「ドラゴニックエイジ」簡単にレベルが上がって手軽に楽しめる面白いPCゲームと話題に!

手軽に簡単に遊べて育成もサクサクできることから、始めやすくて面白いオンラインゲームです。
チャイナドレスに身を包んだ美女が剣を振るう・・・ってワードに食指が動くなら!

 

 

簡単手軽に遊べて楽なブラウザゲーム「ドラゴニックエイジ」を再度振り返る。

まず、ネット上での評判ではブラウザゲームとしてかなり評価は高めのようですね。

というのも、ブラウザゲームというのは空いた時間に手軽に遊べるというのが重要要素なのですが、

このPCゲームでは、簡単にレベルアップできたり、サクサクとゲーム進行ができることからブラウザゲームの重要要素がしっかりとおさえられているというわけで高い評価を貰っているとのこと。

 

それから、このオンラインゲームは基本的には序盤はサクサクと進めていくものの、中盤以降では少しずつやり込み要素を交えていき、

最終的にはバリバリとオンラインゲームをやり込む人にも満足してもらえるような仕様になっていることも、管理人の個人的意見としてはかなりの良作オンラインゲームだなーと思うポイントでしたね。

 

まあ、ダウンロードゲームを普段プレイしている人からすると少し物足りなさを感じることはあるのかもしれませんけど、

ブラウザゲームという性質上、このドラゴニックエイジではその理想形を実現されているのではないかなと思いますね。

 

やっぱり短時間でサクッとプレイできるというのはブラウザゲームには欠かせない要素ですから。

 

それでは、このオンラインゲームを実際にプレイされている方にもレビューを書いていただきましたので、そちらもご参考にしてこのオンラインゲームについてより深く知っていただければなと思います。

 

このPCオンラインゲームを実際にプレイしてる方のレビュー

「ドラゴニックエイジ」は闇に包まれた世界で、失われたドラゴニックエイジを取戻すブラウザオンラインRPGです。

 

綺麗でクオリティの高い、グラフィックとド派手な演出が実現されているところはこのネトゲの魅力的な部分になっています。

また、各キャラクターにはボイスがついていて、それぞれに豪華声優陣が声を担当しているところも魅力的要素の一つになっています。

 

クエストを進めていくほかに、ダンジョンや闘技場など、豊富なコンテンツが満載です。

クイズイベントやボス戦を楽しむことができたり、みんなで温泉に入って水かけ遊びをすることができたりといったユニークな遊びも機能に含まれているのも楽しみの一つになっています。

 

コンテンツも「ストーリーモード」から「謎と罠が誘う迷宮」、「国家間戦争」「攻城作戦」など、沢山のコンテンツが用意されており、飽きが来ることなく楽しむことができるように作られています。

キャラクターもすごくカッコいいキャラクターが勢揃いなところも魅力的です。

 

そして、グラフィック映像もすごく美しく、クオリティの高い背景によってさらにゲームの世界観を盛り立ててくれるのです。

剣と魔法の王道バトルRPGとなっており、世界的にもすごく人気のあるネトゲです。

今では、日本でもすごく人気のあるPCゲームですが、元々は中国や台湾、北米で大人気だったPCゲームなのです。

 

戦う他にも、いろいろな世界観を冒険してみるのもすごくオススメです。

可愛い女の子が好きな人や、ファンタジー要素が好きな人にもすごくオススメなゲームになっています。

ストーリー設定もすごくしっかりしているように感じられ、どんどんストーリーを進めていきたくなっていくような仕上がりになっています。

そのときの気分によっていろいろな遊び方ができるので、自由度もすごく高いネトゲーに仕上がっています。

BGMのグラフィック映像もすごくよく、世界観に引き込まれながらゲームを楽しむことができるのではないでしょうか。

 

操作もクリックするだけで、勝手にバトルをしてくれるので、初心者の人にもすぐに馴染むことができるのも、このゲームの魅力になっています。

レベルが上がっていき、物語が進んでいくのはすごくワクワクしていきます。

さくさくとゲームを進めていくことができるので、なかなかゲームが進まないとストレスとためることもありません。

 

ログインボーナスもついているので、ゲームができないときでも、ログインだけでも忘れないようにするといいですね。

その他にも、プレイ時間の経過でもらえるオンライン報酬もあるので見逃せません。

レベルが上がっていくと今までになかった新たな機能も追加されていくので、楽しみが増えていきます。

 

ゲームを進めていく楽しさもありますが、キャラクターもみんなすごく魅力的なキャラクターなので、選ぶ楽しさもあります。

お気に入りのキャラクターと共に、いろいろな世界観を駆けずり回るのもすごく楽しめる一つになっているでしょう。