「Kingdoms and Castles」シンプルで快適な街作りシミュレーション!簡単なようで奥が深い最新パソコンゲーム!

ローポリゴン風だけど滑らかなグラフィックが楽しめる新作シミュレーションゲームです。王国を成長させていく街作りシミュレーションですがRTSのような外敵要素もあります。お金だけでなく資源も活用する必要があるため、奥深いです。よく作られたBGMで没入感も増します。選べる難易度で誰でも楽しく遊べるPCゲームおすすめです。

 

 

この新作シミュレーションゲームのトレーラー映像はこちら!

住民を集めて王国を拡張していく最新パソコンゲーム!

『Kingdoms and Castles』は伝統的な街作りシミュレーションゲームです。

2017年7月にリリースされた最新PCゲームで、本作を手がけるLion Shieldの初作品でもあります。

 

基本的には『シムシティ』を源流とする街作りシミュレーションですが、

外敵の存在もあるためRTSの要素も取り入れられています。

 

プレイする際はsteamGOG.comから購入することができる新作シミュレーションゲームです。

シンプルかつ奥の深いこの最新パソコンゲームについて見ていきましょう。

かわいらしくも美しいローポリゴンの世界

グラフィックは滑らかなローポリゴンで表現されています。

滑らかという時点で既にローポリゴンでは無いので、

正確には「ローポリゴン的な高解像度グラフィック」と言うべきでしょうか。

 

柔らかそうでシンプルにデザインされたオブジェクトの数々は見ているだけでも楽しいほどです。

『Cities: Skylines』や『Vanished』といった近年の街作りシムで採用されている

滑らかなポリゴン表現をより先鋭化させたと言えるかもしれません。

 

その一例としては畑で取れる作物が黄色いブロックだったりします。

恐らく小麦を表現しているのでしょうか。

ともかく極度に単純化させたグラフィックで統一された世界観はどこかミニチュアの王国を思わせます。

難易度とマップを決めたら城を作ろう

ゲームを始めるとまず難易度を選択することになります。

3種類の難易度の内容を見ていきましょう。

Paxlon:敵が出現しない
Sommern:敵が少なめ
Vintar:敵が多い

街作りシミュレーションにとって敵は最大の脅威なのでゲームの難易度に直結するのでしょう。

他にも難易度が低いと冬が短かくなったりとメリットがあるので、最初は優しめで遊ぶと良いかもしれません。

 

次にマップを選択することになりますが、これは何度でも抽選可能です。

ランダムに生成されるマップを切り替えて自分好みの土地が出るまで待つのも良いでしょう。

 

いざマップを選択し国の名前と旗を選択したら、今度は王国の中心となる施設「Keep」の場所を選びましょう。

資源との兼ね合いもあるので、木と石が近くにある土地へ設置すると良いかもしれません。

基本的な資源は3つ

街作りシミュレーションというと資源の概念が無く、お金で建造物を建てるものです。

ですが本作では以下の3つの基本的な資源が存在します。

食料:住民が食べるための資源
木材:ほとんどの建造物を建てるのに必要な資源
石材:より便利な建造物を建てるのに必要な資源

これらはよくRTSで採用されているので、本作はRTSの一面もあると言うこともできます。

ただRTSのように外敵の襲来が頻繁というわけでもないので、

 

街作りシムとRTSの中間に位置する作品とも言えるでしょう。

ともかく、これらの資源を集めて建造物を作り王国を拡大していきましょう。

街作りのためにいろいろ作ろう!

王国を拡張するには住民の数を増やさなければいけません。

住民の数が多ければそれだけ作業に従事する人数を確保することができ、より施設を拡張できるわけです。

 

ですが住民には上限数というものが存在します。

そしてこの上限数をアップさせるための施設がなのです。

 

家を1つ作るごとに住民の上限数が5上昇し、しばらくするとメッセージが届きます。

内容としては「移民が5人来てそのうちの3人が住みました」といった感じです。

 

なぜ2人は住まずに去ったのかといった原因についてもメッセージで解説されるので読んでおきましょう。

いわく「食料が足りない」といったことが示されるはずです。

また、本作で最も重要なオブジェクトは何かというと、それは道路かもしれません。

なぜなら建造物は道路を基準として作られるからです。

 

そのため道路を作る際は将来的な都市計画を思い描きつつ敷いていくと良いでしょう。

土地によって畑に適したところがあるため食料を確保する際にも道路の配置は重要です。

木材は専用施設を作ってゲットしたいところ

木を伐採していくと次第に数が少なくなり、そのままでは王国の成長と共に木材は尽きてしまいます。

これは例えば『Age of Empire II』といったRTSでも同じことなのですが、

 

何と本作では森林資源を枯渇させなくする方法があるのです。

それは専用施設による資源の取得という方法になります。

 

木の側に伐採専用施設「Forester」を作れば

「木を伐採しつつ、木を伐採しきったら新しい木を植える」ということを行ってくれるのです。

この「植樹」という概念はRTSの中でも珍しいのではないでしょうか。

 

「Forester」を適宜設置したなら永久に木材をゲットすることができるため、

王国の成長は余裕をもって続けることができるようになるはずです。

自分だけの王国を作り上げよう

『Kingdoms and Castles』は見た目とは裏腹に奥の深い街作りシミュレーションです。

木材と石材と食料といった資源の次は幸福度や資金、石炭といった要素も入ってきますし、

外敵の存在にも対処しなければいけません。

 

BGMも雰囲気たっぷりで快適ですし、グラフィックも美麗です。

ゲームで遊んでいるといつの間にか数時間が経過しているでしょう。

 

本作『Kingdoms and Castles』は見た目も内容も素晴らしい最新パソコンゲームです。

是非遊んでみてほしいPCゲームおすすめです。