「DEAD RISING」大量のゾンビたちを倒して生き残るゾンビアクションゲーム!ゾンビ好きにはたまらないサバイバル人気オンラインゲームです!

ゾンビウイルスのパンデミックが起こった街のショッピングモールで生き残りを目指すオンラインゲーム!大量のゾンビに一気に襲われると、かなりの恐怖感があります!steamで購入可能な人気ネットゲームなので興味のある方は、もうプレイするしかないサバイバルゲーム!

 

まずはこのオンラインゲームの公式動画をご覧ください!

 

おすすめオンラインゲーム「DEAD RISING」とは?始めるには?

 

「DEAD RISING」はカプコンより発売されているPCゲームであり、

ジャンルは「ゾンビパラダイスアクション」というものです。

 

「DEAD RISING」の最大の特徴は画面一杯を埋め尽くすゾンビ、ゾンビ、ゾンビであり、

プレイヤーは主人公のフリージャーナリスト「フランク・ウェスト」を操作して

ゾンビが大量発生した特産品一切なしの町「ウィラメッテ」のショッピングモールにて、

72時間後生き延びることになります。

 

そして、迎えにきてくれるヘリコプターが来るまでにスクープを手に入れる事になるのですが、

ストーリーが進んでいくとなぜゾンビが大量発生したのか?

この事件の黒幕は一体なんなのか?

について真相を突き止めていくことになります。

 

「DEAD RISING」で遊ぶ場合、元々Xbox 360で販売されていたのですが、

今ではPC版向けにPCゲーム販売サイト「steam」にて購入できるようになりました。

 

もちろん、「DEAD RISING」は日本語字幕でありますので

「英語で何を言っているかわからない…」となる事はありません。

 

ゲームモードについて

 

「DEAD RISING」にはいくつかのゲームモードがありますが、

最初の段階では「72 hours mode」というストーリーモードしか選ぶ事ができません。

 

「72 hours mode」では主人公フランク・ウェストを操作して、

ウィラメッテのショッピングモールで72時間生き延びる

(ゾンビ大量発生事件の真相を追う)事になります。

 

そして、ある条件を満たすことで、

72時間経過した後のショッピングモールに取り残されてしまったフランクを操作し、

自身もゾンビの寄生虫に観戦していることから抑制剤を作りだし、

同時にショッピングモールから脱出することを目指す「Overtime Mode」があります。

 

さらに条件を満たすと解除される「∞ Mode」では

時間と共に体力が減っていく仕様の中でどこまで生存できるか?

という事を目指すゲームモードがあり、

こちらのモードでも同じくフランクを操作して

ショッピングモールで可能な限り生存するモードです。

 

このモードでは食料がそこらへんで手に入らないので

迂闊にダメージも受けることが許されず、

食料は生存者やサイコパスから奪う必要性がありますので

まさにサバイバルとなるゲームモードです。

 

このオンラインゲームの主役「ゾンビ」について

 

何かに感染した人間の成れの果てであるゾンビが大量にいるのが

この「DEAD RISING」の特徴です。

 

一体一体は大したことはありませんが、「多勢に無勢」という言葉があるように

数がともかく多いので、プレイヤーはフランクが育つまでは、苦戦を強いられるかもしれません。

 

そのため、プレイヤーはそこらへんにある適当な物を武器にしてゾンビを蹴散らす事ができます。

 

武器にできる物は何でもあり、ハンマーや日本刀のような強力な武器もあれば

「何でそんなもので?」と思わず笑ってしまいそうになるおかしなもので

ゾンビを蹴散らすことができます。

 

なお、ゾンビは夜になると凶暴化して日中よりも攻撃的になりますので、

夜にショッピングモールを行動する時は普段より気をつけなければなりません。

 

サイコパスについて

 

「DEAD RISING」において本当に恐ろしいのはゾンビではなく、

追い詰められて狂ってしまった人間と言われております。

 

「DEAD RISING」では時にこの異常事態で狂った(もしくは元から狂っている)人間が暴れており、

プレイヤーは時にそれらのサイコパスと戦うこともあるでしょう。

 

例えば、「DEAD RISING」を遊んだ多くのプレイヤーにとって初見殺しとも言われている

ピエロの「アダム」は両手に持ったチェンソーや投げナイフ、

胡椒の入った風船で撹乱してくるなどトリッキーな戦法を取ります。

 

また、元ベトナム軍人の「クリフ」はマチェットや爆弾、地形を駆使して奇襲攻撃を仕掛けてくる等の強敵です。

 

しかし、「DEAD RISING」の魅力はこれらのサイコパスとなってしまった人間の背景が魅力的であり、

アダムは大好きな子供が大人に見捨てられてゾンビに喰われたのを見て発狂し、

子供の人形をゾンビに喰われないように

ジェットコースターを動かし続けていたという背景があります。

 

また、クリフも戦いが終わった後に正気を取り戻し、

孫がゾンビ喰われておかしくなった原因をフランクに告げております。

 

また、ストーリーが進めば黄色いレインコートみたいな服に身を包み、

緑色の君が悪いマスクをつけたおかしなカルト集団や、

ゾンビを制圧に来たはずなのにこちらを攻撃する特殊部隊とも戦うことになります。

 

シャッターチャンスについて

 

「DEAD RISING」の主人公であるフランクはフリージャーナリストであるため、

カメラを常に持っております。

 

そして、ショッピングモールでは時に恐ろしく、時に暴力的、

そして時には面白い光景が見られることがありますので、

そういった場面をカメラで撮影すると経験値となるPPが手に入ります。

 

また、ショッピングモールでは至るところにボーナスポイントとなる

ステッカーが貼られておりますので、それらを撮影しても経験値ゲットとなります。

 

なお、カメラにはバッテリーの概念がありますので、

もしバッテリー不足になった時は拠点である詰め所に戻る前に、

カメラ屋さんでバッテリーを交換しておきましょう。

 

また、時には写真がイベントを進める鍵となる事がありますので、

気になる物などがあれば写真を取って残しておきましょう。

 

人気オンラインゲームシリーズですのでプレイして損はないです!

 

「DEAD RISING」は現在「DEAD RISING 4」まで発売されておりますが、

全て前作と繋がりがあります。

 

そのため、ゾンビ大量発生事件第一号である「DEAD RISING」のウィラメッテで起きた出来事は

続編においても大きな布石となっておりますので、

これから「DEAD RISING」シリーズで遊んでいく場合は

「DEAD RISING」を今からでも遊んで損はないと言えるでしょう。