「Kerbal Space Program」ユル~いキャラが宇宙開発をするPCゲーム!キャラはユルいですが、結構リアルな面もある宇宙開発シミュレーションゲームです!

とある惑星の宇宙開発担当者となってロケット開発や、宇宙探索などを行う、宇宙開発シミュレーションゲーム!まったりとした内容ですが、意外と?リアルな面もあるサンドボックスゲームです!まったりと、宇宙開発をしたい方におすすめPCゲームです!

 

まずはこのPCゲームの公式トレーラーをご覧ください!

 

宇宙開発の責任者となるプレイヤー

 

『Kerbal Space Program』は架空の宇宙を舞台としたPCゲームです。

 

この宇宙にはKerbalという恒星系があり、その第3惑星をKerbinと呼びます。

そしてKerbinには緑の知的生命体であるKerbalsが存在し、

このKerbalsの宇宙開発責任者こそがプレイヤーとなるわけです。

 

2頭身のデフォルメされた緑のKerbalsはかわいらしく、

時折ちょこまか動いている光景を見ることができるでしょう。

 

このPCゲームの内容自体は骨太ですが、

こうしたマスコットキャラクター的存在が居ることは

ちょっとした癒しとなっています。

 

宇宙船を建造して宇宙を調査せよ!

 

本作の目的は「宇宙を探索すること」で、そのために「より良い宇宙船を作る事」が必要となります。

むしろ探索よりもロケットの建造と運転の方が

メインコンテンツと言うことができるでしょう。

 

自分だけで考え出した宇宙船を作り、

運転していく醍醐味は他のゲームで味わうことはできません。

 

また、建造できる宇宙船の幅は次第に大きくなっていくため、

コンテンツの内容を直ぐに消化してしまうことも無いのです。

 

じっくりと楽しみながら広大な宇宙探索をすることができるでしょう。

 

意外と簡単な宇宙船の建造

 

ベーシックな形の宇宙船は簡単に作る事が出来ます。

以下に基本的な宇宙船のパーツについて見ていきましょう。

 

◆コックピット

◆ロケットブーストの燃料

◆ロケットブースト

◆ロケットブーストと燃料の一体型

 

これだけです。

コックピットにロケットブーストをとにかくくっつけていけば、ロケットの完成となります。

 

何個もロケットブーストを着けなければ、

宇宙空間まで行くことはできないのでどんどん着けていきましょう。

 

 

足場的なパーツを装着すれば4つ一気にロケットブーストを

設置することもできるので便利です。

 

それからロケットの点火順番も設定する必要があります。

画面右下の設定で簡単に順番を決めることができるので、

順繰りに点火させていけば問題ありません。

 

まだまだ遠い宇宙への道

 

先述したようなロケットを作ったとしても、

まだ他の惑星や広大な宇宙空間へ飛び出すことは厳しいはずです。

 

まずは惑星上を楕円形に進み地上へ着陸させると良いでしょう。

まるで現在民間会社がやっている宇宙旅行のような感じで運用していくわけです。

 

最初から長距離を航行することは難しいのですが、

それも最初のうちだけと言えます。

 

調査を進めることによって段階的に使えるパーツを増やすことができるのです。

 

宇宙空間を調査し新しいパーツをゲット!

 

宇宙空間に打ち上げられたロケットは「Reseach(リサーチ)」をすることができます。

何とこのリサーチをすることでロケット開発のパーツを増やすための

「サイエンスポイント」をゲットすることができるのです。

 

ただサイエンスポイントはそうそう大量に得られるものではありません。

何度も宇宙へロケットを発射させつつサイエンスポイントを取得していきましょう。

 

様々なロケットを試しながらポイントを溜めていけば

いつのまにか十分な量になっているはずです。

 

ゲームモードは3つ

 

『Kerbal Space Program』で遊べるゲームモードは3つです。

 

キャリアモード

いわゆるキャンペーンモード。

運営や乗組員の管理から資金調達に宇宙センターの拡張など、

さまざまなコンテンツを含んでいる。

遊びやすく達成感のあるゲームモード。

 

サイエンスモード

実験を繰り返し行いながらKerbalsの科学技術を向上させていく。

 

サンドボックスモード

自由に宇宙の開発を楽しめる自由なゲームモード。

 

どのような楽しみ方もできますが、

まずはキャリアモードで遊んでみると良いかもしれません。

 

サンドボックス系ゲームというのは目的が無いため、

プレイ中に何をすれば良いかわからないといった状態になることも珍しく無いため、

きちんと目標が設定されているキャリアモードは遊びやすいわけです。

 

また、もしロケット工学に純粋な興味を抱いているなら

サンドボックスモードは非常に魅力的なゲームモードとなるでしょう。

 

シミュレーション部分の作りこみが細かい

 

ロケットを作成する際に上手く行かない場合があるかもしれません。

そのときには重量や空気抵抗、重力など様々な要素により失敗の原因が作られているはずです。

 

このPCゲームはきちんとした法則に乗っ取ってロケットが発射されているため、

その法則に適わないロケットは上手く飛ばないのです。

 

酸素濃度や高度、燃料残量からオーバーヒートなど

様々な要素を含めて考えながらロケットを作る事になるでしょう。

 

シミュレーション系が好きな方にはたまらないPCゲーム

 

『Kerbal Space Program』は丁寧に作りこまれた宇宙探索シミュレーションゲームです。

序盤はロケットを宇宙に飛ばすことが主な目的となりますが、

段々と軌道衛星を作ったり他の惑星へ着陸したりとゲーム世界が広がっていくでしょう。

 

自分だけの手順で自分だけの宇宙船を作り、自分の好きなように宇宙開発を進められる、

そんなところに魅力を感じる方にとっては嵌まること間違い無しなおすすめサンドボックスゲームです。