ゲーマーなら一度は思ったことはないでしょうか?「ゲーム実況をしてみたい」と。

分かります。ゲーム実況動画などを見ていると、自分も実況動画を作ってみたいって気持ちになりますよね(笑)そしていつかは大物実況者へ…。なんて夢を筆者も何度も描いたものです(笑)

しかし、ゲーム実況者になる為には実は様々な機材やソフトが必要ということはご存知でしょうか?この機材がまずはゲーム実況の最初の関門となるでしょう。

そこで今回はゲーム実況者になる為に「何が必要なのか?どれくらい費用がかかるか?」などを筆者の実体験なども踏まえながら紹介していきたいと思います!

必要なもの1:PC

まず大前提としてPCは絶対的に必要です。動画を撮影するにしても、編集するにしても必ず必要なものとなりますので、しっかり押さえていきましょう。スペックに関しては必ずしも高スペックPCが必要なわけではありません。家庭用の一般的なノートPCなどでも編集などは可能です。

ただ、PCゲームを実況する場合はPCゲームのスペックに合わせたPCが必要ですし、編集処理速度など高スペックPCに劣る部分は多いです。最初から高スペックPCを用意する必要はありませんが、「ゲーム実況に慣れ、もっと凝った編集・PCオンラインゲームも実況したい!」という場合は必要スペックに応じてPCを用意しましょう。その際、ゲーム用に特化して作られているゲーミングPCなどもオススメです。

おすすめゲーミングPCはこちらから!

必要なもの2:撮影機材

そして2つめはゲーム実況の要とも言うべき撮影機材についてです。撮影ができないことにはゲーム実況はできませんからね(笑)ここは必ずチェックしておいてください。一概に撮影機材と言っても「PCゲーム、据え置きゲーム、携帯ゲーム」で必要な機材は全く異なります。ここではそれぞれのゲームに必要な機材やソフトを簡単に紹介していきたいと思います。

PCゲームの場合

PCゲームの場合は最もゲーム実況が始めやすいです。というのも家庭用ゲーム機の場合、ゲーム機とPCを接続するために様々な機材を用意する必要があります。便利なものを選べば数万円程度するものもありますので、家庭用ゲームの実況は意外とハードルが高いのです…。(筆者も学生時代に必死にお金をためて買いました。)ですので、ゲーム実況になれるという意味でも、PCゲームからまず始めるのが得策かもしれません。

PCゲームの場合必要な機材は非常にシンプルで、動画の撮影機材と自分の声を録音する為のマイクが必要です。

PCゲームの場合動画撮影を行うためには画面をキャプチャー(録画)するためのソフトを使用します。windows10のPCを使用している方は本体に既に「Game DVR」という録画用ソフトが標準搭載されているので、特に新しいソフトの導入は不要です。

こちらのソフトは非常にシンプルですが、問題なく録画出来、最大4時間まで連続撮影も可能です。windows10の方はこちらのソフトを使用すれば問題ないでしょう。

windows10以外のOSを使用されている方はキャプチャーソフトを導入する必要があります。キャプチャーソフトには無料版・有料版がありますが、特にこだわりがないのであれば無料版でも十分です。無料版のキャプチャーソフトの代表例としては「ロイロゲームレコーダー」「アマレココ」「アマレコTV」などが挙げられます。

これらのソフトは画面の下にロゴマークが入ったり、録画時間・サイズ等に制限がある場合がありますが、初めてのゲーム実況では大きな問題ではありません。こだわりたい方は慣れてきたタイミングで有料キャプチャーソフトを購入することをオススメします。

マイクはAmazonなどで販売されているものでも十分ですが、通話用マイクではなく録音用のものをオススメします。通話用は安価で購入できますが、ノイズなども多くゲーム実況には不向きです。3000円程度で販売されているものであればそれなりの音質ですので、録音用のマイクを購入しましょう。ノイズ防止用のポップブロッカーなどがあればなお良しです。

据え置きゲームの場合

据え置きゲームを実況する場合は「キャプチャーボード」という機材が必要となります。簡単に言えばゲーム機とPCを繋げるための機材です。PCとゲーム機は直接接続できないので、このキャプチャーボードは不可欠です。キャプチャーボードを購入すれば録画ソフトが付属されていることが多いので、上記のような録画ソフトの導入は不要です。

しかし、キャプチャーボードは遅延と呼ばれるタイムラグが発生します。詳細は省きますが、PCに表示される録画画面は本来のプレイ画面より1秒程度遅れて表示されるので、激しいアクションゲームなどはプレイが厳しいでしょう。ですので、キャプチャーボードを購入する際は「パススルー機能付き」の購入を基本的にはオススメします。この「パススルー機能」ですが、簡単に言えばPCとTVの両方に映像を出力できる機能です。この機能を使えば、TV画面の方は遅延しないので、快適にプレイが可能です。

価格ついてはピンキリです。数千円で購入できる3色ケーブル用(最近の小学生には三色ケーブルは伝わらないかも…w)から、高画質で撮影できるHDMI対応の数万円のキャプチャーボードまであります。ここは完全に自分の好みと財布との相談となりますので、よくご検討ください。

しかし、PS4は上記のようなキャプチャーボードはなくとも大丈夫。PS4はコントローラーの「shareボタン」を押せばゲーム画面の撮影が可能です。そして購入時に付属していたマイク付きイヤホンを使用すれば実況しながらの撮影も可能ですので、面倒な機械を一切使用せずに動画撮影が可能です。

ただ、PS4付属の撮影機能はソフトに設定されている「録画禁止区間」の撮影はできません。そのため撮影できるソフトと出来ないソフトがあることは調べておきましょう。また、キャプチャーボードと比べて最高画質も低いですので、高画質で撮影したいという方には不向きです。

PS4ゲームを撮影したい方はまずは本体付属の「キャプチャー機能」。それ以外のハードのゲームも撮影したい方はキャプチャーボードの購入するようにしてください。

携帯ゲーム機の場合

最後に携帯ゲーム機の場合ですが、これが多分一番録画をするのが難しく、ハードルが高いかもしれません。というのも本体の改造を必要とする場合が多い点が挙げられます。3DSの場合は「偽トロキャプチャー」と呼ばれる携帯ゲーム専用のキャプチャーボードを使用する必要があります。この「偽トロ」は専門店にて本体を改造する必要があるので、手間と費用がかかります。

PSvitaの場合でも「偽トロ」か「PSvita TV」というPSvitaをTVに出力する機材を使用することで、据え置き機と同様の方法で録画は可能です。ただ据え置き機より費用がかかるのはほぼ間違いないです。

費用をかけずに改造もしたくないという方は、まずは「直撮り」がオススメです。スマホやビデオカメラで画面を直接撮影するという古典的な方法ですが、初心者にはオススメの方法です。直撮りの際は「カメラとゲーム機は固定し、画面が動かないようにする」「部屋を暗くし、画面がよく見えるようにする」など注意点はありますが、オススメです。

必要なもの3:編集ソフト

最後に大切なのが編集ソフトです。動画を撮影しても編集しなければ「ゲーム実況動画」とはなりません。編集ソフトといっても千差万別です。無料でシンプルな「windows ムービーメーカー」や無料で自由度の高い編集が可能な「Aviutl」、有料ですがプロ向けの本格的な編集が可能な「 Adobe Premiere Pro CC 」など様々な変種ソフトがあります。

オススメはまずは無料で使用可能な編集ソフトを使用しましょう。無料とは言え「Aviutl」はかなり自由度の高い編集が可能ですし、できないことはほぼありません。しかし、操作と導入が複雑ですので、そこだけは頑張ってください(笑)

最後に

ゲーム実況は今YouTubeやニコニコ動画など様々な動画配信サイトにupされています。気軽に上げていると思いきや、意外とハードルが高いことはご理解いただけたでしょうか?

しかし、筆者も含めゲーム実況者にあこがれる方も多いのでは?千里の道も一歩よりという言葉もあるように、まずはチャレンジが大切!ぜひ実況動画にチャレンジしてみてくださいね!

また実は当サイトのスタッフでゲーム実況(上記の動画です)をアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいねw

はじめに


最近話題にあがるゲームというとPUBG,荒野行動,フォートナイト,スプラトゥーンなどなど……FPS/TPSのゲームが多いと感じませんか?YoutuberやバーチャルYoutuberの登場もありゲーム実況が人気となっている背景が関係していると私は思うんですよね。そこで今回は人気実況者がプレイしているゲームから最近のゲームの流行を考察していきます。

人気実況者がやってるゲーム

兄者弟者

まずは数多のサイトにてゲーム実況者ランキングに入っている兄者弟者から。再生数上位3作品はアクションゲーム「Gang Beasts」、VRゲーム「Job Simulator」、TPS「メタルギアソリッドV:TPP」となっていました。また、記事作成時(2018.8.14)の近辺で挙げられている動画はオープンベータが開始したばかりの新作FPS「COD:BO4 BETA」でした。

ポッキー

こちらも人気実況者のポッキーです。ゲームが有名ですが、実写系の動画も数多く投稿されているそうです。再生数上位3作品はアクションアドベンチャー「Grand Theft Auto V」、脱出ゲーム「stealing the diamond」、サバイバルアドベンチャー「Stranded Deep」でした。

まひとくん。

まひとくんは最近人気急上昇中の男性Youtuberだそうです。実況自体は2016年頃から投稿されていたそうですが、2018年に人気になりバーチャル化もしています。再生数上位3作品はスマホTPS「荒野行動」、TPS「スプラトゥーン2」、スマホFPS「PUBG」でした。

猫宮ひなた

2018年2月に活動を開始したバーチャルYoutuberで一躍大人気になっている人だそうです。再生数上位3作品はFPS「PUBG」、FPS「Battlefield 1 Revolution」、FPS「Battalion 1944」でした。

かんな

意味深な動画とともに登場してからわずか二か月足らずでチャンネル登録者数10万人の新進気鋭のバーチャルYoutuberです。再生数上位3作品はFPS「PUBG」、TPS「FORTNITE」、FPS「Islands of Nyne」でした。

キズナアイ

バーチャルYoutuberと言えば外すことはできないですよね。初めてバーチャルYoutuberを自称したバーチャルYoutuberの第一人者です。ゲーム用のアカウントは分けられており、それでも登録者数は100万人以上です。再生数上位3作品はFPS「PUBG」、ホラーゲーム「Five Nights at Freddy’s」、スマホゲーム「Trap Adventure2」でした。

ここまで6人を調査しましたが、最近人気になっているバーチャルYoutuberはFPSやTPSの実況動画が人気のようですね。その中でもバトルロイヤル系のゲームが多いようです。ならば、最近のゲーム売り上げもFPSやTPSが人気なんでしょうか。次は売り上げを調査していきます。

売り上げから見る人気オンラインゲーム

STEAM

steamの売り上げ1位はモンスターハンターワールドでした。発売されてから数日しか経っていないので長期的な人気が獲得できるかは未知ですね。次いで人気だったのはPUBGことPLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSでした。販売から既に半年以上が経過しているにも関わらず2位をキープしているあたりかなりの人気が窺えます。本作は先日公開されたsteamランキングによると2018年上半期の売り上げもトップクラスでした。3位は新作も発表されたRise of the Tomb Raiderでした。

家庭用ハード

2018年のソフト売り上げランキングを見てみたところ、こちらも1位はモンスターハンターワールドでした。注目すべきは2位を記録したスプラトゥーン2です。本作が発売されたのは今年ではなく、去年2017年7月なんです。累計販売本数は250万本を突破しており、世界中で人気のゲームですね。3位は星のカービィ スターアライズでした。

スマホゲーム

いまやモバイルゲームはゲーム市場の半数を占めるまでになっているそうですので、見逃すことはできませんね。App Annieが発表した今年第1四半期のDL数ランキングでは国内1位が荒野行動、世界一位がPUBGという結果になっていました。

今回の記事からは外れますが、やはり今年はモンスターハンターワールドが圧倒的ですね。しかしながら、steamではPUBG、家庭用ハードではスプラトゥーン2、スマホでも荒野行動やPUBGといったFPS/TPSが人気を獲得していることがわかります。さて、ハード別での売り上げから人気作は出してみたものの、先ほどから話題に挙がっているFPS/TPSの実際の売り上げやダウンロード数がどうなっているかというのははっきりとデータとして出しておきたいところですよね。ということでFPS/TPSの人気オンラインゲーム、PUBG、荒野行動、スプラトゥーン2、FORTNITEの4作品の詳細なデータを調べてみます。

実際どれだけ売れている?流行っている人気オンラインゲームを比較!

PUBG

2017年3月にsteamにて早期アクセス版がリリースされて以降、100人で争うバトルロイヤルということで話題を集めていました。2017年12月に正式版がリリースされました。また、XboxOne版も発売されています。SuperDataの調査によると2017年のコンテンツ総売上は7億1200万ドルを記録したと言われており、またsteam史上3番目の利益を挙げたという情報もあります。中国のチートプレイヤーの増加に伴い、最近は他作品から一歩引いた状況に置かれているように感じます。スマホ版として「PUBG MOBILE」がリリースされており、世界的に人気を獲得しています。

荒野行動

スマートフォン向けゲームとして2017年11月にリリースされたTPSバトルロイヤルです。当時すでに大人気だったPUBGと非常に似ており、スマホでPUBGが遊べるということで話題を集め人気TPSとなりました。2018年3月24日には世界累計2億ダウンロードを突破しています。世界的にはPUBG MOBILEの方が人気ですが、日本国内では荒野行動の方が人気が高いように見受けられます。しかしながら荒野行動は2018年4月にPUBG側からパクリだとして訴訟されていたりします。今もなお進撃の巨人とのコラボなどますます勢いを増している状況ではありますが、突然サービス終了する可能性はゼロではないかもしれませんね。

スプラトゥーン2

世界中で493万本の売上を記録したWii U専用アクションシューティングゲーム「スプラトゥーン」の第2作目になります。本作はNintendo Switch専用タイトルとして発売されており、当記事作成時点で676万本という前作をはるかにしのぐ売上を記録しています。他の3作品と違い、イカを模したキャラクターを操作してインクが出る銃を使うライトな雰囲気のゲームに仕上がっています。同時対戦人数は最大で8人までとなっています。様々なゲームモードが用意されており、いろんな楽しみ方ができるのが大きな特徴です。

FORTNITE

PC,PS4,Xbox One,Nintendo Switch,スマートフォンにて無料でプレイすることのできるアクションビルディングゲームです。最大の特徴は資材を使い壁や床を作成することができる点です。この点を活かし他作品よりも戦略性やテクニックが実力に影響してきます。2018年6月に配信されたNintendo Switch版は初日だけで200マンダウンロードを記録するなど今一番勢いのある無料ネトゲです。総プレイヤー数は2018年6月時点で1億2500万人を突破しています。要求スペックがあまり高くなく、あらゆるハードでプレイ可能な点が強みですね。

最近のゲームに思うところ

やはり最近は実況動画映えするバトルロイヤル系のFPS/TPSが人気ですね。実況映えするゲームが人気ということは一方でRPGなどの実況との相性があまり良くないゲームは売り上げが伸び悩んでいるのかもしれないですね。私は大のRPG好きなので、この現状にはなかなか思う所があります。しかしながらRPGと実況の相性は悪いですよね。実況で内容を知ったRPGをプレイするかと言われても厳しいですからね。また、RPGは長時間のプレイを求められことが多く、一戦一戦切り替わるFPS/TPSプレイヤーからしたらしんどいところがあるかもしれないですね。

この記事を作成している現在はフォートナイトが新たに台頭してきていますね。こちらもバトルロイヤル形式のTPSゲームです。PUBGのような100人サバイバル要素にマインクラフトのようなクラフト要素が組み合わさったオンラインゲームです。今後もしばらくはバトルロイヤルをベースに何か要素をプラスしたオンラインゲームが人気を獲得していくんじゃないでしょうか。今後はゲームとしてのクオリティに加え、実況映えするかどうかが売り上げにつながる大きなファクターになっていくでしょうね。

ダウンロード (14)GTA5と言えば、ニコニコ動画でもYoutubeでも実況プレイがかなり盛り上がっているゲームソフトの代表格だと思います。純粋なゲームプレイ実況動画以外にも、企画物の面白い実況動画もありますので、今回は私が面白いと思った実況者の動画をまとめてシェアしていきます。^^ 詳しくみる