「煉界のディスメソロジア」オンラインでTRPGを遊べる新作オンラインゲーム!乙女系ゲームなので登場キャラは美形揃い!

PBWと呼ばれる新しいシステムを導入した新作オンラインゲーム!本作はキャラクターに「文章で指示を出す」のが特徴で、複数のGM(ゲームマスター)がプレイヤーの文章を読み取り、それに応じてシナリオを変化させるという大胆な試みを行っています。TRPG好きなら楽しめること間違いなしのオンラインゲームです!

 

神への叛逆と愛がメインテーマ

 

「煉界のディスメソロジア」は合同会社フロンティアファクトリーが開発するRPGになります。

 

プレイヤーは【ベリアル】と呼ばれる

魔物を退治する【浄化師(エクソシスト)】となって、

世界を守るために奔走することになります。

 

ベリアルを生み出したのは神であり、天罰によってベリアルが生まれています。

浄化師は、人類を守る存在でありながら、神に反抗する存在でもあるのです。

 

プレイヤーは【ベリアル】との戦いの中で、

時に友情を深め、恋に落ち、様々な運命に翻弄されていくことになるのです。

 

分類的には乙女系のRPGになるのが特徴で、

様々な美少年と美青年たちが公開されているのもポイントになります。

 

PBW(プレイバイウェブ)という新しい取り組み

 

「煉界のディスメソロジア」の特徴は

PBW(プレイバイウェブ=オンラインTRPG)というシステムにもあります。

TRPGとはテーブル・トーク・ロール・プレイン・ゲームの略称で、

アナログゲームの一種になります。

 

TRPGはキャラクター作成をルールブックに基づいて行い、

紙等にデータを記入し、サイコロを振って各種判定を行います。

テーブルの上で様々なキャラクターの役割(ロール)を演じるゲームだからTRPGと呼ばれているのです。

 

TRPGはGM(ゲームマスター)と呼ばれる管理進行役が存在し、

GMとプレイヤーのコミュニケーションでシナリオが進行していくのが特徴です。

プレイヤーの行動やGMの発想で物語の結末などがかわるため、

マルチエンディング形式よりも幅広いエンディングが存在するのも特徴の一つです。

 

「煉界のディスメソロジア」はこのTRPGを大規模に、

オンライン上で行うというシステムになっています。

プレイヤーはキャラクターに行動させたいことを文章にまとめ、運営側に送ります。

 

運営側のGM(ゲームマスター)はプレイヤーの行動を示した文章を読みながら、

シナリオを変化させたり、展開させてたりしていきます。

発想次第で無限にゲームの可能性が広がる可能性があるのが、一般的なRPGとの違いになります。

 

乙女ゲー系のRPGであることから、恋愛要素を織り込んだ文章が送られることを前提に、

公式サイトがGM(ゲームマスター)を募集しているのもポイントになっています。

 

プレイヤーは2人までキャラクターを作成可能

 

「煉界のディスメソロジア」は計2人までキャラクターを作成可能です。

具体的には「祓魔人」「喰人」の2人で、

ペアで【浄化師(エクソシスト)】という形になります。

 

キャラクターは人間、ヴァンピール、アンデットなど7種族から選択可能で、

それぞれの種族特有の能力とステータスが決まっているのです。

 

また、種族とアライブ(生き方=職業)の組み合わせで能力がかわるほか、

キャラクターの性別や外見などの特徴も選択できるようになっています。

キャラクターの属性や語尾なども指定可能なため、戦闘以外に関わる要素も調整できるのです。

 

戦う理由を選択することも可能で、選択した理由によって能力が上下します。

エクソシストとして戦う理由はシナリオにも大きく関わる可能性があるため、

より自分好みのキャラクターを作りやすくなっています。

 

弱点を補うあうペアにするのか、長所をひたすら伸ばすペアにするかはプレイヤーの自由です。

 

他のプレイヤーとの連携が重要になる

 

「煉界のディスメソロジア」は他のプレイヤーやGMとの連携が重要になります。

様々なシナリオの進行はGMが管理していて、どのような行動を伝えるかで変化していきます。

ただし、1人(1ペア)で解決できる範囲には限りがあるため、

どのようにプレイヤーと協力していくかが重要になるのです。

 

具体的には、プレイヤーは司令部から現在しているクエスト(シナリオ)から

自分が遊びたいシナリオを選択することができます。

それぞれのシナリオに管理を行うGMが存在し、

【冒険】【シリアス】【ハートフル】など、シナリオの傾向が提示されています。

 

シナリオの中で様々なプレイヤーと協力し、解決を目指すのが基本になります。

 

シナリオに参加する場合の基本は自己紹介からです。

どのようなキャラクターで何ができるかを提示しなければ

他のプレイヤーと連携をとることができなくなります。

 

文章を考え、コミュニケーションをとることがシナリオ参加の最低条件なのです。

 

黙々とクリックしてキャラクターを強化したり、

シナリオを進められるゲームではないことに注意が必要です。

 

キャラクター間のコミュニケーション、あるいはGMとの交渉など、

様々な要素でゲームが進行していくのです。

 

ギルドやアトリエなどの交流要素も多数

 

プレイヤーとの連携も重要になるのがこのオンラインゲームの特徴です。

もちろん、一匹狼で様々なシナリオを楽しみ、様々な人と交流することもできますが、

毎回挨拶をすることが負担に思う人もいるはずです。

 

「煉界のディスメソロジア」ではギルドに参加し、特定の仲間を作ることができます。

ギルド内のメンバーとコミュニケーションをとれば、プレイングの幅が大きく広がります。

 

自分でギルドを立ち上げるほか、交流目的やシナリオ攻略目的など

様々なコンセプトのギルドを検索することもできます。

 

アトリエも特徴的な機能の一つで、

他のプレイヤーイラストレーターに

アイコンやバストアップなどのイラストを描くことを依頼できます。

 

もちろん、自分がイラストレーターとして参加することも可能です。

依頼をする場合はフロンティアコインというゲーム通貨を購入する必要があり、

課金要素にもなっています。

 

キャラクターにイラストがついていた方がコミュニケーションがはかどる可能性があり、

自分のイラストを売り出したい人にもつかえる仕組みになっています。

もちろん、イラストなしでプレイを続けることも可能です。

 

冒険を通してキャラクターは成長する

このオンラインゲームには成長要素があり、

シナリオのクリアでレベルが上がるだけでなく、

装備の購入でステータスを上昇させることもできます。

 

レベルが上がるとアライブに応じた新規スキルを取得できるのもポイントで、

スキルの有り無しが戦闘に大きな影響を与えます。

 

スキルの情報や一般的な敵の強さなどは【学院】のコマンドから確認することが可能です。

一般的なゲームのヘルプやゲーム情報確認のページになっていて、

主な敵の情報戦闘能力の大まかな違いなどを確認できます。

 

戦闘主体のシナリオをこなす場合はある程度自分たちの能力や、

パーティーの能力を把握しておくことが大切になります。

 

判定の際の基準になる情報も存在するため、ゲームを始める場合は何ができるのか、

どんな能力が役に立つのかをチェックするのがおすすめです。

 

独特のシステムが特徴のオンラインRPG

 

「煉界のディスメソロジア」はPBWというシステムに馴染めるかどうか、

惹かれるかどうかが重要なポイントになってきます。

 

TRPGは愛好家が多いジャンルであり、様々なゲームをオンラインで遊ぶ人も多いのが特徴です。

やりとりに慣れてしまえば様々なプレイヤーとの掛け合いを楽しめるだけでなく、

コミュニケーションで生まれる無限の可能性に触れることができます。

 

一方で、一般的なコマンド入力やボタン操作で進むゲームとは

根本的な仕組みが異なるのもポイントになります。

独特のシステムを楽しめるかどうかで満喫できるかそうでないかがはっきりわかれるゲームなのです。

 

濃密なコミュニケーションをとりたい人には特にオススメで、

世界観やジャンルが好みであればプレイする価値は十分にあるオンラインゲームです!

最終更新日:2018年3月30日 (運営者情報)