実は熱いテーブルゲーム「バックギャモン」のご紹介!隙間時間や暇つぶしに最適!PCやスマホでもフリーゲーム多数あります^^

みなさん、バックギャモンって聞いてことあるでしょうか?^^
管理人も最近知ったテーブルゲームなんですが、これが意外と始めたらハマってしまう面白いテーブルゲームなんです。^^
今回はバックギャモンをご紹介していきたいと思います。^^

 

 

まずは、ルール説明もかねてバックギャモンの解説動画をご覧ください。


紹介元:owneryamaarashi 様

地上波でもちょっぴり紹介されたゲームだったりしますw

運と実力のバランスが丁度いいテーブルゲーム!

上の動画を見ていただけたら、バックギャモンについて
簡単に知ることができたかと思いますが、
管理人がバックギャモンを面白いテーブルゲームだと思う最大の理由は、

バックギャモンは、運と実力のバランスが最高に丁度良いからなんです。
まあ、私もバックギャモン上級者というわけではありませんので、
偉そうに言えたものでもないですがw

バックギャモンでは、サイコロの出目によって戦況が大きく左右しますし、
極端な話、サイコロの目を操ることが出来れば無敗です。

しかし、サイコロの出目から、その場に最適な手を選択できるという
実力の要素もあります。

あるサイトでは、
(運)7:3(実力)
ぐらいではないかという考察もありました。

ちなみに、ルール覚えたての初心者と上級者が戦えば、
よっぽどのことがない限り上級者が勝つそうです。

また、バックギャモンの大会なども行われていますが、
上級者同士の場合は、実力に大差がないためサイコロの出目で
勝敗が左右されてしまうとのこと。

まあ、これって丁度麻雀に似ている感じなのかもしれませんね。^^
麻雀の場合も、プロ同士が対決した場合確実に実力の差がでるのは、
半荘戦500回ぐらい行わなければいけないなんて話も聞いたことがあります。

しかし、逆にそこが楽しい。とも捉えられますよね。^^

私は高校生のとき囲碁将棋部でしたが、囲碁将棋って
実力が9割以上を占めるんですよね。

自分より強い相手と戦ってもまず勝てることはないんです。
まあ、1割ぐらい実は運もあったりするんですけどね、
どっちにするか迷ったりして読み切れないときは運任せのときもありますからw

それでも、明らかに実力差があると絶対に勝てない。
それが囲碁や将棋なんですよ。

でも、今回紹介しているバックギャモンや麻雀などのテーブルゲームでは、
たとえ相手のほうが強かろうが、慣れていようが、十分に勝てる可能性があるんです。
やる前から勝てないと決まっている勝負よりもワクワクしませんか?^^

まあ、逆にチンチロリンのような運10割の勝負だと、それはそれで面白くないので、
バックギャモンのようなバランスの取れたテーブルゲームが最適だと思うわけですよ。^^

ちなみに、このバックギャモンですが、スマホやPCでも、フリーゲームとして多数公開されています。

私はパソコンゲームで気が付いたら何戦も繰り返し遊びまくっていましたが、スマホで隙間時間に少し遊んだり暇つぶしに遊べるゲームとしてもおすすめかもしれませんね。^^