「輪華ネーション」現代に偉人が転生!?偉人とともに禁止区域の謎に迫れ!※サービス終了

現代に転生した偉人(リンネ)達が活躍するドラマティック偉人シミュレーション【輪華(りんか)ネーション】の正式サービスが2016年10月31日から配信開始!梶裕貴さんや武内駿輔さんなど人気声優が起用された女性向けゲームとなっています!

サービス終了

 

 

輪華(りんか)ネーションってどんなゲーム?

現代に転生した偉人(リンネ)達が活躍するドラマティック偉人シミュレーション

特殊な力を持った研究生であるプレイヤーは、リンネ達と親交を深めながら謎の敵「エフスロス(通称エフ)」に立ち向かい、禁止区域の謎の真相に迫ります

課題(クエスト)である「制作」を主に行い、サロンレベル(後述)を上げてメインストーリーを解放、ストーリーを読み進めるのが基本的なプレイ方針です。

他にもサロンを自分好みの部屋にできたり、課題をクリアすることによって得られる地図を用いて「探索」に赴く事もできます。

 

課題

メインストーリーを含む多くの課題があります。序盤はチュートリアルの延長のような課題が見受けられますが、その後は制作が大部分を占めます。

課題をこなすとリンネたちの経験値が得られるだけではなく、制作に必要な制作pt、家具やアバターアイテムなどの報酬も貰えるので、どんどんクリアしていきましょう!

 

 

制作

 

制作を行うことでサロンレベルの経験値が得られるため、今作ではメインとも思えるコンテンツです。

 

制作は、メインメニューにある課題の項目から選択、受託します。

課題に必要な物資(置物)が倉庫に送られる、あるいは購買で購入できるので、あとは画面の部屋(サロン)の好きな場所に置物を配置、クリックして作業を開始しましょう!

パートナーのリンネが制作してくれます!どうしても課題が進められないときは課題詳細にある「?」を押すとヒントが見られますよ!

 

なお、制作を行うためには制作ptが必要です。制作ptは3分で1ポイント回復、もしくは専用アイテムの使用で待ち時間なしで回復できます。

※失敗作:作業を怠ったり、回収可能な制作物を放置して日送りすると失敗作になってします。失敗作はクリックで除去しない限りスペースを取るだけなので、回収忘れには注意しましょう!

また、制作を行うとリンネの親密度が上がり、アバターなどの報酬が得られます。

パートナーは、サロンにいるリンネをクリックして指定、もしくはリンネメニューから選択できるので、お気に入りのリンネの親密度をあげるのも良し、均等に上げていくのも良し!

パートナーからはずしたからといって親密度が下がることは無いので、自由にパートナーを選びましょう!

 

 

探索

編成した偉人を探索に出し、手動もしくはオートで戦闘を行います。育成でリンネ達を強化していればオートでもほぼ問題なくクリアでき、サクサク進行できます。

前衛交代、ターゲットロックなども出来るので、敵が強くなってきたら一度ヘルプのバトル項目を見るのをオススメします。

そして乙女ゲームの戦闘ではお約束ですが体力が減ってくると服がはだけます!

もちろん脱ぐだけじゃなくて必殺技も出します!一発逆転を狙いましょう!

※必殺技の確認はリンネメニューから行えます。

 

 

サロン

リンネ達が生活する学生寮「松下村サロン」。サロンにはレベルがあり、制作を行うと経験値が溜まります。

サロンレベルに応じてメインストーリーが解放されるので、制作は積極的に行うようにしましょう。

また、サロンレベルが上がったり特定のアイテムを入手したりするとサロンを拡張することができます。家具や床などの置物を設置して自分好みのサロンを作って楽しみましょう!

 

キャラクター強化

リンネメニューから強化が行えます。エフを倒して手に入れた輪華の雫が強化の材料となります。「おまかせ強化」でサクっと強化してくれるのでお手軽です。

個性、知性、体力、全てが100%になるとレベルアップ!レベルが上がるとステータスが上昇するだけではなく、服やキャラアイテム、キャラストーリーなどが解放されます!

 

箱庭ゲームとしてはサロンで動き回る2Dのリンネ達や着替え用のアバターアイテムが可愛く、なかなかに高評価でした。

ゲームとしては「探索」の要素が少なく、課題(制作)に比重が傾いているため少々物足りない気も……。

とは言え、課題に必要な材料が簡単に手に入るのはそれはそれで良い点だと思います。

 

某アトリエ系のゲームのように探索を繰り返してドロップアイテムを探す……というような手間が殆ど不要なので、サクサク進みたい人

着替え要素や箱庭ゲームを主体として遊びたい人にオススメですね。

 

もう1つ感想を挙げると、チュートリアルがやや短く、「あれはどうするの?」という点がちらほら。

ですがその分ヘルプが充実しているので、その都度確認、もしくはあらかじめ一読しておくとスムーズにプレイできます。

 

熱く切ないメインストーリーに加え、個性豊かなリンネ達の充実したキャラストーリー

現在の登場キャラクターはまだ少なめに感じますが、偉人は他にもたくさんいるので今後の実装が楽しみです。

まだ始まったばかりの新作ゲームなので、今後のゲームシステム・難易度の変化にも期待です。