「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」ドラゴンズドグマがパワーアップして帰ってきた拡張版!新ダンジョンも追加されたファン必見のRPG!

カプコンが贈る王道ファンタジーゲーム「Dragon’s Dogma」の拡張版!新ダンジョンが追加されており、ファン必見のPCゲームです!またキャラクターはフルボイス化されています!steamにてPCゲーム版が販売されていますので「Dragon’s Dogma」ファンの方はぜひチェックしてみては?

 

まずはこのオープンワールドRPGの実況動画をご覧ください!

紹介元:ゲームふみ様

Dragon’s Dogma: Dark Arisenとは?このおすすめRPGの始め方は?

 

モンハンなどを手掛けるカプコンが送る「Dragon’s Dogma(ドラゴンズドグマ)」シリーズは最初に発売されたPlayStation 3、Xbox 360用ゲームソフト

「Dragon’s Dogma」を始めとして続くシリーズであり、

剣と魔法の正統派ハイ・ファンタジーの世界を舞台としたTPSアクションゲームです。

 

そして、現在稼動中の「Dragon’s Dogma Online」では

オンラインゲームとしてのドラゴンズドグマワールドを他のプレイヤーと一緒に冒険する事もできるなど、

人気はまだまだ衰えません。

 

そして、今回紹介する「Dragon’s Dogma: Dark Arisen(ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)」は

ドラゴンズドグマシリーズの最新作であり、2013年に発売された「Dragon’s Dogma」の拡張版となっております。

 

追加された要素として新しいダンジョンの「黒呪島」や新しく追加された装備、

キャラクターエディットで使えるパーツ、そして現行機による華麗なグラフィックで冒険する事ができます。

 

このアクションRPGをプレイするには?

 

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」のPC版をプレイする場合、

パッケージ版は存在しておりませんのでダウンロード販売のみとなっております。

 

また、公式サイトからでもPCゲームダウンロード販売サイトのsteamが購入先となっておりますので、

Steamに会員登録などをしていない場合、まずはSteamの登録やインストールが必要です。

 

なお、steam上では「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」は字幕とインターフェースだけは日本語訳されており、

吹き替えは英語のままのようになっておりますが、

実際には日本国内からsteamにアクセスして作成されたアカウントで

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」を購入すれば、日本語版がダウンロードされるようになっております。

 

また、Valve社提供のSTEAMシステムを利用する仕様上、

ネットワーク接続環境が必須のPCゲームとなりますのでオフラインのままにする事はできません。

 

Dragon’s Dogma: Dark Arisenのゲームシステムについて

 

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」は2013年に発売したドラゴンズドグマの拡張版でありますので、

ストーリーの始まり方も前作と同じようになっています。

 

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」でも

プレイヤーが操作する主人公は突如襲来した深紅のドラゴンに立ち向かうも、

人間の身ではとても太刀打ちできませんでした。

 

しかし、爪を心臓に突き立てられて心臓を奪われるも何故か殺されることはなく、

主人公は「覚者(かくしゃ)」となって蘇ります。

 

なぜ自分は死ななかったのか?

そして奪われた心臓を取り戻すため、主人公は冒険の旅に出かける事になります。

 

Dragon’s Dogma: Dark Arisenで追加された新ダンジョン「黒呪島」

 

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」で新しく追加されたダンジョン「黒呪島」は禍々しい雰囲気に覆われ、

すべてが謎に包まれている不気味な島では

プレイヤーキャラクターの「覚者」を待ち受ける未知の冒険が待っております。

 

また、フィールドのモンスターは基本的に生態系を持っているのに対し、

 

「黒呪島」では覚者をまるで狩りの対象にするかのように襲い掛かるモンスター達が覚者へと襲い掛かります。

 

そのため、プレイヤーは「黒呪島」にいる限り、覚者狩りによる襲撃の恐怖を味わう事となるでしょう。

また、フィールドのモンスターは倒すと消滅するのに対し、

「黒呪島」のモンスターは死骸が残り続け、

その死肉からは新たなモンスターが生まれる暗黒の呪い「死体沸き」が発生します。

 

さらに出現するモンスターには即死攻撃持ちもいるため、

危険度・難易度は共にトップクラスの危険なダンジョンです。

 

落ち着いて一息つく暇もないかもしれない「黒呪島」での冒険、

はたしてプレイヤーは「黒呪島」の謎を解明する事はできるのでしょうか?

 

このPCゲームに用意されている多種多様な職種

 

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」は従来のドラゴンズドグマと同じく、

剣や魔法を使って戦う自由なアクションが特徴です。

 

例えば、職種が近接タイプのファイターであれば巨大な敵にしがみついて直接弱点の部位を刺したり、

逆にプレイヤーが魔法や弓で支援をしたりする事も可能です。

 

このように自由なアクションが可能な「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」では

プレイヤーごとにオリジナルの戦い方ができますので、

色んな戦い方やスキルを組み合わせてみましょう。

 

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」では例として以下のような職種になる事ができます。

 

おすすめパソコンゲームの選べる職種一覧

ファイター

片手剣と盾を装備しており、初心者にもオススメの近接職です。

スキルにも片手剣だけでなく、盾を使用して相手の体勢を崩す事も可能であり、

さらには盾を構えたまま攻撃する攻守一体のスキルもあります。

 

ストライダー

ダガーと弓を装備した近接、遠距離対応可能な職です。

ダガーも弓も少し扱いに癖がありますが、

うまく近距離と遠距離戦闘を切り替えできるのであれば前衛も援護もこなす事ができるでしょう。

 

メイジ

杖を装備した魔法使いの職種であり、

攻撃魔法による支援攻撃や回復魔法によるパーティのサポートが可能です。

 

ただし、魔法の詠唱には少し時間がかかりますので、

敵に接近されないようにだけは注意しましょう。

 

他にも上級職や複数の職業の混成である混成強化職などがありますので、

プレイヤーのプレイスタイルにあった職種を探して見ましょう。

 

冒険のお供となる「ポーン」

 

 

ドラゴンズドグマシリーズではお馴染みである覚者のサポートをする「ポーン」ですが、

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」でも登場します。

 

ポーンは条件を満たす事で仲間にして一緒に冒険ができる存在であり、

ポーンもまたプレイヤーと共に成長する事ができます。

 

また、混成強化職以外の職種になる事ができますので、

プレイヤーによって一緒に前線で戦ってくれるタイプのポーンを育てる、

逆に後方から魔法などで遠距離攻撃による援護を行うポーンを育てるのも自由です。

 

さらにポーンには性格がありますので、会話内容も変化しますが、

戦闘中の行動も変化してしまいます。

 

例えば、早めに回復を行うポーンになったり、プレイヤーのサポートを最優先にする、

戦闘が始まると強い敵へ真っ先に突撃する性格のポーンもいます。

 

 

長い冒険でお世話になるポーンを育てることで、きっと頼れる相棒となってくれるでしょう。

 

PCで楽しめるおすすめRPGです!

 

現行機による華麗なグラフィックやパワーアップした要素、ハクスラによる没頭観

 

新しく追加された装備や高難易度のダンジョンが「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」では待ち受けております。

 

前作を遊んだ方、これからドラゴンズドグマを遊ぶプレイヤーによっても、

「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」はおすすめパソコンゲームと言えるでしょう。

 

このPCゲームの基本情報

タイトルDragon’s Dogma: Dark Arisen
ジャンルアクションRPG
開発元Capcom
パブリッシャーCapcom
リリース日2016年1月16日
料金3,990円(通常版)
日本語対応(音声のみ非対応)
オンライン非対応
OSWindows

スペック/動作環境(Windows)

必須環境推奨環境
OS: Windows Vista or newer (32 or 64 bit)
プロセッサー: Intel Core i5 660 CPU or equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Radeon HD 5870 or equivalent
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX-compatible sound card or onboard audio chip
追記事項: 1) Supports Keyboard+Mouse and XInput/DirectInput devices including Xbox 360, Xbox One, DualShock4 and Steam Controller.
2) Some high end integrated graphics chips and modern gaming laptops with a discrete GPU may work but have not been tested, nor are they officially supported by Capcom.
OS: Windows 7/8/10
プロセッサー: Intel Core i7-4770K or equivalent
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 760 or equivalent
DirectX: Version 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX-compatible sound card or onboard audio chip
追記事項: 1) Supports Keyboard+Mouse and XInput/DirectInput devices including Xbox 360, Xbox One, DualShock4 and Steam Controller.
2) Some high end integrated graphics chips and modern gaming laptops with a discrete GPU may work but have not been tested, nor are they officially supported by Capcom.

このPCゲームのレビュー(引用元:Steamカスタマーレビュー)

おすすめ・高評価の口コミ

始めた当初は「期待した程ではないな」と思ったが出来ることが増えるとだんだんと面白くなっていった。
いわゆるスルメゲーの部類だと思うし、ゲームとしては面白いと思う。

低評価の口コミ

戦闘の面白さを前面に押し出した「一応」オープンワールドであるが、
なんにせよ、敵の種類が少なすぎる。
作りたかったものはあるけど、途中で諦めちゃった!てへ!でもこれでいいよね!
という雰囲気が感じられる作品でした。