ワンダの巨像やゼルダの伝説に影響を受けたPCゲーム「Hob」謎めいた惑星を探索するアドベンチャーゲーム!

テキストが存在せず、アクション要素がかなり高いアクションゲーム!謎解きやパズルもあり、アクション要素に偏ってないので飽きにくいです!「ICO」や「風の旅人」などの雰囲気ゲーが好きなあなたにオススメできるPCゲームです!

 

 

まずはこのアドベンチャーゲームの公式動画をご覧ください!

Hobってどんなゲーム?


Hobは「Torchlight」シリーズで有名な「RunicGames」が開発したアクションアドベンチャーゲームです。「ワンダと巨像」や「ICO」にインスパイアを受けて開発された作品とのことで、セリフやテキストがまったくない不思議なアドベンチャーになっています。

一応ストーリーというものはありますが、セリフやテキストで説明されることはないため、プレイヤーの想像に委ねられています。ですのである意味プレイヤーの数だけ物語があるといっても過言ではなく、受け取り方によって印象が変わる不思議な作品と言えるでしょう。

 

そんな本作の舞台となるのは未知の惑星です。この惑星には古代文明が存在しており、プレイヤーはメガグローブと呼ばれる巨大な腕を持つ主人公を操って、未知の惑星にまつわる謎を解いていくというものです。

惑星はシームレスで描かれており、いわゆるオープンワールド形式のマップになっています。広大な惑星にはゴーレムを筆頭に不思議な生命体が数多く存在しています。主人公も非常に謎めいた存在になっており、ストーリーがテキストで語られないからこそ想像の余地が広がるゲームだと言えるでしょう。

語られないストーリー


Hobはアクションアドベンチャーでありながら、セリフやテキストでストーリーが説明されないという独自の特徴を持っています。その代わりストーリーは断片的な映像で語られます。

主人公は何者なのか、未知の惑星で一体何が起きているのか、何を目的として冒険しているのかなど、ゲームを最後まで終えてもしっかりとは明かされません。

 

冒険の途中で挿入されるイベントでしかストーリーは語られませんが、それでも必要最低限の描写です。要所要所で明らかになるシーンから想像するしかないのです。

しかしだからこそ本作のストーリーは魅力的なのです。自然と機械が絶妙に融合した世界、メガグローブを持つ主人公と正体不明のロボットたち、マップを闊歩するモンスターなど、プレイヤー心をくすぐる要素が満載で、断面的な映像でも十分に想像力をかき立てられます。

自分で世界観を考察するのが好きな人には堪らないストーリーだと言えます。

基本的な遊び方


Hobは主人公が目覚めるシーンから始まります。小部屋で寝ていた主人公は自分が誰かも分からず、正体不明のロボットに導かれるまま、未知の惑星の探索へと乗り出すことになります。

この惑星には様々な謎が存在しています。たとえばグラップリングやワープなどといったギミックが存在しており、こうした仕掛けを活用することで冒険を進めていくことになります。

 

古代文明の謎を解き明かせば、マップが次々と変化していきます。謎はいわゆるパズル的なものになっていますが、難易度的にはそこまで難しいものではありません。

ですがギミックを解けばマップが大きく姿を変えるため、解き甲斐のある謎になっています。変化はSFチックなロマンのあるものになっているため、機械好きには堪らないものがあると言えるでしょう。

モンスターとのバトル


Hobのメインと言えるのは謎解きです。とはいえモンスターとの戦闘はあります。プレイヤーは主人公キャラが持つメガグローブと剣を駆使し、敵を倒していくことになります。

なおメガグローブと剣は戦闘だけでなく、謎解きにも使うことができます。
グローブには専用のアビリティが存在しており、ゲームを進めることで新しいものが増えていきます。

 

このグローブアビリティは主にギミックを解くのに使いますが、モンスターに使用して倒すことも可能です。強敵相手に使用すれば、戦闘をなんなくこなすこともでき、グローブアビリティは冒険に欠かせない重要なスキルだと言えます。

もう1つ追加アクションというものがあります。この追加アクションもグローブアビリティと同様、敵を倒すことで新しいものを獲得できます。こちらはグローブやソードなど、様々な種類のアクションが用意されています。

中にはコンボ技も存在しているため、グローブアビリティと追加アクションを上手く活用して戦闘を有利に進めていきましょう。

収集要素もあり

Hobには収集要素もあります。HPの上限を増やすフラワーやエネルギーの最大値を上げるコア、グローブや武器のアップグレードに使う玉、謎のチョウチョウなど、様々なアイテムが存在しています。

しかもグローブアビリティや追加アクションも隠されていることが多く、これらも一種の収集要素となります。アイテムを集めれば集めるほど主人公はどんどん強くなります。

 

さらにマップにはグローブや剣を強化できる専用の施設が存在しています。とはいえ見つけただけでは強くなれません。ある程度の素材が集まっていないと、強化できないのです。強化に必要なのは玉とチョウチョウであり、場合によっては3ケタくらい集めないと強化できないこともあります。

このように本作は収集要素が成長要素と直結しているため、非常にやり込み甲斐のある探索を味わえることでしょう。

このPCゲームの基本情報

タイトル Hob
ジャンル アクションアドベンチャー
開発元 Runic Games
パブリッシャー Runic Games
リリース日 2017年9月27日
料金 1,980円
日本語 対応
オンライン 非対応
OS Windows

スペック/動作環境

必須環境 推奨環境
OS: Windows 7 SP1 / 8.1 / 10
プロセッサー: i3 Sandy Bridge Dual Core or Equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 2GB of VRAM; NVIDIA GeForce GTX 500 Series / AMD Radeon HD 7000 Series
DirectX: Version 11
ストレージ: 5 GB 利用可能
追記事項: Controller recommended.
OS: Windows 7 SP1 / 8.1 / 10
プロセッサー: i3 Sandy Bridge Dual Core or Equivalent
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: 2GB of VRAM; NVIDIA GeForce GTX 500 Series / AMD Radeon HD 7000 Series
DirectX: Version 11
ストレージ: 5 GB 利用可能
追記事項: Controller recommended.

このPCゲームのレビュー(引用元:Steamカスタマーレビュー)

おすすめ・高評価の口コミ

マップの作り込みが天才的、マップはギミックを動かすことにより変化していきます。
全く関係のない場所が地形を動かすことによりつながるなど、ダンジョンも含めて細かい世界観の作り込みに驚きました。

非常に楽しめました。他の人も書いていますが、ゼルダっぽいゲームです。ゼルダ+イースオリジンが近い感じかな。

低評価の口コミ

キャラクターが滑りやすい、ジャンプの方向、距離感が掴みにくいなど操作性がいまいち

最終更新日:2018年6月15日 (運営者情報)