「Ascent:Infinite Realm」ファンタジーなのに艦隊戦!?スチームパンクな世界戦で描く「空」をコンセプトとした超大作MMORPG!!

『TERA』や『PUBG』でお馴染みの『Bluehole』が新しく贈るMMORPGが『Ascent:Infinite Realm』です。一見正反対にも思えるファンタジースチームパンクが融合したような世界観は唯一無二!どちらのジャンルのファンにも、またどちらにも興味のない人にもおすすめできる新作MMORPGです!

 

世界観がすごすぎる!まずは「A:IR(エアー)」の公式動画をどうぞ!

これぞファンタジーの到達点!「Ascent: Infinite Realm」ゲーム概要

Ascent:Infinite Realm」は、「TERA」や「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」などの超人気オンラインゲームで知られる韓国のゲーム開発会社「Bluehole」によって開発されたオンラインMMORPG作品です。

現時点ではオフィシャルホームページが存在しており、ゲームのコンセプトアートなどの基本的な情報が公開されていますが、詳しい料金体系や発売日などの詳細は一切未定となっています。

尚、本作は韓国語インターフェースがデフォルトとなっていますが、「英語」「ドイツ語」「フランス語」のローカライズが早くも決定し、オランダのソフトウェア会社「Kakao Games Europe」によるヨーロッパでの配信も予定されているそうなので、

1日も早い日本語版ローカライズの決定及び日本での正式配信サービス開始を待ちましょう。

日本での配信は「ゲームオン」が独占契約

2016年11月8日、日本のオンラインゲーム配信サービス会社「ゲームオン」と本作の開発を担当した韓国のゲーム開発会社「Bluehole」が共同で記者会見を開き、本作の日本独占配信契約を締結したことを発表しました。

ちなみにこの時点では本作の正式タイトルは決まっておらず、「Project W」という仮の名称が用いられていました。

「ゲームオン」と「Bluehole」は「TERA」でも協力関係があったので、今回のタッグも必然的な流れであったと推測されます。

韓国産の大作MMORPGの全てが日本でも必ず配信されるとは限らないので、この記者会見は、「Ascent:Infinite Realm」の確実な日本語版登場を確信できる有意義な会見だったと言えます。

 

コンセプトアートが語る壮大な世界観

オフィシャルホームページで一足先に公開されている「Ascent:Infinite Realm」のコンセプトアートからは、近未来SF作品を彷彿とさせる雰囲気と、MMORPG的な雰囲気を醸し出しているファンタジー要素が見事に融合している印象が伺えます。

また、このコンセプトアートは背景の細部に至るまで非常に緻密に描かれており、本作で壮大な物語が展開するであろうことを予感させます。

映画「アバター」のようにキャラクターが異世界の空を自由に飛び回る光景や、スチームパンクの影響及び世界観を彷彿とさせるデザインは、多くのMMORPGユーザーに歓迎されることでしょう。

 

気になる世界観とゲーム内容は??

この新作MMORPGは「スチームパンク」な世界観となっており、「機械文明」と「魔法文明」が共存する世界となっていますプレイヤーはそのどちらかの文明部に属し、飛行艦隊の一員となります。

そして大空に浮遊している浮遊島を飛行船で行き来し、文明間で奪い合っている資源獲得のための戦争を戦い抜くという世界観となっています。

戦闘の舞台は地上はもちろん、空中でも戦闘することが出来、そのアクション性はMMORPG界の中でもトップクラスでしょう…!地上や海戦といったものはありますが、空中が戦闘フィールドのMMORPGは筆者が知る限りほとんどないですので、今までにないアクション対戦が楽しめるでしょう!

また戦闘の際のプレイヤーの装備も様々な面白そうなものが用意されています。例を挙げると、大ジャンプができる「ジェットパック」や空を飛ぶことが出来る「ウイングスーツ」など地上・空中がバトルフィールドのこのMMORPGらしい装備が多数使用可能です!

そのほかにも戦闘用の機械や自分だけの飛行船などゲーマーのロマンをくすぐるようなアイテムが…!

アイテムだけでなく、街並みやグラフィックなど今までのMMORPGとは一線を画した新作MMORPGであることは間違いなさそうです…!

大規模な「Realm vs Realm」が実現

プサンで開催されたG-Star 2017の会場では、βテスト前の「Ascent:Infinite Realm」がプレイできるブースが設けられ、20人対20人のPvPが試遊できるようになっていました。

このPvPでは各プレイヤーがそれぞれ飛行船に搭乗し、敵と味方に分かれてバトルを繰り広げることができるようになっており、来場した多くの人が一足早く本作の雰囲気を楽しみました。

「Ascent:Infinite Realm」の完成版では、このPvP以外にも大規模なRvR(Realm vs Realm)が実現するそうなので、オンラインでの対戦プレイを楽しみにしている人は要注目です。ファンタジー世界での大規模な空中戦は過去に事例がないので、実現すればこの新作MMORPGで新しいゲーム体験を得ることができるでしょう。

 

職業システムで選べるキャラクター特性


多くのMMORPGで実装されているように、「Ascent:Infinite Realm」にもキャラクターの職業システムがあります。

オフィシャルホームページで発表されている職業(CLASS)は

「SORCERESS」

「MYSTIC」

「WARLORD」

「ASSASIN」

「GUNSLINGER」

の5種類で、メインビジュアルとスキルも確認することが可能です。

魔法と剣の世界に「GUNSLINGER」という「飛び道具」を使用する職業が入り込んでいるのは面白いですが、近年のMMORPGでは豊富な職業を売りにしている部分があるので、あえて時代考証的な部分を取り払ったのでしょう。

各キャラクターの衣装も中世ヨーロッパ的なデザインを取り入れつつ、スチームパンク的なファッションが融合しているので、総合的に見ると世界観は波状していません。

今後さらなる職業の追加もあり得るので、プレイ予定がある人はオフィシャルホームページで基本情報を確認しておきましょう。

MMORPGの要素を全て注ぎ込んだ力作

「RvRの大規模空中戦」という新要素が大々的にフィーチャーされている印象がある「Ascent:Infinite Realm」ですが、MMORPGユーザーが求める要素は限りなく詰め込まれているので、プレイヤーは膨大な時間を消費することになるでしょう。

まずアバターを選択した場合にはキャラメイクが行えるようになっており、さらに地上世界では豊富なクエスト要素があります。そして自分の土地を所有し、家を建設することもできるのです。

つまり「Ascent:Infinite Realm」は、多くのMMORPGが持つ要素をしっかりと押さえつつ、飛行船や騎乗動物を使用した「空中のバトル」をも実現した作品だと言えます。

さらには飛行船にもカスタマイズ要素があるので、プレイヤーには遊びきれないほどやることがあるのです。

「Ascent:Infinite Realm」は、こんな人におすすめMMORPG!


「問答無用の超大作」という表現が相応しい「Ascent Infinite Realm(AIR)」は、本作的なMMORPGの世界をこよなく愛するユーザーに楽しんでもらいたいMMORPGです。

 

スチームパンクとファンタジーが融合した世界観は独特で、異種格闘技的な不思議な世界を構築しています。

また、レベルアップと共に解放されるマップは非常に広大なので、プレイヤーは本作の様々な要素や楽しみ方を見つけながら、長時間飽きることなく遊び続けることができるでしょう。

 

さらに対戦システムは6種類以上実装される予定なので、オンライン上のユーザーと競い合うという楽しみもあります。「Ascent:Infinite Realm」は、かつてない広大なフィールドを探訪できる、珠玉の新作MMORPGですので、配信開始の日を今や遅しと待ちましょう…!