「Halo Wars: Definitive Edition」軍隊を指揮して敵を倒す戦略的なプレイを楽しめるリアルタイムストラテジー!シリーズ未プレイでも楽しめるRTS!

的確な行動をとることが勝利を得るためのカ!操作は基本的にオートで、非常に操作しやすくなっています!敷居が低く親しみやすいですが、同時に奥深いRTSです!協力プレイが楽しくついつい遊びすぎてしますようなオンラインゲーム!

 

まずはこちらの公式PVをどうぞ!(XBOX版)

このオンラインゲームのあらすじ


Haloシリーズの世界では、UNSCとコヴナントによる人類の存亡をかけた戦いが行われています。

このゲームはその世界の20年前が舞台です。

惑星ハーベストにて、地球外種族でもあるコヴナントが妙な動きをしていると、UNSC側に連絡が入りました。

調査の必要があると見た司令部は、スピリット隊に行動調査を命じます。

 

現地に降り立ったスピリット隊は、古代文明フォアランナーの遺跡と、コヴナント達が密集して動いている姿を見つけました。

そして、これがHaloシリーズの戦へとつながっていきます。

 

最初は遺跡の周辺で、軍隊による攻撃が開始されますが、戦の余波は徐々に惑星全体へと広がっていきます。

プレイヤーが操作をするのはUNSC側の軍隊で、戦闘場面中は色々な指示を出すことができます。

的確な行動をとることが勝利を得るためのカギと言えます。

戦闘シーン


兵士や戦車、または戦闘用の航空機が出てきて見る側を楽しませてくれます。

あと、戦場を進んで行くと拠点が登場するので、これを破壊すればその地域を制圧完了したことになります。

 

拠点からの攻撃は強力で、兵士なら一撃で吹き飛んでしまう場合がほとんどです。

そのため、破壊をするには戦略的な思考が必要かもしれません。

 

戦闘はオートだが戦略が面白い!

操作は基本的にはオートで行われます。

指示を出すことで攻撃相手を変更したり、狙う部分を変化させることが可能です。

例えば味方を分散して配置していたとします。

適当に攻撃させていると、相手に当たりにくいですが、狙う箇所を指示すれば各個撃破するきっかけにつながります。

キャンペーンモード


人工知能のセリーナから助言を得つつ、UNSCを勝利させるために戦っていくモードです。

スピリット隊を率いて、地球外種族のコヴナントに挑んでいきます。

 

コヴナントには、スコーピオンやスパルタン、

またはワートホグなど特徴的なユニットがいるため、状況を把握しながら戦っていきます。

敵ユニットの特徴を知るには、まず戦ってみないと情報を得ることができません。

 

なので、失敗を恐れずに立ち向かわないと勝利を得るのは難しいです。

あと、困った場合は、セリーナに助言をもらえば解決に結びつくこともあります。

マルチプレイヤーバトルがある


オンラインモードでは、UNSCだけでなく、コヴナントも操作可能なマルチプレイ対戦があります。

コヴナントはスカラベやゴースト、エリートやグラントなど、

プレイヤー陣営を悩ませている強大な戦力を保有しています。

使えるのはこのモードだけなので、遊んでみるのも悪くないです。

 

友人と一緒に楽しんだりすることもできますが、やり込んでいる上級者クラスの人に挑むことも可能です。

特に上級者が相手の勝負は一瞬の油断が命取りになるため、緊張感を維持しながら遊ぶことができます。

Haloシリーズをプレイした経験がなくても遊べる


初めてプレイをする人にもわかりやすいストーリー設定になっています。

そのため、シリーズを未経験でも問題なく遊べるので大丈夫です。

 

内容も最初は易しい設定になっているため、初心者にも楽しみやすいです。

ただ、途中から難易度が上昇し難しくなっていくので、説明書はしっかりと読んでおくべきです。

シリーズを経験済みの人は、ゲームの説明を読めばニヤリと笑ってもおかしくないです。

 このゲームの魅力!戦略的なシミュレーションにあり!


大部隊を指揮して敵に挑んでいくのは、このゲームの最大の魅力と言えます。

しかも、その部隊へ細かい指示を与えることができるので、実際に指揮官になったような気分になりやすいです。

これは戦略シミュレーションゲームの醍醐味と言えます。

 

敵や味方部隊からの攻撃は、どれも迫力があるので画面に見入ってしまう場面が多いです。

それに実際に空爆をしているようなシーンも多いので、戦闘が楽しいと感じるため、没頭しやすいゲームと言えます。

誰かと一緒に対戦が出来るのも良い部分です。

 非常に戦略性に富んだリアルタイムストラテジー

自身で軍隊に何かを指示して、思うように動かしたいと考える人は結構いると思われます。

この世界では軍隊を指揮して、色々な局面を突破していくのが目的なので、

プレイをすればその願望を叶えることができます。

 

このPCゲームの基本情報

タイトル Halo Wars: Definitive Edition
ジャンル RTS
開発元 Ensemble Studios, Behaviour Interactive, 343 Industries
パブリッシャー Microsoft Studios
リリース日 2017年4月21日
料金 2,000円(通常版)
日本語 対応
オンライン 対応
OS Windows

スペック/動作環境(Windows)

必須環境 推奨環境
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 SP1 64-bit or higher
プロセッサー: Intel Core i3 or Equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Intel HD Graphics 4200 NVIDIA GeForce GT 740M AMD Radeon R5 M240
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 12 GB 利用可能
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10 64-bit
プロセッサー: Intel Core i5 or Equivalent
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 560, 650, 750 AMD HD 5850, 6870, 7790
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 12 GB 利用可能

このPCゲームのレビュー(引用元:Steamカスタマーレビュー)

おすすめ・高評価の口コミ

RTS初心者におすすめできる良作です。
ユニットも少なく、最強編成がバレバレなのでやりこみ要素はちょっと少ないかもですが
360では猿レベルでプレイさせてもらいました。

低評価の口コミ

すぐに飽きてしまいました。皆様が言われてる通りRTSの入門編というところだと思います。

最終更新日:2018年5月28日 (運営者情報)

1位:やり込む系ならやっぱりこのオンラインゲーム!貿易、釣り、加工、採集、乗馬など生活系コンテンツ満載で戦闘も最高レベルのアクション!お手軽系より本格系をプレイしたいならおすすめ!

PCゲーム版のハイグラフィックMMORPG決定版!西洋風の世界観を舞台とした超大型MMORPG!戦闘と生活系とゲームシステムのどれを取っても凄すぎるクオリティ!!本格系MMORPGをやるならこのオンラインゲームだけは絶対検討すべき!
人気度: やり込み度: ストーリー性:
公式サイト
詳しくみる

2位:2陣営が壮絶な争いを繰り広げる大規模戦、PvP戦が楽しい新作オープンワールドMMORPG!

2021年11月に正式サービス開始した基本無料の新作MMORPG!リアルなグラフィックで、ド派手なアクションを繰り広げるノンタゲアクションゲームで、2陣営をキャラクリエイト時に選択し、全く違った世界でストーリーを進めていただけます!
人気度: やり込み度: ストーリー性:
公式サイト
詳しくみる

3位:まさにネトゲの楽しさが詰まった正統派MMORPG!ハクスラで爽快ダンジョン。ギルド戦や闘技場などの対人戦や生活系コンテンツなども網羅!

王道MMORPGとしてリリースされた準新作PCオンラインゲーム「Lost Ark」。正統派MMORPGであり、戦闘はハクスラで爽快感あるアクションが楽しめる!生活系の要素では船舶で航海する海洋システムで大陸・島に隠された遺跡や生物を見つけ、探索できる!
人気度: やり込み度: ストーリー性:
公式サイト
詳しくみる

4位:可愛い系、イケメン系、幼女系と多種多様なキャラクター!サブコンテンツ充実でやり込み系で無課金ユーザーにも比較的良心的な人気オンラインゲーム!

アニメチックですがリアル寄りの頭身!とにかくあらゆるものの種類が豊富!(武器の種類、幻神の種類、パンツの種類まで!?)まったり遊んでいるプレイヤー多数!生活系も充実!戦闘以外のサブコンテンツも楽しむなら!!
人気度: やり込み度: ストーリー性:
公式サイト
詳しくみる

5位:自由度を重視したい方向け!?どのネトゲにも負けない圧倒的な自由度のMMORPG!PvP、農業、裁判、造船など出来ること満載の人気MMORPG!

圧倒的な自由度!!(戦争、ペット、ハウジング、貿易、造船、飛行、泳ぐ、乗車、裁判、犯罪!?...etc)現在は基本無料オンラインゲーム化!ゲームの世界で色んな事がしたいなら!悪党にもなれる!?
人気度: やり込み度: ストーリー性:
公式サイト
詳しくみる