「The Elder Scrolls V: Skyrim」世界中で圧倒的な支持を受ける人気オンラインオープンワールドRPG!最高に自由な世界を君はどう遊び尽くす・・・?

世界中で愛されるオンラインオープンワールドRPGの先駆者的作品!
自由度の高い世界で自分のやりたいようにプレイできるこのネトゲは、プレイする人それぞれで違う楽しみ方を見つけることができることでしょう・・・!(PC版はSteamより配信!)

 

 

まずはこのオンラインゲームの動画をごらんください!

 

革新的なオンラインRPG

 

The Elder Scrolls V: Skyrim(通称スカイリム)はオープンワールドRPGの元祖・古参ゲームと言えるでしょう。発売日の2011年から数年経過した現在でもプレイしているユーザーが多く存在しており、いまだに人気オンラインゲームと言えると思います。(それだけ前にサービス開始したオンラインゲームで現在も過疎ってないゲームってどれだけあるでしょう。)

ダークファンタジーな世界観に加えて、プレイヤーも敵の動作も非常にリアルなことから、プレイしていてこの世界観に引き込まれてしまうことかと思います。

ちなみに、同様のオンラインゲームではダークソールなどがあるかと思いますが、比較するとダークソウルほど、長時間プレイする必要はないかなという気はしています。ただ基本的にはMMORPGということもあってやり込み系ですので、それなりに極めようと思えば、どちらも相当な時間を要するネトゲと言えるでしょう。

 

自由な冒険がオープンワールドの世界でできるほか、屈強な戦士を目指すためにあらゆる場所を冒険し、敵を倒し、レベルアップを目指していける。「MMOはやり込むもの」というイメージ通りのオンラインゲームかなと思いますね。

逆に初心者プレイヤーさん、ライトユーザーさんの場合、極めるところまで行くことは難しいものの、一応メインシナリオを進めていけば、十分にライトユーザーも楽しむことはできるかなと思います。(ただ、やっぱりライトユーザー向きではないかもです…)

 

とにもかくにも自由な冒険ができる

 

オープンワールドRPGとはどういうものかというと、ほぼ自由に行動できるRPGということです。

普通のRPGの場合は「魔物を倒してくれ」という依頼があり

「魔物を倒すには東の祠にある剣が必要」ということがわかり

「剣を取るには封印を解かなければいけない」といったように

「やる事」が分かりやすく示されるものです。

 

そしてそのやる事を順次やっていけば物語が進んでいきます。

ところがスカイリムでは次第に「えーと…どうすりゃいいんだろ…」となるかもしれません。

 

スカイリムにもメインとなるクエストは存在しています。

それを進めれば物語が進行し、やがてボスを倒すことになるでしょう。

ですがそれ以外のサブクエストが無数にあり、サブクエストを進行している途中でもサブクエストが見つかるほどです。

さらに移動制限が存在しないため、プレイヤーはどこにでも行くことができます。

初期位置に最も近い町を無視し、

山を越え森を抜け明らかに敵のレベルが高い地域へと足を踏み入れることも可能なのです。

 

オープンワールドRPGの特徴は、こうした自由さにあります。

通常のRPGで見られる「○○を倒すまで行けない地域」というものはありません。

 

どこで何をしても良いのです。1日中狩りをするのも良いですし、薪割りに命をかけても構いません。

極端な話、メインクエストに興味が無ければ進めなくても良いのです。

 

楽しめる要素が豊富

 

スカイリムは1つの独立した世界です。

歴史と文化があり、人々は一定の周期で生活を営んでいます。

そのため各所で神話を記した書物や歴史書を読むことができるでしょう。

それも簡単な短文ではなく、1つの読み物としてスカイリムの世界内に存在しているのです。

 

 

廃墟や街中には様々なオブジェクトが配置されています。

骨やボロボロの本、クモの卵からカゴからバケツからスプーンまで色々なものが存在しているのです。

そして必ずしもこれらのアイテムに使い道があるわけではありません。

ゲーム進行には何にも寄与しないでしょう。

 

ですがこの世界に住んでいる人々にとっては必要なものと言えます。

バケツで水を汲み、スプーンでスープを飲んでいるのかもしれません。

プレイヤーはあくまで世界の1部であり、世界の中心では無いのです。

 

スカイリムという世界の中で冒険をする1人の冒険者こそプレイヤーなのであり、

そのためプレイヤーの役に立たないアイテムというのも存在するべきと言えます。

スカイリムというのはプレイヤーありきの世界ではなく、ただ単にスカイリムという世界があるのです。

 

サブクエストの種類も豊富すぎるほど豊富となっています。

例えばメインクエストを進めている途中でサブクエストを受諾し、

そのサブクエストをこなしている間にまたサブクエストを受諾するということも有り得ることです。

 

そうしてサブクエストを消化していると

「あれ!?メインクエストで何やんだっけ!?」と本来の目的を思い出すことがあります。

このときにサブクエストを一旦中断するも、メインクエストのことを忘れるのもプレイヤーの自由です。

 

無数のMODを導入すればさらに楽しめる

 

スカイリムにはMODという外部プログラムを拡張するように取り付けることができます。

これは世界各地のプレイヤーが自ら作成しているものがほとんどで、その種類は数限りなく存在している状況です。

MODにはキャラクターメイキングの自由度を広げたりNPCの外見を変える、

敵や魔法を追加するといった様々なものがあります。

 

発売から年月が経過していても支持を得ている理由の一つに

の大量のMODの存在が大きく影響を与えていると言えるでしょう。

 

自由を楽しみたいならスカイリム

 

何にも、誰にも束縛を受けずに別世界で冒険をしたいのならスカイリムをプレイすると良いでしょう。

他のゲームでは体験できないような自由さを味わうことができるはずです。

また、メインクエスト自体も面白いので普通に進行しクリアするのも悪くありません。

 

ピッキングの達人になって世界中の鍵と言う鍵を開けるのも良いですし、

NPCをひたすら倒す悪魔のような遊び方もできます。

ひたすら街を避ける修験者になっても構いません。

1つのスカイリムという独立した世界で自由に遊んでみましょう。

 

このPCゲームの基本情報

タイトルThe Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition
ジャンルRPG,オープンワールド
開発元Bethesda Game Studios
パブリッシャーBethesda Softworks
リリース日2016年10月28日
料金4,200円(通常版)
日本語対応
オンライン非対応
OSWindows

スペック/動作環境(Windows)

必須環境推奨環境
OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit Version)
プロセッサー: Intel i5-750/AMD Phenom II X4-945
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 470 1GB /AMD HD 7870 2GB
ストレージ: 12 GB 利用可能
OS: Windows 7/8.1/10 (64-bit Version)
プロセッサー: Intel i5-2400/AMD FX-8320
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 780 3GB /AMD R9 290 4GB
ストレージ: 12 GB 利用可能

このPCゲームのレビュー(引用元:Steamカスタマーレビュー)

おすすめ・高評価の口コミ

「自由なロールプレイができる」ところが一番の醍醐味ですね。
あとは、ゲーム内に登場する「書籍」の数が半端なく多いので、「長文読解たーのしー!」な人も遊んでみるといいんじゃないですかね。ちょっと読みづらいけど。

低評価の口コミ

ゲームがまったく起動しない。
環境によるものなのかと思って予備のPCにもいれて確認したけど現象同じく。