大人気アクションゲームのシリーズ最新作「スーパーボンバーマンR」3Dだったりストーリーが用意されていたりこれまでのボンバーマンとは明らかに違う!?

大人気アクション「ボンバーマン」のシリーズ最新作!ボンバーマンなのに3Dで立体感のあるグラフィックや大ボリュームのストーリーモード、マス目ゲームじゃなくて自由に動き回れるボス戦まで!?ボンバーマンファンはもちろん、コラボ作品のファンにもおすすめのPCゲームです!

 

 

まずはこのオンラインゲームの公式PVをチェック!

 

スーパーボンバーマンRってどんなパソコンゲーム?概要とストーリー

 

スーパーボンバーマンRは「ボンバーマン」シリーズの最新作です。シリーズの1作ではありますが、過去作との関連はありません。むしろ今までとは違う新たな世界観となっています。

 

本作の舞台となるのは広大な宇宙です。宇宙の平和を守っているのはボンバーマン兄弟です。白ボンバーマンは他の兄弟をトレーニングに誘いますが、誰も乗り気ではありません。呆れる白ボンバーマンでしたが、そのとき悪の帝王バグラーが宇宙征服を宣言したとの通信が入りました。バグラーは凶悪ボンバー五人衆を復活させ、ヤミヤミ星系の5大惑星を占拠してしまったのです。白ボンバーマンは宇宙を救うため、他の兄弟と共に冒険の旅へ出発するという話です。

 

この凶悪ボンバー五人衆は過去作にも登場しましたが、設定は本作独自のものになっています。とはいえ過去作と共通する部分もいくつかあるため、シリーズファンにとってはニヤリとできる設定もあることでしょう。
そんな本作のジャンルはお馴染みのアクションで、子供から大人まで楽しめるゲームになっています。長年愛される「ボンバーマン」シリーズの最新作だけあって、お馴染みのキャラやモードはもちろんのこと、新たな要素も追加されています。

 

元々はNintendo Switch用ソフトとして2017年3月3日から販売されていましたが、この度2018年6月14日よりPC版も発売されることになりました。一応Switch版の移植作となりますが、PC版ならではの要素ももちろんあります。

 

メインとなるのはストーリーモード!

 

スーパーボンバーマンRのメインはストーリーモードです。悪の帝王バグラーと凶悪ボンバー五人衆を倒すため、8人のボンバーマン兄弟を操り、ストーリーを進めていくことになります。なおソロプレイだけでなく、最大2人までの協力プレイで楽しむこともできます。

ストーリーモードでは全部で6つのワールドに挑むことになります。1から5のワールドマップにはそれぞれ8つのステージが用意されています。その後に凶悪ボンバー五人衆、ボス戦と戦いが続き、1つのワールドに計10個のステージが用意されています。ただしワールド6に関してはザコ戦や凶悪ボンバー五人衆との戦いは用意されておらず、ボス戦のみの構成となっています。

基本的には爆弾を設置して戦うことになりますが、各ステージにあるアイテムを取得すると戦闘を有利に進めることも可能です。ステージのクリア条件は1つではなく、敵を全て倒したり指定のアイテムを集めたりと様々です。各ステージごとにクリア条件は設定されているため、バトルのたびに新鮮な気持ちでプレイすることができるでしょう。

プレイヤーは敵にぶつかったり、爆風を受けたりするとアウトです。残機がゼロになればゲームオーバーになるため、なるべくやられないように敵を倒す必要があります。しかも2人プレイ時は残機数を共有することになりますので、油断するとすぐゲームオーバーになってしまうかもしれません。

 

さらに各ステージには3つの難易度が用意されています。難易度が上がると残機の数も減り、ザコ敵やボスが強くなります。特にボス戦に関しては攻撃が激しくなるため、撃破するのはそう簡単ではありません。難易度はステージに挑んでいる間以外はいつでも自由に変更できるため、難しいと感じたらレベルを下げるのも良いでしょう。

 

ちなみに6つのワールドをクリアすれば、ワールド7ボンバー星が解放されます。ステージ数は優に50を超えていますので、充実したバトルを味わうことができるでしょう。

 

お馴染みのバトルモード!

 

「ボンバーマン」シリーズと言えば、プレイヤー同士の対戦、つまりバトルモードが欠かせません。スーパーボンバーマンRでも当然バトルモードは用意されています。

バトルモードでは最大8人のプレイヤーで対戦できます。ルールは単純で、自分以外のプレイヤーを爆弾で倒し、最後の1人になれば勝ちというものです。8人のプレイヤーが入り乱れるステージはまさに戦場で、油断すればすぐ足元を掬われてしまいます。自分が置いた爆弾でもやられてしまうため、最後の1人になれるよううまく立ち回ることが大事です。

 

もう1つチームマッチというルールがあり、こちらではプレイヤー同士力を合わせて対戦することになります。チーム戦になったというだけで、やることはシングルマッチ時と同様、敵チームを倒せば勝利です。
また最大8人のプレイヤーで対戦できるとはいえ、必ず人数が集まるとは限りません。ですのでCPUを頭数に入れて、対戦できるようになっています。CPUは弱い、普通、強いの3段階から強さを選ぶことが可能です。

他に勝利回数や時間制限、プレッシャーブロックやみそボンの有無、スタート地点のシャッフルや特殊能力の使用ありなど、細かいルールを決めることができます。
みそボンというのは倒されたキャラクターがステージ外から爆弾を投入できるシステムを指し、他プレイヤー、もしくはCPUを倒せば復活できます。ただし残り時間が1分を切れば、みそボンが爆弾を投げ入れることは不可能となります。

特殊能力というのはボンバーマン固有の能力のことで、通常の爆弾とは違う力を使うことができます。強力な力になっていますので、勝敗の行方を左右する要素と言えます。

 

さらに本作ではバトルステージも豊富に用意されています。それぞれ異なりギミックが用意されており、中には高低差を利用した立体的なステージも存在しています。この立体的なステージが従来のシリーズと異なる点です。ステージは追加購入できるため、多彩なバトルを味わうことができるでしょう。

 

新要素!グランプリモード!

 

スーパーボンバーマンRにはグランプリモードというコンテンツがあります。チームマッチと同様にチームに分かれて対戦するモードです。人数は1vs1、2vs2、3vs3と3種類から選択することが可能です。

まずグランプリには「ベーシックボンバー」「クリスタル」の2つのルールがあります。どちらも2チームに分かれて対戦することになり、ラウンド数は2回と定められています。1ラウンドは3分と時間も決まっており、2ラウンド終了時点での合計点数の多さで勝敗が決定します。

「ベーシックボンバー」では敵の撃破回数を競います。1人倒すと1点です。撃破回数を競うというルール上、倒されても残機が残っていれば復活することができます。残機数がゼロになれば、その時点で敗北です。

「クリスタル」ではステージ内にあるクリスタルの取得数を競います。クリスタルを1つ取れば1点増え、ミスをすれば得点は減ります。クリスタルの数は決まっているため、全てなくなればその時点で勝敗が決まります。

 

なおステージは3種類用意されていますが、「ベーシックボンバー」に関しては1種類で固定されています。

 

コラボキャラも使える

 

スーパーボンバーマンRは他ゲームとのコラボも盛んです。たとえばPC版では「PORTAL」からP-bodyボンバーが参戦しています。

本作はハドソンを吸収したコナミが販売しているゲームであるため、「ときめきメモリアル」の藤崎詩織、「グラディウス」のビックバイパー、「悪魔城ドラキュラ」のシモン・ベルモンド、「がんばれゴエモンシリーズ」のゴエモンなど多数のキャラクターがボンバーマンとして参加しています。

他にも色々なゲームをモチーフにしたキャラが登場し、それぞれ固有の特殊能力を兼ね備えています。ですので従来の「ボンバーマン」シリーズとは異なる対戦を楽しむことができます。

 

まとめ。他作品のキャラも使えるボンバーマン最新作!

 

スーパーボンバーマンRはお馴染みのバトルモードだけでなく、新要素であるグランプリモードや50を超える充実のステージ数のストーリーモードもあるシリーズ最新作であり、歴代のファンにとっては堪らないパソコンゲームであると言えるでしょう。

また、コラボキャラの数も多く、シリーズファン以外の方にも楽しめる要素があります。

 

シリーズファンは言うまでもなく、コラボ作品のファンにもおすすめできるPCオンラインゲームです!

最終更新日:2018年5月27日 (運営者情報)