「World Warfare」リアルタイムで戦場が変化するPCゲーム!多数のプレイヤーが入り乱れ臨場感のある戦場を体感できる!

リアルタイムで時間が進行する第二次世界大戦が舞台のマルチ戦略シミュレーションゲーム!実際に登場した兵器を量産し敵部隊を殲滅しよう!刻一刻と戦場が変化するので味方と連携が重要なカギを握る!「リアルタイムで進行するゲームを楽しみたい!」方におすすめPCゲーム!

 

まずはこのPCゲームのスマホ版PVをご覧ください!

World Warfareってどんなゲーム?

World Warfareはリアルタイムストラテジーと呼ばれるジャンルのゲームです。リアルタイムストラテジーというのはリアルタイムで進む戦略ゲームのことです。日本においてはシミュレーションゲームのサブジャンル、簡単に言えば戦略シミュレーションゲームのようなものです。本作は第二次世界大戦をベースに制作されており、リアリティのある戦争を味わえるという特徴があります。ですので戦争で活躍した戦車や戦闘機、軍艦など、実在する兵器が多数登場します。

 

もう1つの特徴として挙げられるのが、マルチプレイを前提としたゲームということです。多数のプレイヤーが1つの戦場に入り乱れ、それぞれが相手を倒すために戦います。味方と連携を取りつつ、相手チームを倒すことになるため、大規模なマルチ対戦を味わえるというわけです。

基本的な遊び方!

World Warfareの舞台となるのは第二次世界大戦の戦場です。この戦場には海軍や陸軍、空軍の部隊が入り乱れています。先ほども述べた通り、マルチプレイ前提のゲームなので、戦場には数百人規模のプレイヤーが存在しています。プレイヤーはそれぞれが指揮官として、自分だけの部隊を編成し敵と戦っていくことになります。
といっても全員が敵ではありません。プレイヤーたちは2つの陣営に分かれて戦うことになるからです。味方の部隊と協力しつつ、敵部隊を殲滅するのが本作の醍醐味だと言えます。

 

また時間の進行はリアルタイムなので、プレイヤーが行動しなくても戦況は目まぐるしく変化していきます。要は放置していてもゲーム内の時間は進むということです。具体的には戦闘時間は7日間で、刻一刻とマップに変化が生じるシステムになっています。

 

さらにプレイヤーには専用のエリアが与えられており、その中でユニットを生産していきます。ユニットというのは簡単に言えば、プレイヤーの指示で動く戦車や戦闘機、軍艦のことです。このユニットがなければ、戦闘を行うことはできません。
自エリアでユニットを作った後は、海や陸、空の3つのルートから敵地に侵攻することができるため、戦況を見極めつつ動くことが重要です。もちろん敵も3つのルートから侵攻してくるため、攻撃だけでなく防衛手段も整えることも陣営を勝利へと導くためには必要不可欠なことだと言えるでしょう。

実際に使われた兵器が登場!ユニットの数は豊富

World Warfareに登場する戦車や戦闘機、軍艦の数は40を超えています。どれも実際に第二次世界大戦で使用されたものばかりなので、ミリタリー好きには堪らないものがあると言えるでしょう。これらはユニットと称されており、7日間の戦闘の中で生産することになります。ですがユニットを生産するためには施設を建設しなければなりません。施設を複数設置すれば、それだけユニット生産の効率も高まるため、敵地への侵攻スピードも早くなります。

 

ただ気を付けないといけないのは、プレイヤーがユニットを生産するまで相手は待ってくれないということです。ユニットを生産し終える前に攻撃される恐れもあるため、スムーズに戦闘準備を整える必要があるということです。施設を破壊されれば、ユニット生産も滞るため、防衛手段を用意した方が良いでしょう。

 

さらにユニットは生産できるだけではありません。育成して強くすることも可能です。40以上のユニットが登場するため、プレイヤーにあった兵器の1つや2つは見つかることでしょう。そうしたユニットを育成すれば戦略のバリエーションも広がり、勝率も高まります。
海や陸、空とユニットのラインナップも豊富であるため、プレイヤーのスタイルにあった兵器を生産していきましょう。

リアルタイムで変化する臨場感のある戦場!

World Warfareは第二次世界大戦をベースにしたゲームであることに加え、リアルタイムストラテジーという要素を取り入れたことでリアルな戦争を味わえるようになっています。リアルタイムですべてが進行するからこそ、ハラハラドキドキの戦いになっており、一瞬の判断ミスが命取りになることもあります。
ぼーっとしていても時間は過ぎる一方ですから、ゆっくりと考えている暇はありません。もちろん何もしないというのも1つの選択ではあり、場合によっては有利な状況に変化することもあります。

 

しかしいつ敵が襲ってくるか分からないうえ、ユニットの生産にも時間がかかります。それに味方プレイヤーとのチームワークも大事な要素であるため、仲間の行動によっては攻撃のチャンスを獲得できるかもしれません。ですので変化するマップの状況は常に把握しておいた方が良いでしょう。

 

また本作のマップは3Dで描かれています。細かい部分もしっかりと描かれていますし、ユニットも立体的です。特に戦闘機に関してはマップ上を浮遊しているため、視覚的に戦況の変化を味わうことができます。それに加えてサウンドもリアリティのあるものになっています。本物さながらの効果音を使用しているため、迫力のある戦闘を楽しむことができるでしょう。

まとめ:リアルタイムで変化する戦場を味わえるPCゲーム!

いかがでしょうか?
本作は第二次世界大戦を舞台に、実際に使われた兵器を使って敵部隊を殲滅していく戦略シュミレーションゲームです。

 

戦場には数百人規模のプレイヤーが存在し、味方と連携を取りつつ相手チームを倒すため、大規模なマルチ対戦を味わえます。リアルタイムで時間が進行するので臨場感のあるゲームがプレイできます。「リアルタイムで進行するゲームを楽しみたい!」「大規模なシミュレーションゲームがしたい!」方におすすめPCゲームです!

タイトルWorld Warfare
ジャンルリアルタイムストラテジー
開発元JoyCrafter
パブリッシャーWisJoy
リリース日2018年4月4日(早期アクセス)
料金無料
日本語非対応
オンライン対応
OSWindows/Mac OS X

スペック/動作環境(Windows)

必須環境推奨環境
OS: 64-bit Windows 10 / 8.1 / 7 with Service Pack 1
プロセッサー: Intel Core i3-2100 (3.1 GHz) or equivalent
メモリー: 3 GB RAM
グラフィック: 1 GB AMD 5570 or nVidia 450
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible Sound Card
OS: 64-bit Windows 10 / 8.1 / 7 with Service Pack 1
プロセッサー: Intel i5-2300 or equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 2GB AMD 7970 or nVidia 770 or greater
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible Sound Card

スペック/動作環境(Mac OS X)

必須環境
OS: 10.7
プロセッサー: 2.0 Ghz Dual Core CPU or faster
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: GeForce or AMD gpu equivalent with Intel 4000 or higher
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 2 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX Compatible Sound Card