「Streets of Rogue」ゴリラになって民間人を殴ったり自由度が高いローグライクRPG!多彩な攻略法があってやり込めるオンラインゲームおすすめ!

ミッションクリアで次の回に進んでいくローグライクRPG「Streets of Rogue」。高めの難易度なのでシビアな状況での攻略法探しが楽しめます。職業によって様々なミッションの攻略法があるので、職業の数だけ楽しめます。ゴリラなど変わった職業もたくさんあるユニークなオンラインゲームおすすめです。

 

トレーラー映像で見るオンラインゲームおすすめ!

Streets of Rogueってどんなオンラインゲーム?

Streets of Rogueは指定されるミッションをクリアすることで次の階に進んでいくローグライクRPGです。

マップは毎回ランダムで形成されるため、この階はこうすればクリア出来る、という定型的な攻略法は存在せず、

その場に応じて適宜プレイヤーが攻略法を考えていかなければなりません。

 

ミッションは「特定のアイテムを入手」「オブジェクトを破壊」など多岐に渡り、

それぞれ異なる攻略を要求されます。

 

難易度が高めで油断しているとあっさりゲームオーバーになりかねませんが、

そんなシビアな状況でも瞬時に攻略法を見つけて進んでいくのが本作の面白さとなっています。

ローグライクとは思えない圧倒的自由度の高さ

指定されたミッションを攻略することで進んでいくこのPCゲーム、

ミッションをどう達成するかはプレイヤーの自由です。

例えば目的のアイテムがある部屋には強力な用心棒がいて入れない、そんな場合どうやって部屋に侵入しますか?

 

一つは用心棒を倒す、という方法があるでしょう。

用心棒以上の戦闘力が求められますが、まあ王道な正面突破の攻略法です。

 

いっそ壁を破壊して部屋に入るのも不可能ではありません。

用心棒が部屋の正面扉にいるなら、その真後ろの壁を破壊して部屋に入りましょう。

 

いやいやそんな物騒な方法は、と思う方は用心棒に賄賂を渡して見なかったことにしてもらうのがいいでしょう。

誰も死なずにミッション達成です。

 

 

このように、一つのミッションに対し様々なアプローチが用意されているため攻略法は非常に数多く存在します。

力任せのプレイングでも知的なプレイングでもいいので、自分なりの攻略法でミッションを達成していきましょう。

ミッション達成の根幹となる多彩な職業の数々

一つのミッションに対し様々な攻略法があるとは言っても、それをこなすことは簡単ではありません。

そもそもどうやって壁を破壊するのか、用心棒を倒すのか、その手段を確立するのが難しいのです。

 

そこで重要になるのがプレイヤーキャラクターの職業です。

本作は数多くの職業が存在するため、その職業が持つ特性や能力を使うことでミッションを達成していきましょう。

 

例えば「ハッカー」はハッキングが得意で、部屋の中にパソコンがあるようなら

部屋の外からハッキングして好き放題に場を荒らすことが出来ます。

ステータスは低めですが、遠隔操作でNPCを攻撃することが出来る面白い職業です。

 

「警察」ならどんどんNPCを逮捕出来ますし、「泥棒」ならその辺の通行人からアイテムを盗むことが出来ます。

透明になれる「暗殺者」はプレイングの幅が広がり、

「吸血鬼」ならNPCの血を吸うことで体力を回復できるので安全なプレイングが出来るでしょう。

中には「ゴリラ」という職業でも何でもないプレイアブルキャラクターも存在します。

「ゴリラ」は全身から悪臭を放っている上に人間と言葉を交わすことは出来ないのですが

NPCを殴り殺すことが出来る圧倒的パワーを有しているので、力押しの攻略がしたい場合にオススメの職業ですね。

 

他にも「バーテンダー」「レスラー」「麻薬ディーラー」「小売店経営者」「お笑い芸人」「狼男」といった、

一体どんな能力を持っていてどう冒険に役立てるのかよく分からないユニークな職業も登場しますし、

今後のアップデートで更に職業は増えていく予定です。

 

職業ごとに持つ特性を活かすことで攻略が簡単になったり、可能な攻略法が増えたりしますので、

是非様々な職業でプレイすることで幅広い攻略法を試してみてください。

 

最初は「兵士」「泥棒」「ハッカー」といった一部の職業しか解放されていませんが、

ゲームをプレイして特定の条件を満たすと職業が解放されます。

 

「バーテンダー」を解放したければ多く酒を飲むようにするなど、職業にちなんだ行動を取ってみましょう。

職業にはデメリットも存在する

多彩な職業を選んで遊ぶのがこのPCゲームの魅力ではあるものの、

職業が持つ能力は強力な分デメリットも存在します。

 

例えば「泥棒」はNPCからアイテムやお金を盗むことが出来るという強力な特性を持っているものの、

普通のお店に入ろうとすると入店拒否されてしまいます。

まあ、「泥棒」だから仕方ないのですが……。

 

「警察」は任意でNPCを逮捕することが出来ますが、無実の人を逮捕すると経験値が下がります。

経験値を犠牲にすれば誰でも捉えられるとも言えますが、能力を使う場合はここぞという時に限定したいですね。

自由度の高いローグライクRPG!

多彩な職業とそれに伴う数多の攻略法が可能なローグライクRPG Streets of Rogueはいかがでしたでしょうか。

ミッションをこなして進む、という定められた道筋があるゲームにも関わらず

遊び方が豊富で、非常に自由度の高いオンラインゲームおすすめです。

 

世界観も、職業と称して「ゴリラ」が混じっているくらいコメディ要素が強いため、

遊んでいるとついクスリと笑ってしまうことがあるでしょう。

 

選んだ職業によってプレイスタイルや攻略難易度が大きく変わってくるため、

是非全ての職業を解放して本作を遊び尽くしてみてください!

最終更新日:2018年2月9日 (運営者情報)