個人差はあれど、多くのゲーマーの方は3D酔いに悩まされた事があるんじゃないでしょうか?

今回はそんな3D酔いが起こった時の対処法や、3D酔いを起こさないための対策について紹介していきたいと思います!

そもそも3D酔いって?

 

3D酔い(スリーディーよい)は、3Dコンテンツの視聴中に発生する、乗り物酔いに類似する症状。

3Dに限らず、激しい画面の動きや明滅を含んだ映像によって頭痛や眩暈、吐き気が生じることもあり、それらを含めたより広範な定義として映像酔いと呼ばれる場合もある。

Wikipediaより引用

 

3D酔いとは映像酔いの一種であり、特にFPSのような視点をぐるぐると激しく動かすことになるゲームだと起こりやすいようです。

症状としては「眠気」「生あくび」といった軽めのものから、「頭痛」「吐き気」「冷や汗」といった深刻な症状まであり、乗り物酔いと酷似しています。

 

3D酔いの原因は現在でもはっきりと解明はされていませんが、有力とされている説では「視覚からの情報と三半規管の感覚とのズレ」が原因と考えられています。

要するに「”視界が動いている=体もそう動いている”と体が認識しているのに、実際は動いていない」という認識の相違ですね。

 

古くは「DOOM」や「007ゴールデンアイ」の頃からあったと言われている3D酔い。昨今のゲームはグラフィックがリアルになったからこそ昔より起こりやすくなったのかもしれません。

3D酔いの対処法

では実際に3D酔いしてしまったらどうすればいいかご紹介していきます。

ゲームを中断し、画面から視線を外す

そもそもの大前提として、酔ったらゲームプレイを中断してください。

当然の事ですが、3D酔いした状態で画面を見続けていると症状はどんどん悪化します。自覚症状が軽いうちに休憩をはさむのが賢明です。

 

ズレをリセットする

3D酔いの原因が感覚のズレだとすると、そのズレをリセットすることが必要です。

部屋の中をボーっと眺めたり、遠くの景色を眺めたりしてみて下さい。家の中を少し歩いたり軽いストレッチなんかで身体を動かすのも有効です。

 

仮眠をとる

上記の手段でも改善されない場合や身体を動かすのもつらい場合は仮眠をとりましょう。横になって目を閉じているだけでも楽になります。

 

3D酔いの対策

画面から離れてプレイする

そんな3D酔いの対策ですが、まずは「画面から離れてプレイする」ことです。視覚と体の認識の相違が原因だとすると、視界に占める画面の範囲が広くなればなるほど酔いやすいのは納得できますね。小さな画面を用意するのもアリですね。

視界に動いていない景色があればあるほど酔いにくいということです。

 

部屋を明るくしてプレイする

2つ目は「部屋を明るくする」ことです。理由としては1つ目と同じで、部屋が暗くなれば視界は明るいゲーム画面に集中してしまいます。そうなると画面に近づいているのと同じような状況になってしまうので酔いやすいようです。

また画面を明るくすることは疲れ目の対策にもなるので意識した方が良いですね。

 

画面の中心を見る

3Dゲームの中でもとりわけ視点移動の激しいFPSですが、視点を画面の中心であるレティクル(クロスヘア)に置き続けることでかなり軽減されます。

レティクルが無い場合は画面の中心にセロテープを貼って、そこに書いた印を見るというのもアリです。FPSにおいて武器を構えていない状態でも常に照準が出ているというのは強力であり”ハードウェアチート”と言って嫌う人も多いのですが、酔ってプレイできないよりはマシでしょう。ちなみにFPS照準シールというものも存在します。

 

体調が良くないときにプレイしない

普段は酔わない方でも、体調が芳しくないときにゲームをプレイすると酔ってしまうことがあります。特に寝不足などの目に疲れがたまっている状態だとなおさらです。

体調が良くないときは素直に体を休めましょう。

 

乗り物酔いの対策を使う

症状や原因が似ているだけあって乗り物酔いの対策も効果があるっぽいですね。(プラシーボ効果かもしれませんが)乗り物酔いに効くツボや、すっぱいものを食べるなどの昔から言われてきた方法も結構効くみたいです。

もちろん酔い止めも効果があるみたいで、筆者は酔い止めを服用してバイオハザード7をクリアしました(笑)

 

3Dゲームに慣れる

酔わなくなるまでゲームをプレイし続けるというのもあります。「酔わなくなるまでプレイする」といっても重度の症状に耐えながらゲームプレイを続けるという意味ではありません。

そもそも認識のズレが原因なら、そのゲーム内の動きを身体が理解すれば問題ないわけです。徐々に1回のプレイ時間を延ばしていき少しづつ身体を慣らしていけば、いずれ酔わなくなるでしょう。

ある意味で根本的な解決と言えます。

 

設定を弄る

オプションでマウスの感度を下げてみたり、画面揺れ設定があればオフにしてみるなど設定面を弄ればかなりマシになることもあります。

FPSにおいて感度を下げるのは致命的かもしれませんが、酔わなくなるまでは我慢してください。少しづつ感度を上げていきましょう。

 

PCのスペックを上げる

PCのスペックがそのゲームに追いついていないこと3D酔いの原因になり得ます。

スペックが足りていないガクガクの状態でプレイすると、どうしても画面の動きに集中してしまうので酔いやすいのです。

ゲームに合った性能のゲーミングPCを用意するのも3D酔い対策の1つの選択肢でしょう。

 

当サイトでもゲーミングPCの紹介をしているので参考程度にどうぞ!

ゲーミングPC比較・紹介記事はこちら

 

まとめ

 

「テレビを見るときは部屋を明るくして離れてみてね」というテロップをよく見ましたが、実際に目にとって大事な事だったんですね。

3D酔いでなくとも光過敏性発作(分かりやすく言うとポケモンショック)などの原因になりかねないので、ゲーム画面との距離と部屋の明るさは意識した方がいいですよ!

「あのゲームは酔うからプレイできない・・・」とお悩みの方はぜひこれらの方法を試してみて下さいね!

※いろいろ試してみても症状が改善しない場合は目や耳に異常がある可能性があるので、酷い場合は病院に行くという選択肢も忘れないで下さい。

 

最近、PUBGやfortniteなどのバトルロワイアル系ゲームを中心にPCゲームがかなり注目されています!

でもそういったゲームをプレイするとなるとやはり、高額なゲーミングPCを購入しないとまともに動作しないということもあります。

「無料ソシャゲが天下を取っているこの時代にわざわざゲーミングPCを買う時代遅れいるの?wwwwww」

と思っている方も多いですが、実は近年過去に例をみないレベルで、ゲーミングPCの売り上げが伸びてきているんです!しかも年齢層も若く、なんと小学生の客も増えているとか

今回はそんな売り上げが好調なゲーミングPCを徹底考察していきたいと思います!

なぜゲーミングPC購入が増えているのか?

PCゲームといえば「メイプルストーリー」や「ラグナロクオンライン」といったオンラインゲームが主流でしたよね。

ひと昔前だと、そういったゲームをより快適に、もしくは海外のPCゲームをプレイする為にゲーミングPCを買うという人がほとんどでした。

しかし近年のPCゲームは、そのようなオンラインゲームはもちろん、それとは別のシングルプレイがメインのゲームも数多く販売され、日本語訳もされています。

そういったPCゲームをプレイする為に、高額なゲーミングPCを購入するユーザーが増えたという可能性が一番高いでしょう。

最近ではPS4などで発売されているゲームなども、PCで販売されることが多くなったので「いちいち新しい機種が出るたびに買い替えるのは嫌だ」と考える人も少なからずいるようです。

PCゲームをプレイする上でもはや外せない存在となったsteam

steam自体は2003年と日本でオンラインゲームが流行る前からサービスを行っていました。

しかし最初は日本語対応しておらず、支払いもアメリカドルのみの対応だったため、あまり日本では評判がよくなく、日本の類似サイトで購入、もしくはパッケージ版を買うというのが主流でした。

2014年になると通貨決済が国際化され、日本円で購入が可能になりました。恐らくそこから日本での利用者が急増したのでしょう。

また家庭用ゲームと違い中間業者をsteam以外挟まない為、価格設定も全体的にみてかなり安く、さらに年数回のセールもする為、格安でPCソフトを買えるようになりました。

開発会社も一般的に知られている大企業から数人規模で制作しているインディーズゲームまで多岐に渡ります。

PCで流行っている最近の有名ゲームはほとんどここで買えるほどです。

ゲーミングPC購入の火付け役となったsteamゲーム

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)

間違いなくゲーミングPCを購入する理由として上位にくるのがこのPUBGの存在でしょう。

全世界で流行している100人の中で生き残るというバトルロワイヤルというジャンルを確立させたゲームです!

有名実況者の配信では高確率でこのゲームを見かけるといっても過言ではないぐらい人気で、流行がいったん収束した現在でも同時接続数ではsteamトップというくらいです。

しかしプレイするにはそのゲームの規模からゲーミングPCが必須で、しかもかなり高スペックPCでないとまともに動作しない為、このPUBGが流行してる時に爆発的にゲーミングPCの売り上げが上昇したようです。

Grand Theft Auto V

ロックスターの大人気オープンワールドゲームのPC版です。

PS4などの家庭用ゲームでのプレイヤーが多いのに火付け役?と思う方もいると思いますが、家庭用版とPC版では決定的に違うところがあります。

それがModの存在です!

Modとはいわゆる改造データでグラセフではこのModが盛んで中にはゲームを180度変えてしまうものまで存在します。

そのような多種多様なModが発売から5年以上経った今でも更新され続けており、オンラインの接続人数では常に上位にランクインするなどの人気を常に継続しています。

このModをプレイしたいためにPC版を購入したという人が少なくなく、高スペックなPCでしか動作しない為、高額なゲーミングPCの購入をしている人も多かったようです。

DED BY DAYLIGHT

4人(サバイバー)vs1人(殺人鬼)で行われるオンライン対戦ゲームです。

一言でいうと鬼ごっこゲームであり筆者もプレイしましたが追いかけられている時は背中がぞわぞわする感じになり、思わず声をあげてしまいました(笑)

反対に殺人鬼側になると生存者をひたすら追いかける快感に浸れ、とても楽しいです!

長く流行している理由として定期的に追加されるDLCがあるからだと推測できます。DLCで追加される中には有名映画に登場する殺人鬼などがおり、ホラー映画好きにはたまらないPCゲームになっています。

マインクラフト


steamが有名になる前から流行しており、ヒカキンやはじめしゃちょーなどの有名youtuberが発端になり小中学生に爆発的に流行したクラフト系PCゲームです!

今や家庭用ゲーム機でも続々と販売されていますが、規模、ModなどをみてもPC版がずば抜けており、プレイするならPC版と言った風潮もあるくらいです。

PUBGの登場により勢いは落ちていますが、それでも依然人気で日本でも小学生向きのグッズ販売、体験会などが開催されるなど人気ぶりも伺えます。

このゲームもグラセフと同様にModが豊富な為、必然とPCスペックも高くなってしまうようです。

まとめ

ここまで長々と考察してきましたが、ゲーミングPCの売り上げが伸びている理由としてはyoutubeなどで配信されている実況動画の影響が高いと思います。

ネット文化が急速に発展した現代では子供でもyoutubeを閲覧でき、テレビよりも利用時間が長いということも珍しくありません。

そういった子供たちが実況動画などを観て自分もプレイしたいと思うようになり、ゲーミングPCを購入するといった流れになっているのではないでしょうか。

今まで購入していなかった層に売れているので近年ゲーミングPCの売り上げが上がっているものだと推測できます。

このサイトではオススメゲーミングPCも紹介しているのでよろしければこちらもご覧ください!