バンナムとドリコムの共同出資による新会社設立!新サービスの初弾は「アイマス」「ドラゴンボールZ」「ファミスタ」!

株式会社バンダイナムコエンターテインメントと株式会社ドリコムが株式会社BXDを新たに設立することが発表されました。

BXDはHTML5をメインとした技術を活かしたオンラインゲームの配信と

そのプラットフォームの運用を2018年春から始めると発表しました。

 

従来のボタンをポチポチするだけのブラウザゲームではなく、

アプリゲームのような様々な動きのあるゲームを提供していくそうです。

 

発表会の会場ではスマホアプリ「ワンピーストレジャークルーズ」をブラウザ上で動かすことに成功しており、

スマホゲームとほぼ同レベルの動作がブラウザゲームで実現可能なことも説明された。

 

「スマホゲームは複雑化していき、容量も大きくダウンロードに時間がかかるようになった。

そこで、ダウンロードなしで遊べるブラウザゲームで展開することにより、

ゲームから離れてしまった人や今までゲームをしなかった人などが気軽にゲームで遊べる環境が生まれる」といったことも発表会では話していました。

 

新サービスの開始と同時に配信開始予定のゲームタイトルとして、

アイドルマスター、ドラゴンボールZ、ファミスタの3タイトルの新作が発表されました。