「Freeman: Guerrilla Warfare」資金と仲間を集めてゲリラ勢力を組織!地域紛争を戦い抜くシューティングゲーム!

仲間と共に敵をせん滅するおすすめFPS!プレイヤーはゲリラのリーダーとなって他の勢力を叩き潰すのが目標になります。最終的には街を占拠っしたり解放軍になったりと巨大なゲリラ組織に!異様にこだわりぬかれた銃のモデリングとモーションは一見の価値あり!steamで購入できるので入手も簡単なおすすめパソコンゲームです!

 

まずはこのFPSの公式動画をご覧ください!

 

「Freeman: Guerrilla Warfare」ってどんなパソコンゲームおすすめ?

 

ゲームのジャンルの一つにFPS(ファーストパーソン・シューティング)と呼ばれるゲームの最大の特徴は、

プレイヤーが主人公目線で冒険やアクションを楽しめるのが魅力です。

 

PCで遊べるゲームが登場してからFPSは

アクション、ガンシューティング、アドベンチャーといった

様々なゲームジャンルと共に、ゲームの歴史を築いてきたと言えるでしょう。

 

そして、今回紹介する「Freeman: Guerrilla Warfare」もFPSゲームとして今注目を集めており、

ゲーム内容としてはゲリラのリーダーになって、

仲間や装備を集めて周辺のゲリラを襲撃したりします。

 

そして、資金を集めて組織を大きくしていくことで、

最終的には町を占拠したり、解放軍のような

巨大ゲリラ組織を作り上げることができるようになるシューティングゲームです。

 

このFPSおすすめを始める方法とゲーム仕様について

 

「Freeman: Guerrilla Warfare」を始める場合、

PCゲームダウンロード販売サイトのsteamから購入することで遊ぶことができます。

 

ただし、「Freeman: Guerrilla Warfare」はまだアーリーアクセス版であり、

ゲームとしてはバグが見つかったり、調整中の段階となっています。

そのため、まだ未完成の状態であることを考慮して購入を検討しましょう。

 

また、今作は日本語対応しておりませんので、

ゲーム内の字幕、吹き替え、インターフェイスは全て英語となっております。

 

「Freeman: Guerrilla Warfare」のゲームシステムなどについて

 

*こちらの内容はアーリーアクセス版の「Freeman: Guerrilla Warfare」を参考にしておりますので、

今後のアップデートによってゲーム仕様が変わり、

内容が異なってくる可能性もあるのであらかじめご容赦願います。

 

プレイヤーだけのゲリラ組織を作ろう!

 

「Freeman: Guerrilla Warfare」の目的としてはゲリラ組織を作ることです。

プレイヤーが操作する主人公は奴隷の身分であったものの、

たまたま拾った銃を使って逃亡して仲間と資金を集め、

地域紛争の世界でゲリラ組織を結成することとなります。

 

そして、最終的には巨大なゲリラ組織を作り、

他の4つある勢力を全て叩き潰すのが目標となります。

 

しかし、装備も貧弱なまま他の勢力に喧嘩を売ったりしても勝てるわけがありませんので、

まずは共に戦う仲間を集めます。

そして組織を運営するためにもお金が必要になるので資金も調達しましょう。

 

そして、拠点を制圧したりして徐々にゲリラ組織を大きくしてから、

他の勢力に戦いを挑んでいきましょう。

 

組織を大きくするためには?

 

逃亡して奴隷からで自由の身になったとはいえ、

プレイヤーが操作する主人公はスーパーヒーローでも何でもありませんので、

複数の敵を相手にガンガンなぎ倒していくような戦い方はできません。

 

また、敵の勢力は初期状態だととても太刀打ちすることはできませんので、

まずは自分のゲリラ組織を大きくすることから始めましょう。

 

フィールドには各勢力の拠点があり、

その勢力と敵対中でなければ買い物などをしたりすることができるようになります。

買い物をして新しい武器を仕入れたり、

さらに戦力となる仲間を雇うといった活動を行うことができます。

 

そして、少しずつ自分の組織を大きくしていき、

各勢力と戦えそうな戦力を整えることができれば進軍して勢力を攻めていきましょう。

 

敵を倒して資金集めとレベルアップ!

 

「Freeman: Guerrilla Warfare」におけるゲリラ運営に必須なのは

共に戦う仲間、武器などの装備、ではありますが、

それらを揃えたりするためにはまずお金が必須です。

 

強力なゲリラを組織するためにも資金が必要となりますので、

始めの内はフィールドにいる「Bandit」を倒して資金を稼ぎましょう。

 

また、敵を倒しているとキャラクターがレベルアップして、

HPや攻撃力等がアップしていくようになっていますので、

まずは力をつけることが重要です。

 

キャラクター育成における「Attributes(属性)」とスキルについて

 

「Attributes(属性)」と「スキル」はキャラクターの成長方針を決めるステータス的な要素です。

基礎となる「Attributes」には

Dexterity(器用)、Intelligence(知性)

三つの属性値があり、以下のような役割を持っています

 

Constitution

 

1ポイント上げるごとにHPが5増えて、戦闘で死ににくくなります。

力強さを象徴するConstitution関係のスキルには

キャラクターの生存率などを上げるスキルが揃っています。

 

例として「Armorer」であれば装備するアーマーの性能がアップするので

より固いキャラクターになるでしょう。

 

さらに「Inventory」は所持できるアイテムのスロットを拡張するので

より多くのアイテムを持ち運べるようになり、

 

「Running」ならばダッシュ速度とスタミナが上昇して息切れしにくくなり、

より長い距離を走ることができるようになります。

 

Dexterity

 

器用さを上げることで銃火器のダメージが上がり、

より多くのダメージを敵に与えられるようになります。

 

Dexterity関係のスキルは基本的に銃ごとのリコイル低減、ダメージ増加系のスキルが多く、

得意な武器のスキルを上げていくことでより武器が扱いやすくなります。

 

また、爆発物の威力を増加させるスキルもありますので、

広範囲により大きなダメージを与えられるようにもなります。

 

 

Intelligence

 

知性を上げることで経験値にボーナスが付くようになりますので、

より早くレベルアップをしていくことができるようになります。

 

また、スキルに割り振るためのスキルポイントもゲットできるので、

強力なスキルをゲットするためにもある程度は割り振る必要があります。

 

Intelligence関係のスキルには回復系アイテムの効果をアップさせるものや、

味方の分隊数を増やしたり、取引で有利になるなど、

直接戦闘には関係ない物ではありますがゲームを有利に進めるスキルが揃います。

 

戦術マップも駆使して戦おう

 

このFPSではプレイヤー1人でワンマンアーミーのようなプレイをするのは難しいので、

一緒に戦う味方の存在はありがたいものです。

 

特に大きな勢力を相手にする場合であれば、

一緒に戦う仲間を連れて行くことで戦闘をより有利に戦うことができます。

 

味方分隊への指示は戦術マップを使用することで、

「敵を発見したらすぐに撃つ」「プレイヤーに随伴」といった色んな指示を出せます。

 

プレイヤーのスキルや組織が大きくなればより強力な分隊を指揮することができますので、

大きな勢力が相手でも十分に勝機が見えてくることでしょう。

 

未完成ながらも評価点が多いパソコンゲーム!

 

「Freeman: Guerrilla Warfare」はまだアーリーアクセス版なので

未完成な部分が多くありますが、

銃やリロードの動きが尋常じゃなく良くできているなど評価できる点も多くあります。

 

また、ゲームのアップデートも頻繁に行われておりますので、

正式なリリースが待ち遠しいおすすめFPSと言えるでしょう。