「Planet Coaster」自分だけのテーマパークが作れる、経営シミュレーションゲーム!ジェットコースターも、観覧車も自分の思い通りに作れる夢いっぱいのパソコンゲームです!

自分だけの遊園地を作っていく、遊園地経営シミュレーションゲーム!2017.2には日本語にも対応し、よりプレイしやすい環境となりました!ジェットコースターや、観覧車、ゴーカートなど自分の好きなアトラクションをリアルに自由に作れ!

 

まずはこのオンラインゲームの公式トレーラーをご覧ください!

 

Planet CoasterってどんなPCゲーム?

 

Planet Coasterは、2016年11月に発売されたFrontier Developmentsが提供する

テーマパーク経営シュミレーションゲームです。

対応しているOSは、Windows7/8.1/10の64bitです。

現在steamにて配信されています。

 

Planet Coasterで行うことは、

プレイヤーが自分だけの理想のテーマパークを創りだして運営することです。

 

なんだか、それだけでもわくわくしてきませんか?

テーマパークを創るというのは、ありそうでなかったPCゲームですよね。

 

そんな魅力あふれるシミュレーションゲーム「Planet Coaster」では、

さまざまな施設や乗り物を自分の好きなように配置することができ、

それによって自分だけのオリジナルテーマパークを創りだしていきます。

 

完成したテーマパークは、steam Workshopで公開することによって

自分以外ののプレイヤーたちにも遊びに来てもらうことができます。

 

Planet Coasterが2017年2月からついに日本語対応が開始されました!

 

今までは、Planet Coasterを遊びはじめるときに最初にぶつかる壁が、言語でした。

それまでは、日本語での対応がなかったため英語で表記されている

ホームページやゲーム内容を理解するのが大変でした。

 

日本語化する時にも日本語パッチを使って手作業で行う必要がありました。

しかし、ついに日本語対応が開始となり、敷居が低くなったように感じます。

これなら、友達に紹介する時も安心ですよね!

 

初心者から慣れたゲーマーまで!選べる3つのゲームモード

 

Planet Coasterには、3種類のゲームプレイモードが用意されています。

 

Career(キャリア)モード

キャリアモードは、ある程度作られている状態のテーマパークからスタートすることができます。

シナリオが作られたモードで、用意されている目標を達成していくことでゲームを進めていきます。

 

 

Sandbox(サンドボックス)モード

サンドボックスモードは、自由にテーマパークを創造することができるゲームモードです。

特徴は、お金という制限にとらわれないで、自由にテーマパークの作成ができることです。

クラフトゲームが好きな人にはたまらないバカゲーだといえるでしょう。

 

お金に制限がないので、好きなだけアトラクションを創ることができます。

これなら、初心者の方にも好きなだけ遊んでいただくことができますね。

 

 

Challenge(チャレンジ)モード

チャレンジモードは、どちらかというと、

経営シミュレーションゲームに慣れている方におすすめのゲームモードです。

 

なぜかというと、テーマパークを経営するという目的は同じですが、お金に制限があります。

つまり、お金がなくなってしまうという可能性がつきまとうので、

自由にアトラクションを創ることができなくなります。

 

お金を稼いで、リアルにテーマパークをつくることが、

このゲームモードの目的となり、かなりシビアです。

 

 

Planet Coasterは、この3つのゲームモードから選んでプレイすることができるので、

老若男女・初心者からマニアまで幅広い年代で楽しむことができるシミュレーションゲームです。

 

美しくて魅力的な3D映像

 

PCで遊ぶゲームということから、ビジュアル面が不安という方もいるかもしれませんが、

そんなことはありません。

Planet Coasterでは、最新版Cobra Engineが使われています。

 

そのため、映像はかなりきれいで繊細な3D映像となっています。

細部までこだわられた細かい作りの3D映像は、

まるで本当にテーマパークで遊んでいるかのような気分を味わうことができるほど、

まさに期待以上の高グラフィックです。

 

本当にテーマパークを運営しているかのような気分を味わうことができるんです。

 

つくることができるライド・アトラクションや建物

 

Planet Coasterのメインの乗り物とも呼べるライド・アトラクションには3つの種類があります。

「コースタータイプ」「トラックライドタイプ」「ライドタイプ」です。

 

メインはやはりコースタータイプでしょう。コースターは、全部で28種類の中から選ぶことができます。

種類は、スチール製のsteel Coasters、ハイブリッドのHybrid Coasters、

木製のWooden Coastersの3種類です。

 

これが、とても出来がよく本物のコースターそのものに作ることができますよ。

憧れの超ロングコースターも頑張れば作れてしまいます。

 

次のトラックライドは、コースに沿って走るゴーカートが当てはまります。

 

 

トラックライドも3種類から選ぶことができます。

 

お客さまを輸送する目的の輸送ライド、ゴーカートのような自走式ライド。

そしてウォータースライダーのようなウォーターライドです。

広いテーマパークを創るなら、このライドも欠かせませんね。

 

 

最後に、メリーゴーランドやコーヒーカップといったテーマパークの定番の乗り物はライドタイプに当てはまります。

他にもフードショップやドリンクショップという、

本当にテーマパークにあるようなショップをつくることもできるんです。

 

まるで夢のようなPCゲームですよね。だんだん遊んでみたくなってきたのではないでしょうか。

テーマパークに遊びにいくのもいいですが、自分だけのテーマパークづくりも、

是非試してみてはいかがでしょうか。

 

このPCゲームの基本情報

タイトルPlanet Coaster
ジャンルビルディングシミュレーション
開発元Frontier Developments
パブリッシャーFrontier Developments
リリース日2016年11月18日
料金4,580円(通常版)
日本語対応
オンライン対応
OSWindows

スペック/動作環境(Windows)

必須環境推奨環境
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 (SP1+)/8.1/10 64bit
プロセッサー: Intel i5-2300/AMD FX-4300
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: nVidia GTX 560 (2GB)/AMD Radeon 7850 (2GB)
DirectX: Version 11
ストレージ: 8 GB 利用可能
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 (SP1+)/8.1/10 64bit
プロセッサー: Intel i7-4770/AMD FX-8350
メモリー: 12 GB RAM
グラフィック: nVidia GTX 980 (4GB)/AMD R9 380 (4GB)
DirectX: Version 11
ストレージ: 8 GB 利用可能

このPCゲームのレビュー(引用元:Steamカスタマーレビュー)

おすすめ・高評価の口コミ

作ってよし、遊んでよしの一本
さあ気楽に開園してくだされー!

まずクラフトゲーとして良作
コースターはもちろん、建物や装飾や地形まで自由気ままにカスタマイズ出来る!
しかもクラフトがめどい人でも、完成品のの施設や、Workshopに投降された数万の施設を
テキトーに並べるだけでもオリジナルパークが作れる!
アンドぅ・リドゥ機能や建物を設計図にセーブする機能もあり、失敗しても大丈夫!

経営シムとしてはごく普通
パークを拡大する→評価が上がる→客が増える→利益アップ→稼いだ金でパークを拡大…
これを客多すぎで(CPUが)破綻するまで繰り返すのみ

不満と期待
建材毎のパーツ種類数に差異があるのがちょっと気になるところ
今後はアプデやDLCで穴埋めをしてくれるとうれしい
それと装飾品の一部ももっと増えてほしい
特にクラフトではどうしょうもないアニマトロ二クスや、抜けの多い看板類!

さて、4パーク目はどんな遊園地を作ろうかな

低評価の口コミ

映像もとてもきれいで楽しそうなゲームです。
ただ致命的に操作が難しいと思います。
操作に慣れるまで頑張れるか…って考えると正直微妙な気がしました