2019年国体でeスポーツが採用!ウイイレで全国1を決める大会が来年幕を開ける!!

先日2019年、茨城県で開催予定の「いきいき茨城ゆめ国体」にて「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の開催が発表されました。正式種目ではなく、文化プログラムとしての採用ですが、国体では初めてeスポーツが採用されるという歴史的な大会となりそうです。ちなみに文化プログラムとは

国民体育大会の行事の1つで、スポーツ文化や開催県の郷土文化等をテーマとしたプログラムを実施することにより、大会を盛り上げようとするものです。併せて、県民の皆さんの文化・芸術活動等を通じ、茨城の魅力を全国に発信しようとするものです。

引用元:いきいき茨城ゆめ国体

と記載されており、正式種目ではないもののスポーツの魅力を広く発信することが目的のものだそうです。

先日まで行われていたアジアのオリンピックこと「アジア大会」では、これも正式種目ではなくオープン競技としての扱いでしたが、eスポーツが採用され、見事日本の杉原直紀選手と相原翼選手がウイイレでアジアの頂点に立ちました!このように近年急速にeスポーツは急速に「スポーツ」として認識されつつあり、実際のスポーツイベントにも多く競技として採用されるようになりました。また、前述のアジア大会では次回大会から正式種目になるように働きかけられています。

 

また、日本国内の動きとしては日本初のプロeスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の開幕も決まっているなど国内でもeスポーツはかなり加熱しているといえるでしょう。

少し話がそれてしまいましたが、今回行われる国体では「ウイニングイレブン」が競技として採用され、年齢制限のオープンの部と高校などに在学している選手を対象とした「少年の部」が用意され、競技が行われる予定です。

2019年2月より特設サイトにて出場選手の募集が始まるということなので、腕に自信のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?