「ミリ姫大戦~RELOAD~」2018年春リリース予定の新作PCゲーム!兵器なミリ姫たちと世界を救うミリタリー育成シミュレーションゲーム!

第二次世界大戦で活躍した軍人や兵器などを擬人化したシュミレーションゲーム!運営はソーシャルゲーム&ブラウザゲームサイトでお馴染みの「にじよめ」が担当しておりリリース前から期待されています!前作より大幅パワーアップが期待されるブラウザゲームで、多くのファンが待ち望むおすすめ新作PCゲームです!

 

 

まずは前作ミリ姫のPVをチェック!

新作PCゲーム「ミリ姫大戦~RELOAD~」世界大戦後の世界に現れた謎の敵

 

舞台は世界大戦が発生してから20年後、

突如として謎の敵「バタリオン」が出現し人類は窮地に陥ります。

 

バタリオンに対抗するため戦力は唯一、

特殊能力を有する武装した少女達しかいませんでした。

 

この少女達こそが「ミリ姫」と呼ばれる存在で、

ミリ姫達はバタリオン討伐へと駆り出されることになります。

世界を救うために今、バタリオンとの死闘がはじまるのです。

前作が存在する作品

『ミリ姫大戦~RELOAD~』には前作があります。

その名も『ミリ姫大戦-Militärische Mädchen-』というもので、

これは2015年から2016年にかけて運営されていました。

 

ゲームのジャンルはミリタリー育成シミュレーションゲームで、

恐らく続編となる『ミリ姫大戦~RELOAD~』も同ジャンルになると思われます。

 

前作のシステムは基本無料で便利な課金要素があるといった形で運営を続けられていましたが、

2016年3月にサービスは終了してしまいました。

2017年1月に再始動のアナウンス

前作のサービス終了から約1年後の2017年1月、

ミリ姫対戦の再始動がアナウンスされます。

 

このときサービスの開始時期は同年2月としていたのですが、

延長に次ぐ延長となりついには2018年春にリリース予定となってしまいました。

 

事前に無料で回せるガチャ「フライングガチャ」も同年1月20日から2月6日まで行っており、

ガチャの累計回数は1,871,690回となっています。

多数のプレイヤーがこのブラウザゲームへ期待していることが伺える回数といえるでしょう。

開発は難航中

前作は株式会社Headlockが開発と運営を担当していました。

同社はスマートフォン用アプリの『乖離性ミリオンアーサー』

PC用オンラインゲームの『機動戦士ガンダムオンライン』といった作品の開発と運営を行っています。

 

また過去には話題を呼んだシビアなオンラインRPGの『Wizardry Online』も手がけていました。

2017年1月現在は開発協力として参加した

スマートフォン用アプリ『グラフィティスマッシュ』が好評を博している状況です。

 

ただこのHeadlockは続編となる『ミリ姫大戦~RELOAD~』の開発には寄与せず、

監修という立場で参加している形となっています。

 

『ミリ姫大戦~RELOAD~』の開発を担当するのは合同会社AIM INNOVATIONとなります。

2016年3月に法人として設立され、大阪府を所在地としている会社です。

 

合同会社とは株式会社に比べ身軽に行動できる形態の会社で、

中小企業に適した形といえるでしょう。

 

2016年の時点で従業員数は10名で、営業やグラフィックデザイナー、

プログラマーを募集していた模様です。

 

これまでに開発した作品は発表されていないため、

このブラウザゲームが同社にとっての代表作となる予定だったのかもしれません。

ミリ姫reloadの運営を行う会社

このシュミレーションゲームの運営を行うのは

PCソーシャルゲームプラットフォームサイト「にじよめ」を運営している株式会社エイシスとなります。

 

一旦本作をとりまく状況を整理すると、

運営は「エイシス」監修の「Headlock」制作で「AIM INNOVATION」という形になるのです。

 

ただ「にじよめ」の広報用Twitter

2017年8月31日に本作の開発が順調では無いととれるような発言をしています。

 

また2017年1月現在、AIM INNOVATIONの公式サイトはドメイン切れ、

公式Twitterは2016年5月に開設し2017年2月まで更新し、

この間のツイート数は僅か5という状況です。

 

以上のように、本作を取り巻く状況は

「一旦は終了したプロジェクトを再始動したは良いものの上手く開発できず時間だけが過ぎている」

といった形と思われます。

 

開発はかなり難航しているとみて良いでしょう。

前作を開発・運営していたヘッドロックやサービス提供を行う予定の

エイシスからするとやきもきする展開といえるかもしれません。

渦中にあるAIM INNOVATIONの動きには注目していきたいところです。

ゲーム内容は今だ公開されず

本作の内容について公式に公開されている情報は

ストーリーといくつかの登場予定ミリ姫のイラストと名称のみとなっています。

 

ゲームシステムについては未だ判明していることは存在しないため、

どのような作品になってもおかしくありません。

 

ただ続編として制作されている以上、前作と同様のシステムになることが予想されます。

また、登場予定のミリ姫にはそれぞれ役職が付与されており、

前作と同じ分類となっているためやはり前作のような作品になる可能性は大きいといえるでしょう。

 

ただ運営を担当するにじよめのキャラクター「にじよめちゃん」のインタビュー記事によると、

このPCゲームでは課金要素が強めになるかもしれません。

 

にじよめでは前作のサービスが停止した理由を課金要素の薄さにあると考え、

続編である今作では課金周りを強めに調整する可能性が示唆されています。

 

課金とサービスの継続性というのはブラウザゲームにとって大きな課題です。

もしそのバランスが前作で取れていなかったとするなら、

この続編ではきちんとした調整に期待するほかありません。

 

フライングガチャで確認できたミリ姫の種類

現在はサービス停止中のフライングガチャですが、

実施中に引くことができたミリ姫のラインナップをみると

やはり分類が前作と同じような形となっています。

 

確認できているミリ姫の種類は

軽戦車・中戦車・重戦車・駆逐戦車・突撃砲・指揮車・自走榴弾砲・歩兵・機械化歩兵・航空機、

などが存在する形です。

 

いずれも実在の兵器をモデルとして擬人化されているため、

ミリタリーマニアの方にとってはたまらない作品となるでしょう。

ミリ姫の声を担当する豪華声優陣

本作に登場するミリ姫の声を担当する声優陣はとても豪華なものとなっています。

 

例えば『ガンダムビルドファイターズ』で主人公のイオリ・セイ役を演じた小松未可子さん

キルラキルの主人公纏流子役の小清水亜美さん、

それからギャラクシー・エンジェルのミントさんを演じる沢城みゆきさんなど

そうそうたるメンバーが参加しているのです。

 

既に収録を終えたミリ姫も多数存在しているとのことなので開発が待たれるばかりです。

絶えることの無いファンアート

前作のプレイヤーからいかに支持されていたかは

ハッシュタグ#ミリ姫でTwitterを検索すると良くわかります。

 

前作のプレイヤー達が描いたミリ姫のファンアート

数多く投稿されている光景をみることができるでしょう。

 

またPixivでもタグ「ミリ姫」で色々なイラストを見ることができます。

既に前作のサービスが終了してから2年近くが経過するというのに

未だファンはミリ姫を愛しているのでしょう。

 

もしくは続編への期待を抱いているのかもしれません。

ブラウザゲームが生まれては消えていくことも珍しいことではなくなった現在、

これほど愛されている作品は稀有なものです。

 

2018年の春にどのようなミリ姫対戦がリリースされるのか、

ファンは心待ちにしていることでしょう。

もし前作ミリ姫をベースにしたPCゲームなら

本作が前作のゲームシステムを踏襲したものとなるなら、

前作の公式サイトなどを参考にしてみると良いでしょう。

 

ミリ姫の種類が前作と共通していることから

ゲームシステムが類似なものになる可能性は十分にあります。

 

なお前作のゲームシステムはステージクリア型

戦闘は編隊を組み行われるターンベース形式となっており、

ミリ姫は合成や兵器の装備によって能力値を強化できる形です。

 

一般的な育成RPG系のブラウザゲームと考えておけば良いでしょう。

2018年春に期待したいブラウザゲーム

『ミリ姫大戦~RELOAD~』は2018年春にリリース予定の新作PCゲームです。

兵器をモデルとしたミリ姫達を育成・編成し敵であるバタリオンを倒していくことになります。

 

ただ開発は難航し、どのような作品となるか未だ不明です。

根強いファンも存在する本作、続報が発表されたらチェックしておきましょう。

最終更新日:2018年5月21日 (運営者情報)