「ICEY」美少女で爽快なバトルが楽しめる2Dアクションゲームおすすめ!二面性のある物語が楽しめるパソコンゲーム!

メタ要素が多いことでも注目を集めたパソコンゲームです。ゲーム内に登場するナレーターの指示に反応するかどうかで見えてくる物語が変化していきます。2018年も注目なPCゲームです。若干のホラー要素を感じる可能性もあります。美少女キャラが好きな方にもおすすめです。ゲームスピードが速く、爽快感のある2Dアクションゲームおすすめです。

 

パソコンゲームのトレーラー映像はこちら!

メタ要素が豊富な2Dアクションゲームおすすめ!

『ICEY』は3Dモデルのかわいいキャラクターによる2Dアクションゲームです。

美少女の姿をしたキャラクターである女主人公の「ICEY」が縦横無尽に暴れまわります。

 

ですがその真のゲーム性は人気パソコンゲームである

『The Stanley Parable』的なメタ要素にあると言えるでしょう。

 

メタという要素は劇薬なのでゲーム性を崩壊させかねないものなのですが、

巧妙に取り入れることに成功しています。

2018年も注目のPCゲームおすすめです。

記憶をなくした少女”ICEY”

本作の女主人公である「ICEY」は崩壊した研究所のようなところで目を覚まします。

彼女に過去の記憶は無く、ただ敵の「Judas」を倒す事だけが彼女の使命なのです。

 

壊滅を招いた「Judas」を倒すための彼女の冒険がいま始まります。

世界観は近未来的で「ICEY」自身もロボットのような姿をし、敵もロボットです。

 

一体「Judas」が何を目的としてこの世界を崩壊させたのかは分かりませんし

「ICEY」自身がどのような過去を抱いているのかも分かりません。

 

「ICEY」が「Judas」を倒すために敵を打ち倒していく、

というのがこのパソコンゲームの中心に据えられたストーリーとなります。

アクション要素の紹介

この2Dアクションゲームおすすめでの基本的なアクションは以下のようになります。

 

アクション一覧

ジャンプ

ノーマルアタック
ヘビーアタック
ダッシュ

 

これらを組み合わせて移動し攻撃をしていくわけですが、

一般的なアクションゲームと考えて間違いありません。

 

ノーマルアタックとヘビーアタックを組み合わせてコンボをしつつ戦っていくのです。

なおゲームスピードは早めとなっています。

また、以下のような特殊行動についてもチェックしておきましょう。

ダッシュ中の強烈な攻撃

フィニッシュムーブ
エナジークリスタルを集めて放つ

 

ダッシュ中に攻撃を繰り出すことで強烈なダメージを敵に与えることができます。

また、フィニッシュムーブで敵を仕留めればICEYのシールドを回復することができるでしょう。

 

また、フィールド上にエメラルド色のエナジークリスタルがある場合、

これを集めて放つことでも強い攻撃を繰り出すことができます。

これらの特殊な攻撃方法も覚えておけばピンチを切り抜けられるかもしれません。

シールドが剥がされると危険

ICEYにはHPシールドがあります。

敵の攻撃を受けるとシールドが落ちていく仕様となっています。

 

全てのシールドが剥がされた状態で攻撃を受けると

HPに大きなダメージが入ってしまうという具合です。

そのためできるだけ敵はシールドを回復できるフィニッシュムーブで倒すと良いでしょう。

 

またダッシュ強力な回避行動にもなるので頻繁に使っていくと敵の攻撃を受けずにすみます。

ゲームスピードの早さも相まって

ダッシュを組み合わせて戦っていくと爽快なゲームプレイになるはずです。

 

敵の中にはシールドを保有しているものもいます。

シールドが貼られているとこちらの攻撃が通らなくなるので

ヘビーアタックで剥がしていきましょう。

 

シールドを剥がすと隙ができるのでその間に強力な攻撃を叩き込むのです。

なおこうした敵の攻撃は強力ですが、攻撃の予備動作をする際に「!」マークが表示されるので

すかさずダッシュするようにすれば上手く回避できるでしょう。

コンボは買って手に入れる

このPCゲームおすすめにはコンボ要素が含まれているのですが、

これは道中に存在するガイドロボット的な存在にアクセスすることで手に入れることができます。

 

コンボにはそれぞれ値段がついていて、

ステージ道中で手に入れるお金を消費して買えるのです。

 

コンボの数は多く、またレベルも設定されているので強化したいコンボを集中して取得するか

全体的に取得していくのかもプレイヤー次第となっています。

最終的にICEYにどのような技能を身につけさせるのかを考えながらプレイするのも面白いでしょう。

ナレーターの存在がゲームの見え方に変化を生む!

ゲームが進行するとナレーターがICEYの行動を述べるようになります。

いわく「ICEYは静かな丘に辿り着いた。湖の光に照らされて彼女は落ち着いている」

といった事が述べられるのです。

 

なお音声は中国語、字幕は英語となります。

残念ながら2017年11月時点では日本語非対応となっています。

 

このナレーター、しきりにステージに表示される矢印の方向に進むよう語りかけてきます。

まるで矢印以外の方向に進むことを望んでいないかのようにナレーションするのです。

 

ですが「やるなと言われるとやりたくなる」という心理に従い

ナレーションの逆の行動をしようとすると、本作の別の側面が段々とあらわになってきます。

 

「ICEY」という主人公の物語ではなく、

パソコンゲーム『ICEY』を巡る物語が見えてくるようになるのです。

メタ要素が垣間見せる混乱とホラーの世界

フィクションの世界「あちら側」「こちら側」の世界が

それぞれ分断しているという前提をもって描かれるものです。

 

例えば、異世界を舞台としたファンタジー作品で

切った張ったの大騒ぎをしていても私達は自然に楽しむ事ができます。

 

もちろん作者は居るのかもしれませんが

雲の上の人物であり直接目の当たりにすることもそうある訳ではありません。

もし目の前に作者が居たとしてもどこか真実味の無い印象を受けるはずです。

ですが、もしそうしたフィクションの境界が壊れたらどうなるでしょうか。

人間と言う生々しい存在が作品を作っているということを

ありありと自覚させられたら、最早その物語の境界は崩壊します。

 

そうした経験を経た後で物語を見ると、

それはもう「あちら側」と「こちら側」という単純な図式にはありません。

 

作者の意識と渾然一体となった、混乱した世界が広がるのです。

そして作者が深刻な状況であればあるほど消費者側は影響を受けます。

 

詳しくは言わないですがフィクションとの境界が曖昧になったとき、

この2Dアクションゲームおすすめシリアスなホラー作品となるでしょう。

 

「一体自分は何をプレイしているのか」という疑問を持ちながら

「ICEY」を操作することにいたたまれない感覚を抱くかもしれません。

メタ要素の中に新たな面を見せたPCゲーム!

同じようにナレーターが登場するメタ要素に特化したネトゲもありました。

ですがあくまでメタ要素に特化したため、

ゲーム性自体は非常にシンプルなアドベンチャー形式的なものだったりします。

 

それに比べてパソコンゲームの『ICEY』は

アクションゲームとしてもしっかりと楽しめるよう作られています。

 

そしてその作り込みの高さがまたメタ要素を強力なものとしているのです。

『The Stanley Parable』を筆頭とするメタ要素を含んだゲームジャンルにおいて、

本作は新たな方向性を見せ付けたPCゲームと言えるでしょう。

アクションもメタも楽しめる作りのPCゲームおすすめ!

『ICEY』はスタイリッシュな2Dアクションゲームおすすめであり、

メタ要素を多分に含んだユニークなパソコンゲームでもあります。

 

解釈の分かれるところとなりますが、

メタ要素は考えれば考えるほどホラーと言うことができるでしょう。

 

ナレーターに逆らい見えてくる裏側を踏まえた上でプレイするゲームは怖ろしいものになります。

アクションとしてもメタ作品としても秀逸であり2018年の動向も期待が集まるPCゲームです。

最終更新日:2018年2月8日 (運営者情報)