「INSIDE」陰鬱な雰囲気な2D横スクロールアクション!あなたのヒラメキがすべてのカギを握る!!

独特なグラフィック暗い世界観が最大の特徴の2D横スクロールアクション!昨今の自由度の高いオンラインゲームとは対照的限られた情報行動範囲の中で最善の方法を導き出す。そんなアクションゲームが好きな人は必見です!LIMBOを生み出したPlaydeadの渾身の一作をぜひともご堪能ください!

 

「INSIDE」の雰囲気はこちらの公式PVをご覧ください!

単純にみえて奥が深い「INSIDE」のシステム

「INSIDE」ではいわゆる激しい戦闘やバトル複雑なコマンド入力などはありませんが、

モノクロに近いトーンの世界観衝撃的な展開。

まるで映画や夢の国に行ったような不思議な感覚を体験できますので、どこかホラーな感じもします。

 

しかし美しくもある「INSIDE」の世界は、陰鬱な雰囲気を楽しみたいプレイヤーにはオススメです。

PC版の「INSIDE」で遊ぶ場合はゲームのダウンロードサイトであるsteamにて購入する事ができます。

 

前作の「LIMBO」の世界観も気になると言う方は、「INSIDE」と「LIMBO」のバンドルパックもあります。

こちらを購入する事も検討してみていいでしょう。

 

ただし、過激なグロシーンがあるわけではありません。

しかし、人によっては「う…」となるような表現もありますのでご注意ください

「INSIDE」の魅力的なゲームシステム

 

「INSIDE」では目まぐるしいような激しい戦闘などはありません

このゲームの世界観をじっくりと楽しむ事ができます。

 

ただし、先に進むにはいくつかのギミックなども待ち構えております。

プレイヤーには謎解きに対するヒラメキなども必要となってきます。

「INSIDE」の謎に満ちた世界観

 

プレイヤーは少年を操作して謎の施設へと進入し、奥へと進んでいく事になります。

 

道中攻撃を受ければダメージを受け、高い所からの落下で即死する事もあります。

不死身というわけではありません

しかし、主人公には不思議な能力があり、動物や魚などが主人公に集まってきます。

 

動物から好かれやすいだけなのか?

特別な能力で集めているのか?

 

これについてはセリフなどがないのでプレイヤーごとに考察してみましょう。

また、ある特定箇所で水中にいるのにも関わらず、道具などは一切無い状態で呼吸ができるようになります。

一見するとタダの少年なのに不思議な能力を持っていることが伺えます。

 

また、「INSIDE」には2種類のエンディングがあります。

その中の片方は少年にある変化が訪れるのでやはり只者ではないという印象を受けると思います。

 

このPCゲームは、セリフも無ければ表情もありません。

プレイヤーがこの世界はどういうものなんだろうか?という事を考える楽しみがあります。

 

しかし最後はこうなるんだ!という完結を求める方にはハッキリしないところが多いです。

そういった方には、合わない可能性が高いでしょう。

 

それでも、「INSIDE」を進めている内に見えてくる世界観。

そして不思議な力を持っている主人公に関してはプレイヤーごとに色んな考察を楽しむ事ができます。

「INSIDE」の基本的な進み方

「INSIDE」では基本的にバトルフェイズ敵との戦闘といった要素はありません。

ただ先に進むために立ちはだかるギミックなどを攻略しなければなりません

 

例えば、先に進みたいのに高い壁が立ちはだかって進めない場合。

近くを見回してみると足場に出来そうな物がある。

 

足場を作り出すために機械を特定の手順で動かさなければならない。

など、プレイヤーはヒラメキが最大の武器となります。

 

また、敵に見つかれば基本的に主人公には攻撃手段がないので、身を隠したりしなければなりません。

そして、敵から逃れるにもヒラメキが必要となり、何かに隠れたり、

他の物で注意をそらしたりする事も必要です。

 

そして、時には水の中に逃げ込んで敵の目から身を隠す事も可能です。

しかし、酸素メーターなどがないのであまり長く水中にいると溺死してしまうため注意しましょう。

まとめ

 

「INSIDE」では基本的に世界観を楽しむこと。

そして先に進むための仕掛けをクリアしていくなどのプレイヤーにはヒラメキが求められます。

なお、「INSIDE」にはキャラクターのセリフや世界観など説明していくような要素がありません。

 

これはどうしてこんな事になっているの?というプレイヤーごとに色んな考察ができます。

逆にパズルを解くのは苦手な方物語はキレイに終わらせてほしい!という方には不向きかもしれません。

 

しかし、ダークな世界観と謎だらけの世界を冒険し、そしてエンディングを見て何を思うのか?

それはプレイヤー次第となりますので、物語の考察が好きなプレイヤーにはオススメPCゲームです。