「BLACK SQUAD」本格グラフィックでe-Sports・競技性志向!ガチ勢からFPS初心者まで楽しめる2017年盛り上がりそうなFPSオンラインゲーム!

bs12016年11月17日にハンゲームより正式サービス開始された新作FPS本格グラフィックで巨大犯罪組織とそれを阻止するテロ撲滅組織の熾烈な戦いが描かれている!ゲームモード多彩の最大32人同時対戦ができる2017年もっと盛り上がりそうな新作オンラインゲームです。

 

 

この新作FPSの公式PVをまずはチェック!

clipimage_17

多彩なミッションモード。ユニークな兵科スキル。最大32人同時対戦。本格グラフィックの新作FPSオンラインゲーム!

ハンゲームは本作「BLACK SQUAD」を2016年11月17日より開始しました!

同時期にサービス開始した「攻殻機動隊S.A.C ONLINE(リンクは当サイト紹介記事)」と合わせて、ここ最近は面白いFPSゲームが目白押しです。

 

fps2

巨大犯罪組織「バイパーサークル」と国際連合傘下のアンチテロ組織「ピースメーカー」との戦いを描いた新作FPS。

多彩なゲームミッションが用意されており、爆破戦チームデスマッチなどの定番かつFPS初心者でも遊びやすいカジュアルなゲームモードから、要人の暗殺か護衛を完遂したチームの勝利となる暗殺モードや、占領モードなど多彩なゲームモードが用意されています。

特に、暗殺モードは他のFPSにはないこのオンラインゲーム独自のゲームモードですので、是非一度体感してみてほしいモードです。他のゲームモードに比べて集団行動がさらに重要になるゲームモードですので、集団心理を読み敵のチームワークと、味方のチームワークを競い合う熱いゲームモードです。

 

兵科ごとに用意された特殊スキル!公式スキル紹介ムービー

 

本作では兵科が複数用意されており、突撃兵、護衛兵、工兵、偵察兵を選択することができます。ラウンド内でキルをしたり経験値ポイントを貯めることで、特殊スキルを開放することができ、さらにそのスキルを駆使して戦況を有利に進めることができる特殊なゲームシステムです。

sniperskil

特に偵察兵のソナービジョンは強力そうですね。壁に隠れた敵の居場所が分かるのは立ち回りのうまい人であれば、無双できそうです。他にも魅力的な兵科スキルはありましたが、個人的には偵察兵が魅力的・・・かなと。

 

武器はレンタル制を採用しておりゲーム内通貨をためることで武器のレンタルが可能。

screenshot00065

本作では、国内FPSの一般的なゲーミング仕様である武器レンタル制が採用されています。ゲーム内通貨で武器をレンタルするわけですから、一度買ってしまえば永久に使えるといった仕様ではありません。

そのため、ゲーム内通貨の需要が高くゲーム内通貨は戦闘でキルやアシストを多くしたり、チーム勝利を積み重ねることによって得られます。数多くの戦闘をこなすことでゲーム内通貨を稼ぎ強い武器をレンタルし、さらに成績を残すといった国内FPSさながらの仕様です。

また、筆者は武器レンタル制のFPSも好きですが、人によっては武器レンタル制のFPSは苦手な方もいらっしゃるようです。そういった方はBLACK SQUADとほぼ同時期にサービス開始されたこちらも新作FPS「攻殻機動隊S.A.C ONLINE(リンクは当サイト紹介記事)」なら武器レンタル制ではなく、経験値を得ていくことで武器が開放され永久に使用できる武器アンロック式が採用されていますので、チェックしてみるのもいいかもしれません。

 

装備する武器ごとに移動速度が変わる。ダッシュ時はナイフ。照準時の移動も軽快!

screenshot00067

BLACK SQUADでは、装備する武器によって移動速度が変化します。一番移動速度が速い武器はナイフで、遅い武器は重火器類です。

また、本作ではアサルトライフルなどを装備した状態のままダッシュすることはできず、ダッシュする場合にはマウスホイールを押しながら移動するわけですが、自動的にナイフに装備が切り替えられるといった特殊な仕様になっています。

したがって、ダッシュ時に敵が現れてもナイフからメイン武器に切り替える時間がかかってしまうため、敵がいつ現れるか分からない場所では容易にダッシュすることはできません。(足音も大きくなりますしね)

ただし、このFPSは基本的に通常時の移動速度が他のFPSに比べて速く疾走感がありますので、ダッシュをあまり多用せずともいいようには設計されていますので、リスポーン時の安全地帯から戦場までの間でダッシュするだけでも十分でしょう。

screenshot00069

また、右クリックでスナイパー以外のアサルトライフルやサブマシンガンでもスコープを覗き照準射撃ができますが、スコープを覗いている照準状態でも移動速度はなかなか速いので、腰だめ射撃と照準射撃の使い分けはこのFPS独特のスタイルになりそうです。

腰だめ自体も他のネトゲよりは比較的弾がまとまりやすい気がしますけどね。(筆者調べ)

 

e-Sportsを意識した競技性の高い戦闘システムとゲームバランスのとれたマップ!

bsmap

最近、国内外問わず注目されているワードに、プロゲーマーe-Sportsがありますが、本作ではe-Sportsを意識したゲームシステムという印象を受けます。e-Sportsとはエレクトロニック・スポーツの略称で、ネットゲームやオフライン対戦ゲームなどをスポーツのように競技として捉える際の名称で、国内でも大会が開催されるネトゲが増えていますが、最近ではFPSも大会を行うゲームが増えてきており、優勝賞金も高額になってきていることから、優勝賞金やスポンサーからの広告収入などで生計を立てるプロゲーマーという職業も生まれてきています。

 

そして本作も、おそらく例外ではなく競技性の高いゲームシステムに仕上がっています。というのも、まずマップが非常に公平に作られていることが挙げられます。

FPSというのはどちらの陣営になるかで、マップも違えばミッションモードによっては目的も異なります(爆破戦であれば、爆弾設置陣営と阻止陣営など)。従って、両社の陣営に公平でバランスのとれたマップが必要になってくるわけですが、本作ではマップの公平性がなかなか取れている印象です。

 

筆者も同じマップを何度もプレイしてみましたが、プレイするたびにどちらかの陣営に勝敗が偏ってしまうということもなく、均衡した戦いを楽しむことができました。もちろん、個々人のプレイヤー能力によっ勝敗は左右されることは少なからずありますが、マップ自体には非常に公平性を感じたものです。

 

よくマップを公平にする手段として、両陣営のマップを左右対称に制作するといった手段があります。これであれば、いわゆる将棋の駒がお互い同じ位置からスタートしているかの如く平等なマップにはなるのですが、この新作FPS「BLACK SQUAD」はそういった方法ではなく両陣営のマップ形状は対称ではないにも関わらずゲームバランスが保たれているのです。

 

これだけでも競技性は高まるのですが、もう一つ重要な要素としてチームワークの重要性を高めるために兵科にスキルを持たせていることも競技性を向上しています。

兵科スキルについては先ほど上で紹介しましたが、こういった兵科スキルは単独行動よりもチームワークによって大きな効果をもたらすものです。したがってチーム内でうまく役割分担をしてそれぞれが役割を果たすことが勝利のカギとなります。

 

チームワークが活かせるFPSは面白いものです。逆に単独行動メインのFPSになればなるほど、最終的にはエイムゲーに行き着きます。個々人のプレイスキルに重きを置いたチームデスマッチなどのモードもこのFPSには用意されていますが、チームワークを活かせるゲームモードも搭載されていることは、このFPSのおすすめポイントではないでしょうか。

他にも、本格グラフィックを実現するための様々な仕様や、設定によっては流血あり(白・赤選択可能)などの効果エフェクトの設定など色々と紹介したいことはあるのですが、この紹介記事ではこれ以上の紹介は抑えておきます。

 

あとは実際にプレイしてこのFPSの楽しさを知ってもらえればと思います。もちろん、基本プレイ無料FPSですので、無料でも楽しく遊んでいくことはできますし、まだこのオンラインゲームはスタートして間もないため初心者サーバーも盛り上がりをみせています。

fpsninnkido

上の画像は、比較的人数の多い時間帯(夜)の部屋選択画面ですが、ご覧の通り初心者サーバーだけでもこれだけ賑わっていて人気FPSであることは伝わると思います。

 

2017年2月追記:サービス開始してから数か月経過しましたが、

現在も人気FPSでユーザー数もサービス開始当初よりは落ち着いたものの、

十分に不満なく楽しめますので、おすすめFPSです。

clipimage_17