「Sumoman」時空を操る相撲取りを操作して謎を解いていくアクションゲーム!

時空を操る相撲取りが謎解きしていくインディーゲーム!なかなかクセの強いゲームに仕上がっています!相撲取りが主人公のインパクトが強いだけのイロモノかと思いきや、しっかりしたパズルもあり、ユニークで面白いパソコンゲームに仕上っています!

 

まずはこちらのPVをご覧ください!

強すぎるクセが病みつきになるゲーム

「Sumoman」は相撲取りが主人公のアクションゲームとなります。

その設定だけでも何か強い力を感じるのですが、

ゲーム性もなかなかクセの強いものに仕上がっているのです。

しかも作ったのはロシアのゲームスタジオ「Tequilabyte Studio」で、開発メンバーは2人とのこと。

 

ロシアと相撲取りの間に何か関係があるのかといわれると、恐らく何もありません。

一体なぜ生まれたのか予想もつかない作品ですが、

ともかくインディーゲームの良いところが爆発している本作について見ていきましょう。

ばーちゃんから変な知らせを受け取った相撲取り

ゲームは船に揺られて相撲取りが故郷の島へ辿り着くところから始まります。

ばーちゃんから妙な手紙を受け取ったので出先から帰ってきたのです。

このシーンの船頭さんとの掛け合いがまた良く、

船頭さんに「なんでおめぇハダカなんだ」と問われれば「ハダカじゃないっす。まわしがあるっす」と答える相撲取り。

 

会話が完璧に成立しているシーンが終わると船頭さんは眠ってしまいます。

そして島内のいたるところで眠っている人物が散見され、一体何が起きたのか、

そしてばーちゃんは無事なのか、

謎が謎を呼ぶ「sumoman」ワールドが次第に展開されていくのです。

二度と立ち上がれないシステム


3Dを用いていますが本作は2Dスクロール形式のゲームとなっています。

取れる基本的なアクションは左右への移動とジャンプのみです。

そしてゲーム内に敵は登場せず、フィールド内のパズルを解くことがメインなパズルゲームだったりします。

普通、仮に相撲取りをゲームの主人公にするなら敵をばんばんなぎ倒すゲームを作りそうなものですが、そうではありません。

あくまでも平和的なゲームに仕上がっています。

 

そして特徴的な点として相撲取りはこけると二度と立ち上がれない」ということを挙げることができます。

そしてこのゲーム、本当にこけやすい。

ちょっとバランスが崩れるだけでいとも簡単に相撲取りはこけてしまい、それから立ち上がることはありません。

つまるところゲームオーバー状態となってしまうのです。

 

相撲取りが主人公で最大の敵は自分のバランス、という何ともどうかしているゲーム性が生まれてしまいました。

ですが強力な救済措置があるので安心して下さい。

時間を逆行する相撲取り


何とこのゲーム、時間を巻き戻すことができます。

そのためひっくり返ったとしてもギューンと時間を巻き戻してあげれば何も問題は無いわけです。

「時間を操る相撲取り」そんな強いワードが脳内に飛び込んできます。

この巻き戻し機能があるお陰で、ほぼ詰むことはありません。

どんな失敗をしたとしても即やりなおし可能になっていて意外と利便性の高いシステムだったりします。

 

近年のアクションゲームでは倒れると即リスポーンと言う形式を採用するものが多く、

そうしてストレスフリーなプレイ環境を構築しているわけですが、

この巻き戻しシステムもプレイを快適にする良い仕組みです。

 

巻き戻しのムーブ自体も面白いので、

リスポーンシステムへ一石を投じていると言えるかもしれません。

このように、本作は一見イロモノのように見えて意外と快適なプレイができる秀作ゲームだったりします。

しっかりと作られている作品


見た目や設定のインパクトが巨大すぎる本作ですが、ゲーム自体はよくできています。

主人公の「のんびりした優しい相撲取り」というキャラクター作りは徹底していますし、ストーリーも段々と深みを増したものとなっているのです。

ステージ中で寝ている人物について話しかける様子も見ていて楽しいものとなっています。

それからパズル要素ですが、これも素晴らしい。

 

踏み台を活用したもの、重りを活用したもの、

それから明暗を利用したものなど様々なバリエーションのパズルがプレイヤーを待ち構えています。

ステージが進むごとに新しいギミックが登場するのでプレイしていて飽きないよう設計されているのです。

 

取れるアクションも最初は少ないのですが、ゲーム進行と共に色々なことができるようになっていきます。

そしてその新しくできるようになったアクションを使わなければ解決できないパズルが用意されている、という状況もあるわけです。

相撲取りは操作しにくいですし、特に高画質だったりエフェクトが派手というわけでもありません。

ですがいつの間にか嵌まっている自分に気が付くはずです。

本作はゲームとしての楽しさを教えてくれる意外な秀作だったりします。

イロモノでも正統派でもないユニークな作品

「sumoman」はロシアの開発チームが製作した相撲取りが主人公のアクションゲームです。

ステージ上には各所に空中に浮かぶ寿司が配置され、主人公は一度倒れれば二度と起き上がれませんが時間を巻き戻すことができます。

一体何を言っているんだ、というようなゲームですがゲームシステムの設計が秀逸なので次第に嵌まっていくでしょう。

キャラクター設定に忠実だったりギミックが豊富だったりするユニークで面白いゲームです。是非遊んでみて下さい。