「Gloria Victis」ド派手なアクションゲームが多い中、シンプルでリアルなアクションが楽しめる話題のアクションゲーム!質実剛健を売りにしているオンラインゲーム!

中世欧州なローファンタジー世界を舞台とするMMORPG『Gloria Victis』。昨今のゲーム業界の流行である派手なモーションやエフェクト、必殺技といった要素をなくし、ひたすらにリアルを追求している本作は地道にゆっくりとプレイしていきたい人におすすめのオンラインゲームです!

 

まずはこのおすすめRPGの公式動画をご覧ください!

 

今だと珍しい質実剛健なオンラインゲーム

 

かつてMMORPGというと

『ウルティマオンライン』を始めとした無骨な雰囲気の漂う世界が主流でしたが、

日本ではよりセクシーだったりかわいいキャラクターを採用する作品が多くなりました。

 

ゲーム性もより快適に分かりやすいものが増え、

中にはほぼ自動でレベルの上がるものも見られるようになっています。

そんな状況に一石を投じるのが本作『Gloria Victis』なのです。

 

『Gloria Victis』の世界は正に質実剛健で無骨なものとなっています。

1つ1つやるべきことを確認して地道に1から生活を作り上げていく、そんな作品といえるでしょう。

 

なおこのネトゲはSteamで1,890円で発売中ですが

早期アクセスバージョンであることには注意しておく必要があります。

 

順調ではなかったスタート

 

本作は2012年11月2日にクラウドファンディングサイトのKickstarterにて出資を募り、

同年12月5日にプロジェクト不成立という形で締め切られています。

 

6万ユーロ(2018年4月のレートで約790万円)をゴールとしていましたが

結果的には21,283ユーロ(約279万円)までしか達成できませんでした。

目標額には到底及んでいないわけですから開発資金的には苦しい状況といえるでしょう。

 

そして2016年に早期アクセスバージョンとしてSteamに登場してから

2018年4月時点においても未だ早期アクセスの状態となっています。

 

2012年に出資を募ってから6年経過する形になりますが

未だ完成には到っていないところをみると、長い目で見守るべき作品といえるかもしれません。

今だと珍しい?ローファンタジーな世界のおすすめRPG

 

このネトゲの舞台は中世欧州をモデルとした架空の世界となります。

基本的には現実に即した装備やNPCが登場なのですが、

モンスターが敵として現れたりとファンタジー要素もいくらか取り入れられている形です。

 

といってもベースはあくまでもリアルであってファンタジーではありません。

こうした作品は「ローファンタジー」と呼ばれています。

あくまでもローファンタジーなのでリアル志向な感覚でゲームをプレイすることができるでしょう。

 

豪奢な羽を装備したり妙な形をした剣が高性能といった

ファンタジー要素に疲れ果てた方はプレイしやすいはずです。

ファンタジー要素としてはゴブリンやスケルトンが出てくるといった程度となっています。

ノンターゲットかつすっきりしたUI

 

MMORPGの中には画面が装飾でごちゃごちゃしたものも存在しますが、

このオンラインゲームの画面構成はシンプルなものに仕上がっています

必要最低限の情報のみを表示しており、目の前の操作にのみ集中することができるでしょう。

 

また戦闘はノンターゲット方式となっています。

ノンタゲはターゲット方式よりも不便で攻撃を敵に当てにくくなります。

ですが臨場感や独特の雰囲気を盛り上げてくれる方式ともいえるでしょう。

 

こちらが攻撃しようとしているところをヒョイと微妙な動きで避けられたり、

逆にこちらも敵の攻撃を避けることができるはずです。

繊細な操作が必要とされるため自然と手に汗握る戦闘を楽しむことができるかもしれません。

 

また戦闘時には派手なエフェクトが出るわけでも派手なスキルが使えるわけではありません。

基本動作を繰り返しながら徐々に相手にダメージを与えていくような形となっています。

正に質実剛健な戦いとなるはずです。

戦闘ではスタミナの量に注意

 

Fキーを押すことで戦闘モードになることができます。

すると画面下部に赤いバーと黄色いバーが表示されるはずです。

赤いバーは体力、黄色いバーはスタミナを示しています。

 

スタミナは攻撃や走り、泳ぎやブロッキングなど様々な行動で消費し、

これを回復するにはゆっくり動くか立ったまま動かないようにする必要があります。

 

そのため攻撃し続けてしまうとスタミナが

あっという間に尽きてしまうため管理しながら戦わなければいけません。

 

攻撃時には攻撃を溜めることができ、

これは攻撃力の段階を示すメーターで表現されてます。

メーターは緑・黄・赤に色分けされているのですが、

溜めるほどにより攻撃力の強い赤色を指すようになる形です。

 

余裕がある場合は積極的に溜め攻撃を狙ってみると良いかもしれません。

3つの国から1つを選ぼう

 

プレイヤーはこの世界に存在する3つの国のうちどれか1つに属することになり、

これはキャラクターメイキング時に選ぶ事ができます。

それぞれの国についてみておきましょう。

 

The Midlanders
所属するのは島の東側に存在する家父長主義と封建主義が混在した国Midland。

勢力の色は赤。

人々は名誉を重んじフェンシングやアーチェリー、乗馬と親しんでいます。

南の国家The Azebと敵対しており過去には自国の都市を奪われたこともありました。

 

The Ismirs
所属するのは島の西側に存在するNordheim。

勢力の色は青。

戦争によって栄えたため鍛冶や鎧の製造が得意。

バイキングのように髭を編み込み厳しいツンドラの土地に住んでいます。

筋骨隆々な体つきをしているため両手武器を扱いやすく

また彼らは恐れを知らない心をもっているのです。

 

The Azeb
所属するのは島の南側に存在するAzebia帝国。

勢力の色は黄色。

イスラム系の文化をモデルとしているためか

男性は白衣に身を包み豊かな髭を蓄えています。

人々は太陽と砂にまみれた土地で生活を続けている状況です。

MidlandersやIsmirと異なり機敏で、軽量な装備を好んでいます。

 

一言でいうなら「Midlandersは騎士IsmirはバイキングAzebはイスラム系」といえるでしょう。

MMORPGの世界にイスラム系のキャラクターが存在するのは少し珍しいかもしれません。

収集・クラフトの職業は限定されない

 

このおすすめRPGでは収集やクラフト系の職業が存在しますが、

どれもレベル100まで上げることができます。

 

素材の収集に関連する「Forestry, and Farming」

収穫の際に重要となる「Engineering」

それから鉱石を集めるときに必要な「Metallurgy, and Mining」といった

収集系の職業をまず上げるのも良いでしょう。

 

もちろん錬金術師な「Alchemy」

アクセサリーを作る「Artificing」といった

クラフト系のレベルを上げればそれだけ高性能な装備を作り出すことができるはずです。

 

長い時間がかかりますが全てをマスターすることもできるでしょう。

シンプルだからこそ奥深いオンラインゲーム

『Gloria Victis』はシンプルなMMORPGです。

特にヴィジュアルが優れているわけでも世界設定が複雑というわけでもありません。

 

ただシンプルで質実剛健な作りとなっており、

純粋にMMORPGを楽しむことができる作品といえるでしょう。

近年のネトゲでしばしば見られる美麗な装飾や

演出に疲れた方はこのおすすめRPGをプレイしてみると良いかもしれません。

最終更新日:2018年4月17日 (運営者情報)