先日2018年8月29日にマビノギ英雄伝のサービスが終了しましたよね。これがきっかけで少し感傷的になってしまい、昔から続いているオンラインゲームの現在が気になってきたのでこのようなコラムを書いています。ということで、サービス開始から10年以上続いているオンラインゲームを少し調べてみました。今回は国内でプレイ可能なMMORPGを中心に紹介していきます。

サービス開始から10年以上続いている人気オンラインゲームをリストアップ!

タイトル サービス開始 稼働年数 運営
ウルティマオンライン 1997年10月 20年 Broadsword Online Games
GODIUS 2002年2月 16年 Vector
リネージュ1 2002年2月 16年 エヌ・シー・ジャパン
プリストンテール 2002年9月 15年 アラリオ
ファイナルファンタジー11 2002年11月 15年 スクウェア・エニックス
ラグナロクオンライン 2002年12月 15年 ガンホー
天上碑 2003年3月 15年 ゲームオン
eve online 2003年5月 15年 CCP Games
信長の野望オンライン 2003年6月 15年 コーエーテクモゲームス
女神幻想ダイナスティア 2003年7月 15年 シークレットガーデン
眠らない大陸クロノス 2003年10月 14年 ゲームオン
メイプルストーリー 2003年12月 14年 ネクソン
ミュー 奇蹟の大地 2004年2月 14年 Webzen Japan
ナイトオンライン 2004年5月 14年 エムゲームジャパン
リネージュ2 2004年6月 14年 エヌ・シー・ジャパン
テイルズウィーバー 2004年9月 13年 ネクソン
World of Warcraft 2004年11月 13年 Vivendi Games
レッドストーン 2005年1月 13年 ゲームオン
大航海時代オンライン 2005年3月 13年 コーエーテクモゲームス
マスターオブエピック 2005年4月 13年 ウィローエンターテイメント
マビノギ 2005年4月 13年 ネクソン
ローズオンライン 2005年7月 13年 SeedC
シルクロードレボリューション 2005年12月 12年 WeMade Online
鋼鉄戦記C21 2006年3月 12年 サイバーステップ
君主オンライン 2006年3月 12年 Valofe
グラナドエスパダ 2006年7月 12年 ハンビットユビキタスエンターテインメント
アラド戦記 2006年9月 11年 ネクソン
ROHAN 2006年11月 11年 WeMade Online
CABAL ONLINE 2006年11月 11年 ESTsoft
ファンタジーアース ゼロ 2006年12月 11年 スクウェア・エニックス
Angel Love Online 2006年12月 11年 USERJOY JAPAN
チョコットランド 2007年2月 11年 ハンゲーム
ゲットアンプドX 2008年11月 11年 サイバーステップ
パーフェクトワールド -完美世界- 2007年4月 11年 シーアンドシーメディア
トキメキファンタジー ラテール 2007年4月 11年 HappyTuk
モンスターハンター フロンティア 2007年7月 11年 カプコン
サドンアタック 2007年7月 11年 ネクソン
ドリフトシティ・エボリューション 2008年4月 10年 アラリオ
真三國無双Online 2008年7月 10年 コーエーテクモゲームス

 

このような結果となりました。抜けているオンラインゲームがあったら申し訳ありません。こうして見るとやはりネクソンのオンラインゲームが多いように感じますね。メイプルストーリーからマビノギあたりは筆者もテレビCMなどで頻繁に見ていたイメージがありますね。

他にもコーエーテクモゲームスのオンラインゲームも3作品リストアップされているのは見逃せないですね。どのネトゲも長く愛されているシリーズタイトルですので、プロモーションや展開が上手いのかもしれませんね。

スクエニやカプコンなどの大手ゲーム会社からも10年以上続いている人気オンラインゲームは排出されていますね。最近のスマホゲーム界隈でもそうですが、こういった大手は長期的にヒットするネトゲは出せないと言われていることが多いですよね。人気シリーズのタイトルを使っても数年でサービス終了なんてざらにありますからね。そんな中でFF11やMHFはしっかりと人気オンラインゲームに成長したのはネトゲーマーとして嬉しい限りです。スクエニはFF14、カプコンはMHWが現在オンラインゲーム業界で大きなムーブメントを起こしているのではないでしょうか。この現状を見るとなんだかんだ企業とタイトルの強さは重要だと思わされますね。

 

 

さて、ただタイトルを列挙して感想述べて終わりではつまらなくないですか?

やはり今実際にどうなっているかが気になると思うんです。そこで、いくつかの作品をピックアップして最近の状況を紹介していきます。

気になるあのオンラインゲームの今をチェック!

Ultima Online

20年以上も続いているオンラインゲームの始祖と言っても過言ではない名作です。特にMMORPGというジャンルを普及させたのはこのウルティマオンラインだと言われています。そんな本作ですが、なんと今年2018年4月に基本プレイ無料となりました。今まで20年ずっと月額課金での提供だっただけにこれはネトゲ界隈では大きな話題となりました。今まで通りの月額制も続いており、住居や一部地域のアクセスなどが無料版では制限されているようです。しかしながら、大半は無料で楽しむことができるようになっています。

当然グラフィックなどは今の新作オンラインゲームなんかと比較すると残念に感じるでしょうが、システムやUIは決して劣っていません。今でも続いているのは相応の理由があるのです。グラフィックに抵抗がないならば一度触ってみるのをオススメします。MMORPG、オンラインゲームの基礎が全てつまったおすすめオンラインゲームです。

ラグナロクオンライン

ガンホーの古参ネトゲであるラグナロクオンラインですが、このネトゲはプレイしたことのある人も多いのではないでしょうか。ネクソンが台頭する前は本作とFF11、リネージュあたりがクリーンナップだったような気がします。ガンホーと言えば、丁度一年前にあたる2017年8月31日にエミルクロニクルオンラインがサービス終了しましたね。あのMMORPGは結構ユーザーもいたような気がするんですが終わりは突然にやって来るのですね。

さて、16年目である2018年は4月に久しぶりの新種族として猫耳が可愛らしい”ドラム”が実装されました。さらに7月には新ダンジョン、そしてワールド問わずに管理できる”ワールド倉庫”が新たに実装されます。全盛期と比較するとユーザー数は激減ですが、今の環境やユーザーに合わせた調整・アップデートを行っており、今後も成長が見込めるのではないでしょうか。ちなみに、元でんぱ組の最上もがさんが熱中しているネトゲが実はラグナロクオンラインだったりします。

メイプルストーリー

言わずと知れた人気オンラインゲームです。間違いなく2006年前後のオンラインゲームブームの火付け役でしたね。このネトゲがなかったらそもそもPCゲームやMMORPGというものが日本で広く展開されることはなかった可能性もあるのではないかと筆者は思ってしまいます。というのも、筆者はメイプルストーリー世代なんです。あの頃はいろんな人がメイプルストーリーをしていましたね。クラスの少しヤンチャな子ですらしていましたよ。

さて、そんな人気オンラインゲームであったメイプルストーリーの現在ですが、韓国の方で一足早く15周年を迎え前年比+61%という圧倒的な成長を見せているそうです。2018年は新職業”イリウム”、”アーク”や完全新作ストーリー”MONAD”が実装されました。その他にもヱヴァンゲリヲンやCCさくらとのコラボなども行っており、積極的に新規プレイヤーを取り込んでいます。今年は15周年の年ということもあり、今後もさらなる展開が見られるでしょう。

FANTASY EARTH ZERO

スクウェア・エニックス発のオリジナルタイトルで12年目を迎えている名作オンラインゲームです。アクション性が高く、100人以上ものプレイヤーが入り乱れての大乱戦が楽しめまる戦争ゲームです。国内ゲームでPvPに特化しているというのは当時にしてはなかなか斬新だったのではないでしょうか。単純な戦闘だけなく領地の奪い合いなどの要素もあり、ネクソンなどのまったり系のネトゲに触れていたプレイヤーが新たな刺激を求めてプレイしていました。運営との距離が近いのも特徴で、独自サイトでは運営側もGMとして参加し多くのプレイヤーと交流していました。

そんなファンタジーアースゼロは現在も元気に稼働しています。つい先日は当サイトでも紹介しているブラウザゲーム戦国IXAとコラボイベントを開催していました。また、ニコニコ生放送は今でも行っており、ユーザーとの交流を大事にしている姿勢は変わってないように思われます。そして何と言っても見逃せないのが新作スマホゲーム「ファンタジーアース ジェネシス」です。こちらは本作fezをスマホ向けに進化させた正統後継作です。こちらも先日クローズドのβテストが行われており、リリース間近だと思われます。リリースされた際にはfezの方とのコラボなんかも考えられますので、今後の動きにもご期待ください。

もうすぐ10周年のネトゲ!

10年以上続いているオンラインゲームについて見てきましたが、もうすぐ10年のネトゲも気になりませんか?気になった私は少し調べてみました。当サイトでも取り上げているタイトルをいくつか見かけたので簡単に紹介していきますね。

ニコッとタウン

こちらは9/29にサービス開始10周年を迎えます。MMORPGやFPSと違い交流メインの生活系ネトゲです。アバターを着せ替えたり部屋のレイアウトをいじったり、ペットを育てたりといったことができます。女性プレイヤーが多くのんびりしたい人にオススメですね。

 

ゲットアンプド2

サイバーステップのMMOアクションです。前作は12年目を迎えているゲットアンプドXです。2作とも継続したうえで10年以上続くなんてなかなか珍しいですよね。二頭身の可愛らしいデフォルメキャラによるアクションメインのオンラインゲームです。エモーションやアバターなども充実しており、ユーザー間の交流も盛んでした。

 

MILU

先ほど紹介したニコッとタウンと似たジャンルのネトゲではありますが、こちらの方が頭身が高く、より交流が強いイメージです。 公式サイトでは毎月の新規アバター数などを公表しています。中にはカップルになった数や結婚した数なども書いており、交流要素を推していることが窺えます。現実とは違う第二の人生を気分転換に送るのにオススメです。こちらも女性プレイヤーが多いです。

 

さて、いくつかの名作オンラインゲームを紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。昔遊んでいたネトゲが残っているとなんだか嬉しくなりますよね。とは言え大半のネトゲが数1000前後のプレイヤー数で保たれているはずです。気が向いたらでいいのでたまには昔のネトゲをプレイしてみて下さい。今も続いているんですから何か面白いところはありますよ!……きっと。