「ピクセル」地球を襲う名作ゲームのキャラクターとそれを救う元プロゲーマーオタク集団!

映画「ピクセル」って聞いたことありますでしょうか?

最近、地上波テレビなどでもよく紹介されているので、名前ぐらいは聞いたことあるかもしれません。

んで、最初はバカバカしいネタ映画かなと思っていたんですが、食わず嫌いも良くないので実際に観てきましたw

 

 

いやー、結論から言えば、面白かったっすw

まあ、最初こそイマイチストーリーが掴めないなぁという感じでしたが、

後半からは、引き込まれていく感じでしたね。

 

全体として、感動よりもギャグ要素の方が強いですが、

私はアメリカンジョークを言われても、基本的に理解できずポカーンとすることが

多いんですが、このピクセルのアメリカンジョークはさらに意味不明w

 

でも、結果として何故か笑えました。笑

まあ、映画のコンセプト自体もユニークで面白いですよね。

世界を救うのが、オタクでオタクの本気を全米に広げる伝説の映画となったんじゃないでしょうか。^^

 

あと、作中ではオタクたちの少年時代で、ゲームセンターでみんなで熱中するシーンが映し出されていますが、

そういえば、最近ではゲームセンターに行く若者って少なくなりましたよねー。

 

もうね、逆にご年配の方が多いような気がしますよ、ゲーセンにはw

メダルゲームを永遠やってるおじいちゃんとか居ますよねw

 

やっぱ、今の学生さんたちはわざわざゲーセンなんていかなくても、

スマホゲームもあるし、オンラインゲームは星の数ほどあるわけで、

家に居ても、友達と通信出来て熱くなれるという便利な時代ですから、

そりゃ、ゲーセンに若者が少ないのは納得ですけどね。

 

少し話が逸れましたが、このピクセルではみんながゲーセンに集まって熱中するという

今ではあまり見ないような光景も見れて、少し考えさせられる面がありましたよ、ほんと。

 

そして、おそらくゲームが現実の世界で起こったら、、、なんてことは

誰でも考えたことはあるんじゃないかなと思うんですよね。

まあ、考えたことはあるけど、何故かそういう設定の映画とかって今まであんまりなかったんですよね。

 

そういう意味で、面白くて斬新な作品に仕上がっているな~と思いましたし、

観ていてあっという間に2時間が過ぎてしまうような、笑いあり、涙あり(?)の

作品になっていたので、とてもよかったと思います。

 

聞いたことはあるけど、まだ観てなかったという方は、

是非一度検討されてみてはいかがでしょう。^^

まあ、ブルーレイが出てからレンタルするわ~というのもいい選択の気もしますけどね。^^