「7 Days to Die」核に汚染された世界でゾンビと戦う、対抗手段はクラフト次第!あなたの直感が試されます!

現在世界に数多く存在している、ゾンビゲーム。本作はより自由かつアグレッシブに立ち回ることを意識したオンラインアクションゲームとなっています。クラフトで作るアイテムはあなた次第、つまり攻略法は無数に存在します!

 

 

このゲームのPVはこちら!

7 Days to Dieとは?

核戦争後の破壊された世界がこのゲームの設定になります。

核の影響でゾンビとなった大量の市民達からクラフトをして自分の身を守りながら、

生き延びていく為にゾンビと戦っていきストーリーを進ませます。

 

7日間ゾンビから生き延びる

ゲームのタイトルに7 Daysとあるように7日間ゾンビから生き延びる事がメインです。

オープンワールドに展開されており自由に好きな土地へ行きゾンビから身を守る術を習得します。

そして、7日間だけではなくずっとゾンビと戦っていきます。

例え死んだとしても経験値やスキルなどは、消えることなくずっと戦っていけます。

 

本作の最大の特徴は、クラフトをして身を守ることです。

オープンワールドの中には、建物等もあり、

自分の好きな拠点を見つけてクラフトをする事が出来ます。

荒廃した町が設定となっている為、町はほぼ老朽化しており

脆くなった建物は、崩れたりもするので自分でクラフトをしながら

リフォームをしたり始めから自分の拠点を作成しなければなりません。

 

当然クラフトをするには、道具や素材が必要なので木や石などで始めは作っていきます。

フィールドには、穴を掘ることも出来るので地下に身を守るための施設を建設することも出来ます。

拠点が出来上がれば、周りにトラップや地雷なども置けるので大量にゾンビが来たときはお勧めです。

7日周期にゾンビ襲来

ゾンビは普段オープンワールドのどこにでも居るのと夜になるといつでも現れます。

しかし、このオンラインゲームは7日周期に大量のゾンビが押し寄せて来ます。

 

7日周期にゾンビが押し寄せてくることをフェラルホードといい

毎週7日目の10:00に大量のゾンビが来ます。

 

7日・14日・21日・・・と週を増すごとにゾンビの数や強さも変わってきます。

なので、7日で終了ではなく、永遠とゾンビとの戦いは続いていきます

ゾンビの特性

7 Days to Die のゾンビは、ある一定の特性を持っています。

それは扉を目掛けてゾンビは押し寄せて来ます。

 

拠点の外にいる場合はプレイヤーを目掛けますが、拠点の中に

居る場合は扉に反応してゾンビたちは来るのです。

 

しかし扉を目掛けますがどこの方角から来るかは、

ランダムなので扉の前だけにトラップを置いても効果がない場合もあります。

 

そしてゾンビ達は、扉や扉の近くの外壁などを壊してくるので

すぐさま補強をしにいかないと大量のゾンビが入ってきてしまいます。

高い拠点を作った場合は、柱を壊されるので、建物ごと崩落する危険性もあります。

ゾンビは昼の時間は、ほとんど活動しないので、

ゲームの設定で昼の時間の長さも変えられます。

 

そしてゾンビが走る設定もする事ができ、

昼は歩き・夜は走る:昼夜問わず走る:昼夜問わずゾンビに見つかった時点で走る

この3つの設定が出来るので初心者の方にも使える設定ですね。

7 Days to Dieマルチプレイ

7 Days to Dieでは、オンラインでのマルチプレイ対応しています。

既存のサーバーや自分でサーバーを作ることが出来るので、友達と一緒に楽しめます。

 

マルチプレイをするとよくチートが現れますよね、

チート嫌いな方には、BAN投票でチートを使っている人を永久にサーバーから追放出来るので安心です。

 

このオンラインゲームの時間設定は、自分で変える事が出来ます。

ゲーム内の1日を10/20/30/40/50/60/90/120分まで設定出来るので

お好みの時間で楽しめます。

 

現在発売されている7 Days to Die は

LINUX・Microsoft windows・OS x・playstation4・X box oneが対応機種になります。

 

そして、日本語版は発売されておりませんが、

英語が必要なのはアイテムくらいなので基本的には問題ありません

まとめ

いかがでしたでしょうか?

7 Days to Die は、世界的にもかなり流行中のオンラインゲームです。

 

クラフトにゾンビを掛け合わせた新しいスタイルのゲームではないでしょうか。

ゾンビ好きの方だけではなくクラフトが好きな人にもお勧め出来る

オンラインPCゲームとなっております。