その際やはり気になるのは自分がプレイするゲームの「アクティブユーザー数=プレイ人口」ではないでしょうか?

「でもアクティブユーザー数なんてプレイしないと結局わかんない…。」とあきらめている方に朗報です。実はsteamでは現在の接続プレイヤー数が多いゲームTOP100を公開しており、だれでも簡単に調べることが可能なんです!これは結構便利な情報ですよね!そこで今回はsteamのイマ接続数が多い人気オンラインゲームTOP20を紹介していきたいと思います!

※本データ・順位は2018年8月24日(金)23時ごろのデータです。最新の情報と変動がある場合もございますが、ご了承ください。

steam人気オンラインゲームランキング! 20位~11位

順位:タイトル同時接続人数(単位:人)ジャンル
20位:PAYDAY221217FPS
19位:Fallout422020アクションRPG
18位:Arma322424シューティング
17位:Paladins23292FPS
16位:Dead by Daylight25728サバイバルホラー
15位:Sid Meier’s Civilization V28591ストラテジー
14位:ARK: Survival Evolved37422サバイバルアクション
13位:Rust38972サバイバルアクション
12位:Garry’s Mod39749サンドボックス
11位:Rocket League48829スポーツ

20位から11位は以上のような結果となりました!やはり全体的に目立つのはマルチプレイ対応のオンラインゲームが多い印象ですね!またシューティング要素が含まれているアクションゲームも多い印象でした。

しかしそんな中異彩を放っているのが11位にランクインした「Rocket League」でしょう!ロケリの愛称で親しまれてるこのオンラインゲームは車でサッカーをするという今までにないオンラインゲームです!

筆者もプレイしていますが、激しいアクションの連続で手に汗握るプレイが楽しめます!TOP20の中でも唯一のスポーツゲームですので、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか???

これらの人気ゲームを抑えてTOP10入りしたオンラインゲーム、そして1位に輝いたオンラインゲームとは??それではTOP10の紹介です!!

steam人気オンラインゲームランキング! 10位~1位

順位:タイトル同時接続人数(単位:人)ジャンル
10位:Team Fortress 249595FPS
9位:Football Manager 201854797シミュレーション
8位:For Honor71470アクション
7位:Warframe83174アクション
6位:Grand Theft Auto V87161オープンワールド
5位:Tom Clancy’s Rainbow Six Siege119400FPS
4位:MONSTER HUNTER: WORLD266840アクション
3位:Counter-Strike: Global Offensive386878FPS
2位:Dota 2746687MOBA
1位:PUBG11174910バトルロイヤル
steam同時接続ユーザー数合計148204092018/8/24(金)

以上のような結果となりました!上位のオンラインゲームは同時接続人数が10万人超えという大ヒット作品ばかりでしたね!特に4位のモンハンワールドはPCゲーム版が配信開始されたばかりですので、これからもっと盛り上がっていくのではないでしょうか??

そんな人気オンラインゲームがひしめく中、ダントツの人気を誇っているのがやはり「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(通称:PUGB)」でした!正直予想通りでしたが、これほどまでにダントツだとは思いませんでしたね…。配信開始から約1年半が経過しますが、人気の衰えは全くなく盛り上がる一方のオンラインゲームですね(笑)

また最後にsteam全体の同時接続ユーザー数も集計しておきました!約1500万人というとてつもない人数(東京都民が約1350万人)がプレイしていますので、やはりオンラインゲームを購入するならばsteamがオススメですね(笑)

先日の家庭用ゲームの歴代売上ランキングに次いで今回も「気になるオンラインゲームに関する数字」について紹介させていただきました!今後も何かありましたら紹介させていただきますので、ぜひお楽しみにしてください!

SD系ガンダム新作ブラウザゲーム爆誕!ジャンルはリアルシュミレーションゲームで3分間相手プレイヤーと死闘を繰り広げるブラウザゲーム!もちろんオンラインゲームなので全国のプレイヤーとも対戦が楽しめるPCゲームです!PCゲームで何かガンダムゲームをプレイしたいという方にオススメしたい新作オンラインゲームなのでぜひプレイしてみてください!

詳しくみる

陸、海、空、地下までもフィールドにした超広大MMORPG。最大の特徴はその自由度の高さで、生活要素は勿論、海戦、裁判、雇用、パラグライダー、囚人など例を挙げたらキリがないほど。戦闘以外にもできることが盛り沢山のオンラインゲームおすすめです。このMMOは一見の価値ありです。 詳しくみる

オンラインゲームを一度でもプレイした方なら「ソロ」という言葉を聞いたことあると思います。

皆さんもレベル上げやアイテム収集で何時間も「ソロプレイヤー」として一人で何時間も作業に没頭したことでしょう。

 

そのゲームをやっていると自然と仲間ができるものですが、筆者はコミュ症なのでオンラインゲームで仲間を作るのは正直難しいです(笑)

そこで今回はオンラインゲームでソロはありなのか、なしなのか考察していきたいと思います。

オンラインゲームにおけるソロプレイヤーの立ち位置

2000年代前半のオンラインゲームはパーティーを組むことを前提とした難易度設定をしているものが多かったです。

開発者にもオンラインゲームは複数人でプレイすることが前提であり、一人でプレイするのは面白くないので、みんなで遊んで欲しいという人が多かったです。

しかし最近では「ドラクエ」や「FF」などのビッグタイトルがオンラインゲーム業界に参入した為、そこで常に「ソロプレイヤー」としてプレイしていた人々が一気に流れてきました。

私の憶測ではありますがその辺りから徐々にソロプレイヤーに市民権が与えられていったと思います。

しかもそのプレイヤーは少なくはなく、むしろ近年増加傾向にあります。

その為、ユーザーまずそのオンラインゲームがソロで遊べるかを見ることが多くなってきたようです。

それに伴い、開発者もいかに多くのユーザーを確保しなければならないので必然的にソロ救済システムを導入します。

こうして最近のネトゲはソロでも快適に遊べるようにできているのです。

ソロサポートがあるオンラインゲーム

ここからはソロでも安心して楽しめるオンラインゲームを紹介していきます。

具体的にどんな救済措置があるかみて行きましょう!

ドラゴンクエスト10(ドラクエⅩ)

 

ドラクエⅩでは従来のオンラインゲームと違い、年齢層がかなり幅広いです。

60歳以上のシニアの方もいれば、小学生の子供までいます。

そんな中やはりオンラインで顔も見えない、年齢も分からない人とやり取りをするのは少し不安です。

そこでドラクエ10では他人と関わらなくても冒険を進められる「サポート仲間」という制度があります。

「サポート仲間」とは他のプレイヤーが自分のキャラを酒場に登録するとそのキャラクターを他に使ってもらうことができる制度です。

これで他のプレイヤーと接することなく冒険をすることが出来ます!

ちなみに自分のキャラを登録しておいて、使用してもらうと経験値を少し得ることができます。

ファイナルファンタジー14(FF14)

先ほどのドラクエ10と同じ、大人気RPGのオンラインゲーム版です。

ドラマ化されたり、あの「モンスターハンターワールド」とコラボしたりなどで最近はかなり知名度が高くなってきましたね。

このゲームもMMORPG特有のパーティー要素があるのですがFF14はソロにも優しい目的別でパーティーを自動で決めてもらえる「コンテンツファインダー」というシステムがあります。

 

残念ながらこのゲームはPTプレイが必須の為、真のソロプレイでストーリーを進めるということができません。

ですがこのシステムを使えばほとんど他人と会話をせずにダンジョンを攻略することができます!

ダンジョン攻略以外のコンテンツは、ほとんど一人で遊ぶことができるので迷っているならぜひプレイして欲しいです!

モンハンフロンティアZ(MHF-Z)

 

モンハンフロンティアでは「パートニャー」という本家でいうところの「オトモアイルー」を狩りにつれていけます!

狩りの補助的な役割をはたしており、プレイヤーをサポートしてくれます。

 

他にもNPCのハンターが狩りを助けてくれたりしてくれる要素もあります。

一応ほとんどのモンスターをソロで討伐できるようにはなっていますが、難易度はかなり高めです。

しかしyoutubeを観ていると度々ソロで狩りに行っている方を見かけるので不可能ではないようです。

真のハンターを目指すならソロ狩猟は最適です!

まとめ

最近流行しているタイトルを数作品みていただきましたが、ソロプレイヤーでもオンラインゲームが楽しめるということがわかりました!

筆者もオンラインゲームをリア友に誘われてやっていましたが、リア友が抜けてからも一人でプレイし続けました(笑)

そのオンラインゲームは今のようにソロ救済措置がないので、レベルを積み上げるしかなかったのですが、今はそんなソロプレイヤーでも快適にプレイできる環境が整っています。

もし、友達が誰もやってないから始めるのをしり込みしているというゲームがあるなら一度ソロでプレイしてみて下さい!

「あれ?意外と一人でいけんじゃね?」と思えるはずです!

もちろんオンラインゲームなのでパーティーを組めることにこしたことはないのですが、人と話すのが苦手な方や群れるのが嫌いな方は無理に複数人プレイしなくてもいいと思います。

ソロプレイのほうがとことん強くなれますし、身内のストーリーを進める時間をレベル上げに割けます。

今後もソロプレイでも楽しめるオンラインゲームが増えて欲しいですね!

 

中国で制作された三国志が舞台のブラウザゲームです。刻一刻と戦況が変化するリアルタイムストラテジーネトゲになっています。このパソコンゲームには萌え要素などはなく漢らしく逞しい武将たちが多数登場します。RTS初心者でも楽しめるようにオート戦闘も用意されています。三国志の始まりから楽しむことができる無料オンラインゲーム!

詳しくみる

人気RPGシリーズが待望のPCゲーム化!もちろん新女神も登場です人気声優の堀江由衣さんや花澤香菜さんなども出演しています!可愛いキャラに豪華な声優陣が勢揃いのPCゲームです!もちろんゲーム性も「ネプテューヌシリーズ」の良い面多数引き継がれているおすすめリメイクゲームです! 詳しくみる

カプコンは先日人気オンラインゲーム「モンスターハンターワールド」のPS4版とPCゲーム版の累計売上本数が1000万本を達成したことを発表しました。ゲームにおいて1000万本以上の売り上げが大ヒットの一つの指標とされ、カプコンが発売したゲームとしては史上初の快挙だそうです!(ちなみにモンハンシリーズで最も売れていたのはモンハンポータブル3rdの490万本)

今回のモンハンワールドはオンラインゲーム対応ということで、より多くの人が興味を持ったという部分が売り上げに大きく影響を与えていると思われます。筆者も今までモンハンシリーズはプレイしていなかったんですが、このオンラインゲームは友人に誘われてプレイしましたしね(笑)

しかし、今回のモンハンワールド1000万本越えの大ヒットのニュースで筆者はあることが気になりました。

「そういえば他にはどんなゲームが1000万本超えしてるのかな?」

ということで今回は売り上げ1000万本を記録した大ヒットゲームからTOP40を紹介していこうと思います!

※集計方法・時期によって現在の数字と異なる場合がありますが、ご了承ください。

全世界ゲーム売上ランキング!21位-40位

順位:ソフト名売上本数ハード(発売年)
21位:ポケットモンスター金銀2300万本ゲームボーイ(1999年)
22位:Wii Fit2267万本wii (2007年)
23位:コードオブデューティ モダン・ウォーフェア22200万本Xbox 360・PS3・PCゲーム(2009年)
24位:Wii Fit Plus2111万本wii(2009年)
25位:スーパーマリオワールド2060万本スーパーファミコン(19990年)
26位:グランド・セフト・オート・バイスシティ2000万本PS2・PS3・Xbox・PCゲーム(2002年)
26位:ザ・シムズ22000万本PCゲーム(2004年)
26位:バトルフィールド32000万本PS3・Xbox360・PCゲーム(2011年)
26位:オーバーウォッチ2000万本PS4・PCゲーム(2016年)
30位:脳を鍛える大人のDSトレーニング1901万本DS(2005年)
31位:コール オブ デューティ ゴースト1900万本PS3・PS4・Xbox360・Wii U・X boxOne・PCゲーム(2013年)
32位:スーパーマリオランド1806万本ゲームボーイ(1989年)
33位:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール1763万本DS(2006年)
34位:グランド・セフト・オートⅢ1733万本PS2・PS3・PCゲーム・Xbox(2001年)
35位:スーパーマリオブラザーズ31700万本スーパーファミコン(1988年)
36位:ポケットモンスター ルビー・サファイア1622万本ゲームボーイアドバンス(2002年)
37位:ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド1600万本PS3・XBOX360・PCゲームなど(2005年)
37位:ザ・シムズ1600万本PCゲーム(2000年)
39位:コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア1570万本PS3・Xbox360・PCゲームなど(2007年)
40位:ポケットモンスター ブラック・ホワイト1560万本DS(2010年)

まずは21位-40位までを紹介です。やっぱり任天堂のマリオやポケモンが目立つという感じでしょうか?そうですよね、小学生のころは友達みんな持っていましたもんね(笑)

あと面白かったのが「脳を鍛える大人のDSトレーニング(通称:脳トレ)」ですよね(笑)発売元の任天堂の予想をはるかに超えるヒットを生み出したあの名作ゲームです。脳トレは結局1900万本以上の大ヒットを記録し、それまでゲームをプレイしなかった高齢者層にもゲームが浸透するきっかけとなりました!他にもCoDシリーズなどのFPSも多くランクインしているのも印象的でした。

あとびっくりしたのが、オーバーウォッチです!発売から10年以上経過しているゲームが多い中(売り上げ上位なので当然ですが…)発売からわずか2年でランクインです!それほど人気のオンラインゲームということなんでしょうね。

ここまででもかなりのヒット作ですが、ここから登場するゲームの売り上げはまさにモンスター級!それでは次は1-20位までの名作ゲームランキングです!

全世界ゲーム売上ランキング20位-1位

順位:ソフト名売上本数ハード(発売年)
20位:マリオカートDS2359万本DS (2005年)
19位:ポケットモンスター 赤緑青2364万本ゲームボーイ(1996年)
18位:ニンテンドッグス2396万本DS (2005年)
17位:Kinect アドベンチャー!2400万本XBox360 (2010年)
16位:グランド・セフト・オートⅣ2500万本PS3・XBox360・PCゲーム(2008年)
15位:コール オブ デューティ ブラックオプス2620万本PS3・XBox360・Wii・DS・PCゲーム(2010年)
14位:コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア32650万本テPS3・XBox360・Wii・DS・PCゲーム(2011年)
13位:グランド・セフト・オート・サンアンドレアス2750万本PS2・XBox (2004年)
12位:はじめてのWii2802万本wii (2006年)
11位:NewスーパーマリオブラザーズWii2932万本wii (2009年)
9位:ディアブロ33000万本PCゲーム・PS3,4など(2012年)
9位:The Elder Scrolls V: Skyrim3000万本PS3,4・XBOx360,One・PCゲームなど(2011年)
8位:Newスーパーマリオブラザーズ3079万本DS (2006年)
7位:Wii Sports Resort3280万本wii (2009年)
6位:マリオカートWii3638万本wii (2008年)
5位:スーパーマリオブラザーズ4024万本スーパーファミコン(1985年)
4位:グランド・セフト・オートⅤ7000万本PS3,4・XBox360,One・PCゲームなど(2013年)
3位 Wii Sports8278万本wii (2006年)
2位:マインクラフト1億7860万本PS3,4・XBox360,One,PCゲームなど(2009年)
1位:テトリス4億9500万本任天堂・ソニーマイクロソフトなど各社ハード(1984年)

以上が歴代人気ゲームの全世界の売上ランキングとなりました!やはり強いのは任天堂ソフトですね!TOP20の中でも10作品は任天堂専売の任天堂タイトルです。

 

世界医的大ヒットを記録するためにはゲーマー層以外のライトユーザーや、ファミリー層からの支持も不可欠ですので、やはりそのあたりは任天堂が強いですね。

逆にファミリー層やライト層から敬遠されがちなFPSで数多くランクインしているCoDシリーズやグラセフシリーズの人気は驚異的とも言えるでしょう。

しかし、それらのソフトを抑えて1位となったテトリスは他を寄せ付けませんね(笑)2位のマイクラとも3億本以上の差を付け圧勝です!まぁ正直テトリスをプレイしたことがないって人を探すほうが難しいくらい色んなハードや場所でプレイできる名作ゲームですからね、納得です。

また今回の集計でTOP40のうち、20作品が日本で開発された日本産ゲームで、改めて日本産ゲームが世界中で愛されているんだなぁと実感させてもらいました!特にマリオシリーズ(シリーズ累計5億本以上)とポケモン(シリーズ累計売上2億本以上)の人気の根強さは素晴らしいですし、今後の新作ゲームからも同じくらい世界的大ヒットを生み出すようなゲームが誕生してほしいものです!

最近、PUBGやfortniteなどのバトルロワイアル系ゲームを中心にPCゲームがかなり注目されています!

でもそういったゲームをプレイするとなるとやはり、高額なゲーミングPCを購入しないとまともに動作しないということもあります。

「無料ソシャゲが天下を取っているこの時代にわざわざゲーミングPCを買う時代遅れいるの?wwwwww」

と思っている方も多いですが、実は近年過去に例をみないレベルで、ゲーミングPCの売り上げが伸びてきているんです!しかも年齢層も若く、なんと小学生の客も増えているとか

今回はそんな売り上げが好調なゲーミングPCを徹底考察していきたいと思います!

なぜゲーミングPC購入が増えているのか?

PCゲームといえば「メイプルストーリー」や「ラグナロクオンライン」といったオンラインゲームが主流でしたよね。

ひと昔前だと、そういったゲームをより快適に、もしくは海外のPCゲームをプレイする為にゲーミングPCを買うという人がほとんどでした。

しかし近年のPCゲームは、そのようなオンラインゲームはもちろん、それとは別のシングルプレイがメインのゲームも数多く販売され、日本語訳もされています。

そういったPCゲームをプレイする為に、高額なゲーミングPCを購入するユーザーが増えたという可能性が一番高いでしょう。

最近ではPS4などで発売されているゲームなども、PCで販売されることが多くなったので「いちいち新しい機種が出るたびに買い替えるのは嫌だ」と考える人も少なからずいるようです。

PCゲームをプレイする上でもはや外せない存在となったsteam

steam自体は2003年と日本でオンラインゲームが流行る前からサービスを行っていました。

しかし最初は日本語対応しておらず、支払いもアメリカドルのみの対応だったため、あまり日本では評判がよくなく、日本の類似サイトで購入、もしくはパッケージ版を買うというのが主流でした。

2014年になると通貨決済が国際化され、日本円で購入が可能になりました。恐らくそこから日本での利用者が急増したのでしょう。

また家庭用ゲームと違い中間業者をsteam以外挟まない為、価格設定も全体的にみてかなり安く、さらに年数回のセールもする為、格安でPCソフトを買えるようになりました。

開発会社も一般的に知られている大企業から数人規模で制作しているインディーズゲームまで多岐に渡ります。

PCで流行っている最近の有名ゲームはほとんどここで買えるほどです。

ゲーミングPC購入の火付け役となったsteamゲーム

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)

間違いなくゲーミングPCを購入する理由として上位にくるのがこのPUBGの存在でしょう。

全世界で流行している100人の中で生き残るというバトルロワイヤルというジャンルを確立させたゲームです!

有名実況者の配信では高確率でこのゲームを見かけるといっても過言ではないぐらい人気で、流行がいったん収束した現在でも同時接続数ではsteamトップというくらいです。

しかしプレイするにはそのゲームの規模からゲーミングPCが必須で、しかもかなり高スペックPCでないとまともに動作しない為、このPUBGが流行してる時に爆発的にゲーミングPCの売り上げが上昇したようです。

Grand Theft Auto V

ロックスターの大人気オープンワールドゲームのPC版です。

PS4などの家庭用ゲームでのプレイヤーが多いのに火付け役?と思う方もいると思いますが、家庭用版とPC版では決定的に違うところがあります。

それがModの存在です!

Modとはいわゆる改造データでグラセフではこのModが盛んで中にはゲームを180度変えてしまうものまで存在します。

そのような多種多様なModが発売から5年以上経った今でも更新され続けており、オンラインの接続人数では常に上位にランクインするなどの人気を常に継続しています。

このModをプレイしたいためにPC版を購入したという人が少なくなく、高スペックなPCでしか動作しない為、高額なゲーミングPCの購入をしている人も多かったようです。

DED BY DAYLIGHT

4人(サバイバー)vs1人(殺人鬼)で行われるオンライン対戦ゲームです。

一言でいうと鬼ごっこゲームであり筆者もプレイしましたが追いかけられている時は背中がぞわぞわする感じになり、思わず声をあげてしまいました(笑)

反対に殺人鬼側になると生存者をひたすら追いかける快感に浸れ、とても楽しいです!

長く流行している理由として定期的に追加されるDLCがあるからだと推測できます。DLCで追加される中には有名映画に登場する殺人鬼などがおり、ホラー映画好きにはたまらないPCゲームになっています。

マインクラフト


steamが有名になる前から流行しており、ヒカキンやはじめしゃちょーなどの有名youtuberが発端になり小中学生に爆発的に流行したクラフト系PCゲームです!

今や家庭用ゲーム機でも続々と販売されていますが、規模、ModなどをみてもPC版がずば抜けており、プレイするならPC版と言った風潮もあるくらいです。

PUBGの登場により勢いは落ちていますが、それでも依然人気で日本でも小学生向きのグッズ販売、体験会などが開催されるなど人気ぶりも伺えます。

このゲームもグラセフと同様にModが豊富な為、必然とPCスペックも高くなってしまうようです。

まとめ

ここまで長々と考察してきましたが、ゲーミングPCの売り上げが伸びている理由としてはyoutubeなどで配信されている実況動画の影響が高いと思います。

ネット文化が急速に発展した現代では子供でもyoutubeを閲覧でき、テレビよりも利用時間が長いということも珍しくありません。

そういった子供たちが実況動画などを観て自分もプレイしたいと思うようになり、ゲーミングPCを購入するといった流れになっているのではないでしょうか。

今まで購入していなかった層に売れているので近年ゲーミングPCの売り上げが上がっているものだと推測できます。

このサイトではオススメゲーミングPCも紹介しているのでよろしければこちらもご覧ください!

MMOの醍醐味と言えば、職業ごとで役割分担をして、MOB狩りをしたり、レイドに行ったりすることですよね。あるいは、大規模PVPも職業ごとの役割は重要です。そこで今回は多くのMMORPGをプレイしてきた筆者が職業ごとの特徴を伝える記事を書きました。MMORPGで最も不便なのはどの職業なのでしょう!? 詳しくみる

スマホゲームでも大人気ゲームがPCゲームとなってDMMゲームに登場!可愛らしいキャラが魔王の座を争うPCゲームです!登場するキャラクターは人気声優によるフルボイス付きですので、アニメ好き・声優好きにもおすすめPCゲームです!今オススメのDMMゲームです! 詳しくみる

皆さん、最近有名youtuberなどの動画でPCゲームの実況動画などよく目につきませんか?

こういう動画を見ていると自分でもプレイしたいと思いませんか?しかし、家庭用ゲーム機と違ってPCゲームをプレイするには高価なゲーミングPCを買わなくてはいけません。

数十万のPCを購入するのにもかなり勇気が要りますし、いざプレイしたゲームが自分と合わなかったりするとせっかく大金を払って買ったPCがただの文鎮になってしまう可能性も・・・

そうなる前に近年数が増え、昔よりかなり使いやすくなったインターネットカフェ(通称ネカフェ)を利用してみませんか?

ネカフェだったらハイスペックPCが置いてあるところが多く、自分のプレイしたいゲームを自由にプレイすることができます!

ここではそんなネカフェでプレイするメリットを紹介します!

ドリンクバー付きの快適な空間でネトゲができる!

 

ネカフェといえばやはり快適な個室空間でジュースを飲みながらオンラインゲームをプレイできるというところが最大のポイントです!

夏だと寒いぐらいのガンガンな冷房、冬だとちょっと暑いぐらいの暖房がついていて快適なのはもちろんのこと、ほとんどのネカフェにドリンクバーが設置してあるのでPCゲームをプレイするにあたってはまさに最高のコンディションを提供してくれています。

そんな環境でプレイしていると当然ゲームにも好影響が現れるはずです。

ネカフェ限定の特典もあり!

 

一部のネトゲは公認のネットカフェでプレイするだけで特典を受けることができます!

ここではそれぞれのゲーム内特典を紹介していきます!

 

ドラゴンズドグマオンライン


公認ネットカフェでWindows版『ドラゴンズドグマ オンライン』をプレイしている間は、冒険パスポート、格納チェストパスポート、オプションコースの効果(合計3,800円相当)が無料で利用できる「ネットカフェ特典コース」が発動!
さらにログイン時間に応じて、トレジャーズロットを引くことができるシルバーチケットも手に入る!

・冒険パスポート

通常1日1回最大3つまでしか回復できない復活力の回復を1日に何度でも利用できるほか、保管ボックスが拡張され他拠点でも使用可能になるなどの様々な効果が得られます。

・格納チェストパスポート

白竜神殿の自室にある「格納チェスト」から「格納チェスト引出し1」「格納チェスト引出し2」「格納チェスト引出し3」を利用できるようになります。これにより1,200アイテムの追加格納が可能になります。

更に25分ごとにシルバーチケット10枚がもらえます!

モンハンフロンティア(MHF-Z)

・ハンターライフコース相当のサービスが無料!

・エクストラコース相当のサービスが無料!

・アシストコースが無料付与

・武器や防具、素材を入手できるNポイントを獲得!(最大2000ポイント)

・獲得ポイント・ゼニーが3倍!

・毎日ブーストタイム、アイテムが割引&毎日プレゼント!

・猟団ポイントを15分に1ポイント獲得可能!

金額に換算すると4400円相当のものがネカフェに行くだけで貰えます!

モンスターハンターフロンティアと言えばfateシリーズインペリアルサガなどの大型タイトルとのコラボをしていたり、大型アップデートが定期的に入ったりしていて今年で11年以上運営し続けているなどの実績もあります。今から始めても十分楽しめると思うのでネカフェに行くときに遊ぶ候補の一つとして入れてみるのもいいかもしれません。

ファンタシースターオンライン2 (PSO2)

・プレミアムセット相当のサービスが無料!

・カフェポイントが1分に1ポイント入手可能!

・チームポイントが1分に3ポイント

・ネットカフェ専用のメセタショップ利用可能

・ネットカフェ専用称号付与

・毎月第2・第4土曜日を含む週末にネカフェブーストデーを開催!

国内最大級のオンラインRPGであるPSO2ですが、近年家庭用ゲーム機でも遊ぶことができるようになり、サーバーは常に活気に溢れています!このネカフェ特典は専用Wi-Fiに繋ぐとPSvitaでプレイしても受け取ることができ、ハイスペックPCの席が埋まっていても特典を受けながらプレイすることが可能なのです!好きな体制でプレイできるというのは長時間プレイするのにあたってかなり重要になってくるので検討してみてはいかがでしょうか。

黒い砂漠

・採取、釣り、幸運1ランク上昇

・親密度、馬経験値、取引所の受取金額獲得+20%

・戦闘経験値獲得+10%

・移動速度1段階上昇

・倉庫、バッグ16マス拡張

・馬呼び出し距離500

・アイテムが特別価格で購入可能!

戦闘や生活、キャラメイキングなどの自由度の高さが話題になり、近年バーチャルユーチュバーのタイアップ、グラフィックのリマスターやゲーム内BGMのオーケストラ化など話題を常に集めているPCゲームです!ネカフェ特典を受け取れる場所も850店舗以上とその規模から考えてもネトゲとしての立ち位置がわかると思います。まだ配信されてから4年しか経っておらず、確実に10年以上続くと言われているので今から始めても決して遅くはありません。グラフィックもリマスターされたので美麗な映像を体験してみてはいかがでしょうか。

セブンスダーク

・プレイ中ずっと、モンスターから得られる経験値が10%up!

・プレイ中ずっと、モンスターから得られる熟練度が10%up!

・プレイ中ずっと、アイテムドロップ率が10%up!

セブンスダークは2016年8月25日にサービスが開始したMMORPGです。可愛いアニメチックなキャラクターが登場するのが特徴で、ノンタゲシステムを採用したアクション性が高いRPGになっています。対応店舗はコミックバスターで全国展開しているチェーン店なので利用しやすいところもポイントです!

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)

皆さん、一番気になるのはやはりPUBGではないでしょうか。このPCゲームをしたい為に高スペックPCを購入するという人も少なくないくらいです。

しかしまともにプレイしようとすると莫大な資金がかかり、それを購入するとなると二の足を踏んでしまうことでしょう。

そこでネットカフェです!なんとPUBGをプレイできるネカフェは全国に400店舗以上あり、快活クラブを中心に設置されています。

通常ですと購入するのに3000円払わなければいけませんが、対象店舗だとインストールされているので無料でプレイできるのも大きな特徴です!

さらにプレミアム店舗に認定されているネカフェはゲームを最高の環境で快適にできるように設定されているので最高の環境を求めるならそちらに行ってみてもいいかもしれません。

ネトゲを始めたいならまずはネカフェ!

上で紹介しきれなかったオンラインゲームでもネカフェ独自の特典があったり、有料ゲームが無料でプレイできたりします!自分のPCでは動かなかったネトゲもネカフェに行けばプレイできる場合がほとんどなので少しでも興味をもったゲームがあればネカフェにいくのは全然アリです!

またsteamのゲームも家のパソコンでできなくても、ネカフェに行けばできるというパターンがほとんどなので、返金期限がすぎたソフトや家のパソコンでは上手く動作しない、フレームレートや画質が低いと感じることがある方はとりあえずネットカフェに行ってみてはいかがでしょうか。

お絵描きクイズの超定番無料オンラインゲーム!お題を元に一人が絵をかき、他のプレイヤーは答えを当てるという非常にシンプルなオンラインゲームです。難しい操作は全くなく、誰でも楽しめること間違いなしです!低スぺPCでも楽しめますので、友人とワイワイプレイしたい方におすすめオンラインゲームです! 詳しくみる

どんな業界にも「業界用語」ってありますよね??警察用語の「ガサ入れ=家宅捜索」や芸能界用語の「天丼=同じネタを繰り返す」のような。

(画像は業界人のイメージです)

このようにその業界の人ならすぐわかりますが、ぱっと見の言葉の意味だけで分からない業界用語はオンラインゲーム界にも数多く存在します。特にFPSなどのチームを組んで戦うオンラインゲームの場合、このネトゲ用語がわからないとチャットなどで結構不便な場合もあるかもしれません…。

そこで今回は少しだけですが、ネトゲ初心者の方向けに基本的な「ネトゲ用語」を少だけですが、紹介していきたいと思います!

日本語のネトゲ用語

芋/芋砂

FPS/TPSなどで敵から離れた安全な地帯からスナイパーライフル等で敵を待つプレイスタイルのこと。スナイプの姿勢が芋虫のように見えるのでこう呼ばれるようになったとか…。

タゲ

ターゲット(=標的)の略。タゲられる(=標的にされる)、タゲる(=狙いを定める)などMMORPGなどではよく使われる用語の一つ。

タンク

MMORPG等の戦闘での前線の殴られ役・盾役のこと。一般的に耐久力の高いキャラが務めることが多く、敵のヘイト(=敵キャラの敵対心、ヘイトが高い相手に攻撃する)を集めるのが仕事。

バフ/デバフ

バフは味方の能力を上げるための支援魔法のこと。逆にデバフは敵の能力を下げる支援魔法のこと。

養殖

低レベルキャラやプレイヤーが高レベルキャラと共に戦闘場所まで行き、戦闘に参加せず経験値だけ稼ぎ、レベルアップすること。レベルゲームなどでレベルと実力が見合っていないプレイヤーは「養殖プレイヤー」と呼ばれることも…。

ルート

他人が倒した敵のアイテムを横取りすること。ルートをするプレイヤーは「ルーター」とも呼ばれる。

ローマ字/英語のネトゲ用語

AFK

Away From Keyboardの略で「少しキーボードから離れます=少し席を外します」という意味。

FA

First Attackの略。1発目の攻撃のことを指す。

使用例:「FAよろ」=「1発目の攻撃よろしく!」

FF

Friendly Fireの略で味方への攻撃を指す。味方に攻撃が通らないオンラインゲームもあるが、味方にも攻撃が通るタイプのオンラインゲームではチームの足を引っ張るだけでなく、迷惑行為と思わることもあるため、注意が必要。

gj/gg/IC/NP

全て略語でチャットでは、この2文字だけで意味を成す。

gjは「Good Job」の略で「よくやった」などの意味。

ggは「Good Game」の略で、「ナイスゲーム」などの意味がある。

ICは同じ読みの「I See」からきており、「了解」などの意味で使われる。

NPは「No Problem」の意味で謝罪を受けた時に「問題ない、気にしないで」といった意味で使う。

PK

ペナルティーキックではない。Player Killerの略で、他のプレイヤーを殺すプレイヤーを指す。

PvP

Player vs Playerの略でプレイヤー同士の戦闘のことを指す。MMORPGなどでは一般的な用語の一つ。

 

まとめ!ネトゲ用語は便利だけど多すぎる!!!

今回は山ほどあるネトゲ用語から、使用頻度が高めな基本的な用語を抜粋して紹介させていただきました。正直言うとまだまだありますし、全部書き出すとキリがありません(笑)ただ、今回紹介したのは本当に基本的な言葉ばかりですので、覚えていて損はないかと。。。

またこのような機会があればぜひ次は上級者向けの高難易度なネトゲ用語紹介したいと思いますので、次回があればお楽しみにしていてくださいwそれでは今回はこの辺で、ノシ

はじめに


最近話題にあがるゲームというとPUBG,荒野行動,フォートナイト,スプラトゥーンなどなど……FPS/TPSのゲームが多いと感じませんか?YoutuberやバーチャルYoutuberの登場もありゲーム実況が人気となっている背景が関係していると私は思うんですよね。そこで今回は人気実況者がプレイしているゲームから最近のゲームの流行を考察していきます。

人気実況者がやってるゲーム

兄者弟者

まずは数多のサイトにてゲーム実況者ランキングに入っている兄者弟者から。再生数上位3作品はアクションゲーム「Gang Beasts」、VRゲーム「Job Simulator」、TPS「メタルギアソリッドV:TPP」となっていました。また、記事作成時(2018.8.14)の近辺で挙げられている動画はオープンベータが開始したばかりの新作FPS「COD:BO4 BETA」でした。

ポッキー

こちらも人気実況者のポッキーです。ゲームが有名ですが、実写系の動画も数多く投稿されているそうです。再生数上位3作品はアクションアドベンチャー「Grand Theft Auto V」、脱出ゲーム「stealing the diamond」、サバイバルアドベンチャー「Stranded Deep」でした。

まひとくん。

まひとくんは最近人気急上昇中の男性Youtuberだそうです。実況自体は2016年頃から投稿されていたそうですが、2018年に人気になりバーチャル化もしています。再生数上位3作品はスマホTPS「荒野行動」、TPS「スプラトゥーン2」、スマホFPS「PUBG」でした。

猫宮ひなた

2018年2月に活動を開始したバーチャルYoutuberで一躍大人気になっている人だそうです。再生数上位3作品はFPS「PUBG」、FPS「Battlefield 1 Revolution」、FPS「Battalion 1944」でした。

かんな

意味深な動画とともに登場してからわずか二か月足らずでチャンネル登録者数10万人の新進気鋭のバーチャルYoutuberです。再生数上位3作品はFPS「PUBG」、TPS「FORTNITE」、FPS「Islands of Nyne」でした。

キズナアイ

バーチャルYoutuberと言えば外すことはできないですよね。初めてバーチャルYoutuberを自称したバーチャルYoutuberの第一人者です。ゲーム用のアカウントは分けられており、それでも登録者数は100万人以上です。再生数上位3作品はFPS「PUBG」、ホラーゲーム「Five Nights at Freddy’s」、スマホゲーム「Trap Adventure2」でした。

ここまで6人を調査しましたが、最近人気になっているバーチャルYoutuberはFPSやTPSの実況動画が人気のようですね。その中でもバトルロイヤル系のゲームが多いようです。ならば、最近のゲーム売り上げもFPSやTPSが人気なんでしょうか。次は売り上げを調査していきます。

売り上げから見る人気オンラインゲーム

STEAM

steamの売り上げ1位はモンスターハンターワールドでした。発売されてから数日しか経っていないので長期的な人気が獲得できるかは未知ですね。次いで人気だったのはPUBGことPLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSでした。販売から既に半年以上が経過しているにも関わらず2位をキープしているあたりかなりの人気が窺えます。本作は先日公開されたsteamランキングによると2018年上半期の売り上げもトップクラスでした。3位は新作も発表されたRise of the Tomb Raiderでした。

家庭用ハード

2018年のソフト売り上げランキングを見てみたところ、こちらも1位はモンスターハンターワールドでした。注目すべきは2位を記録したスプラトゥーン2です。本作が発売されたのは今年ではなく、去年2017年7月なんです。累計販売本数は250万本を突破しており、世界中で人気のゲームですね。3位は星のカービィ スターアライズでした。

スマホゲーム

いまやモバイルゲームはゲーム市場の半数を占めるまでになっているそうですので、見逃すことはできませんね。App Annieが発表した今年第1四半期のDL数ランキングでは国内1位が荒野行動、世界一位がPUBGという結果になっていました。

今回の記事からは外れますが、やはり今年はモンスターハンターワールドが圧倒的ですね。しかしながら、steamではPUBG、家庭用ハードではスプラトゥーン2、スマホでも荒野行動やPUBGといったFPS/TPSが人気を獲得していることがわかります。さて、ハード別での売り上げから人気作は出してみたものの、先ほどから話題に挙がっているFPS/TPSの実際の売り上げやダウンロード数がどうなっているかというのははっきりとデータとして出しておきたいところですよね。ということでFPS/TPSの人気オンラインゲーム、PUBG、荒野行動、スプラトゥーン2、FORTNITEの4作品の詳細なデータを調べてみます。

実際どれだけ売れている?流行っている人気オンラインゲームを比較!

PUBG

2017年3月にsteamにて早期アクセス版がリリースされて以降、100人で争うバトルロイヤルということで話題を集めていました。2017年12月に正式版がリリースされました。また、XboxOne版も発売されています。SuperDataの調査によると2017年のコンテンツ総売上は7億1200万ドルを記録したと言われており、またsteam史上3番目の利益を挙げたという情報もあります。中国のチートプレイヤーの増加に伴い、最近は他作品から一歩引いた状況に置かれているように感じます。スマホ版として「PUBG MOBILE」がリリースされており、世界的に人気を獲得しています。

荒野行動

スマートフォン向けゲームとして2017年11月にリリースされたTPSバトルロイヤルです。当時すでに大人気だったPUBGと非常に似ており、スマホでPUBGが遊べるということで話題を集め人気TPSとなりました。2018年3月24日には世界累計2億ダウンロードを突破しています。世界的にはPUBG MOBILEの方が人気ですが、日本国内では荒野行動の方が人気が高いように見受けられます。しかしながら荒野行動は2018年4月にPUBG側からパクリだとして訴訟されていたりします。今もなお進撃の巨人とのコラボなどますます勢いを増している状況ではありますが、突然サービス終了する可能性はゼロではないかもしれませんね。

スプラトゥーン2

世界中で493万本の売上を記録したWii U専用アクションシューティングゲーム「スプラトゥーン」の第2作目になります。本作はNintendo Switch専用タイトルとして発売されており、当記事作成時点で676万本という前作をはるかにしのぐ売上を記録しています。他の3作品と違い、イカを模したキャラクターを操作してインクが出る銃を使うライトな雰囲気のゲームに仕上がっています。同時対戦人数は最大で8人までとなっています。様々なゲームモードが用意されており、いろんな楽しみ方ができるのが大きな特徴です。

FORTNITE

PC,PS4,Xbox One,Nintendo Switch,スマートフォンにて無料でプレイすることのできるアクションビルディングゲームです。最大の特徴は資材を使い壁や床を作成することができる点です。この点を活かし他作品よりも戦略性やテクニックが実力に影響してきます。2018年6月に配信されたNintendo Switch版は初日だけで200マンダウンロードを記録するなど今一番勢いのある無料ネトゲです。総プレイヤー数は2018年6月時点で1億2500万人を突破しています。要求スペックがあまり高くなく、あらゆるハードでプレイ可能な点が強みですね。

最近のゲームに思うところ

やはり最近は実況動画映えするバトルロイヤル系のFPS/TPSが人気ですね。実況映えするゲームが人気ということは一方でRPGなどの実況との相性があまり良くないゲームは売り上げが伸び悩んでいるのかもしれないですね。私は大のRPG好きなので、この現状にはなかなか思う所があります。しかしながらRPGと実況の相性は悪いですよね。実況で内容を知ったRPGをプレイするかと言われても厳しいですからね。また、RPGは長時間のプレイを求められことが多く、一戦一戦切り替わるFPS/TPSプレイヤーからしたらしんどいところがあるかもしれないですね。

この記事を作成している現在はフォートナイトが新たに台頭してきていますね。こちらもバトルロイヤル形式のTPSゲームです。PUBGのような100人サバイバル要素にマインクラフトのようなクラフト要素が組み合わさったオンラインゲームです。今後もしばらくはバトルロイヤルをベースに何か要素をプラスしたオンラインゲームが人気を獲得していくんじゃないでしょうか。今後はゲームとしてのクオリティに加え、実況映えするかどうかが売り上げにつながる大きなファクターになっていくでしょうね。

2016-05-28_536024796結局、オンラインゲーム総合ランキングでは「黒い砂漠」を1位にせざるを得ない。ネトゲが衰退してる中で、今でも十分に人気のMMORPGクオリティも高いPCゲームって聞かれたら、やっぱり黒い砂漠をおすすめしてしまう。あとキャラメイク可愛い(笑) 詳しくみる