「CONCEPTIONII 七星の導きとマズルの悪夢」かわいい7人の女の子と星の子を産もう!ファンタジー+学園のストーリーの異色の学園恋愛RPG!!

ダンガンロンパのゲームを手掛けた「寺澤善徳」プロデュース!ハーレム万歳ファンタジー+学園のストーリーの恋愛アドベンチャーRPGです!ダンジョンに潜って彼女たちとの間に生まれた星の子たちとスピーディな戦闘も楽しめます!

 

 

まずはこちらの公式PVをどうぞ!(PS Vita/3DS版のPVとなります)

7人のヒロインと愛し合うRPG

『CONCEPTIONII 七星の導きとマズルの悪夢』は、スパイク・チュンソフトより

2013年8月にニンテンドー3DS、PlayStation Vita用ソフトで発売され、

その後、2016年8月にsteam版として公開されました。

 

ジャンルはダンジョン探索RPGで、恋愛アドベンチャーと学園物を融合させたゲーム性が特徴で、

2012年発売の前作『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』の世界観やキャラクターが一新されています。

プラットフォーム移行により、前作のシナリオとキャラクターなどのボリューム面が大幅に増強されています。

 

本作は『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』を手掛けた寺澤善徳がプロデューサーを務める新作RPGで、

ヒロインが変身するなどのヒーローものの要素も含んでいますが、

 

何と言っても「愛交の儀」でヒロインとの間に「星の子」と呼ばれるキャラクターを作りながらパーティーを増やし、

冒険を進めていくという斬新なシステムになっています。

戦闘シーンはフル3Dで必殺技などは固有のモーションがあり、

大迫力のバトルが繰り広げられます。

 

その他にも戦闘では「攻撃する方向」などの要素が含まれていて、

ゲームの楽しみ方の幅が広げられています。

 

ヒロインは全部で7人登場し、そのヒロインたちとの絆を深めていくことで、

様々な星の子を誕生させていく恋愛アドベンチャーRPGとなっています。

ファンタジー+学園のストーリー


本作のストーリーでは、魔法世界の「アナザーテラ」に、

20年前に「原罪の迷宮」と呼ばれる迷宮(マズルサークル)が突如出現し、

そのマズルサークルから獰猛な魔物たちが次々と溢れ出ていました。

 

その魔物を倒せるのはアナザーテラで信仰される星神の刻印を持ったもの、

「聖徒」と呼ばれるもの、そしてその聖徒たちの子供である「星の子」だけがその力を持っています。

 

聖徒や星の子は「原罪の迷宮」を封印した跡にある、

とある学園で教育を受けていました。

 

主人公もその一人で、彼は「マレビト」というクラスに認定され、

学園の中でも魔物退治に特化した「クラス・ネメシスイーター」に入り、

7人の女聖徒とともに「星の子」を誕生させ、魔物に立ち向かっていきます。

 

主人公とヒロインの絆が高まると行なわれる「愛交の儀」では、

かなり際どい演出がなされ、本作が他のRPGと一線を画す1つの特徴となっています。

ゲームのシステム


前作と同様、今作でも7人の女聖徒全員のヒロインが変身可能になっており、

それぞれの女聖徒固有の変身ムービーを2Dアニメーションで見ることができます。

 

本作のダンジョンは基本的にランダムになっており、

ダンジョンに入る度にダンジョンの構造、経路は変化していきます。

 

各階層ごとに「脱出ゲート」が設置されており、脱出ゲートを使用して外に出て、

再度そのダンジョンに入る際にには脱出ゲートを使用したフロアからの再開になります。

 

それに加え、本作はダンジョンの攻略についてはそれほど難しくなく、他のRPGと比較しても難易度は高くさく、

ストーリーがメインでサクサクと進んでいくことができます。

 

前作と今作の違いとして、今作ではヒロインや星の子達の表現が豊かになっており、ダンジョンを進めているときや、

アイテムを拾うときのアクション中、バトル中などにモーションや台詞が追加されており、

各キャラクターの個性がより一層感じられるようになっています。


戦闘では前作と同様に、敵に対して4方向から攻撃できるシステムを採用しており、

連続で攻撃を与えていると溜まっていく「チェインゲージ」などのシステムもあります。

チェインゲージを一定の量を溜めると、一気に攻撃を仕掛けることができます。

 

前作との違いとして、今作では「エーテルゲージ」というゲージが採用されており、

敵を倒したり、特定のスキルを使用すると上昇し、パーティー全体の行動スピードが上がっていきます。

 

 

その反対に、大ダメージを受けるとエーテルゲージは減少し、

エーテルゲージがMAXの時にダメージを受けると、一気にゲージは0になるという面もあります。

ただ、このチェインゲージとエーテルゲージを組み合わせることによって、

敵を倒すことでエーテルゲージが上昇し、チェインゲージをため、

 

一気に敵を畳み掛けるラッシュを繰り出すことができ、

スピード感溢れる爽快なバトル展開を演出できるようになっています。

 

さらにオートバトルでは戦闘スピードが倍速になるのでストレスなくゲームを進めることができ、

オートバトルでの指示設定(作戦)さえ手を抜かなければ、弱い敵や、

プレイヤーが考えなくてもいいようなバトルは全てオートメーションで終了することができます。

 

ただ攻撃とスキルのバランス感が重要で、攻撃にのみ集中しているとMPがなくなり、

かといってMPを使わないようにセーブしていると敵にダメージを与えることができず、

こちらがやられてしまう可能性があるので、スキルと攻撃のバランスを考える必要があります。

「CONCEPTIONII 七星の導きとマズルの悪夢」の総評


このゲーム最大の特徴はヒロインとの好感度と『絆ポイント(KP)』を上げ、

KPを消費して星の子を生み出すことでしょう。

 

好感度と星の子の強さは比例します。

そうして生まれた星の子とダンジョンの攻略をしていきます。

 

つまり、このゲームの要はどれだけヒロインと仲良くなれるかにかかっており、

恋愛シュミレーションの要素も大きくゲームの行方を左右するので、怠らない様にしましょう。

 

ちなみに7人の女聖徒全てと関係を持っても修羅場にはなりません。

ハーレム公認PCゲームとなっています!