「Shiness: The Lightning Kingdom」高いクオリティを誇っているおすすめアクションRPG!かつての日本産名作RPGのような魅力がたっぷりです!

かつての日本産名作RPGを目指したオンラインゲーム!RPGとしてのゲームシステムはもちろん、キャラクター、音楽、演出、構成などの面をとっても、高いクオリティを誇っているオンラインゲームです!ポップな雰囲気ですが、やりごたえのあるアクションRPGです!

 

まずはこのオンラインゲームのトレーラーをご覧ください!

 

ポップなデザインの獣人たちが登場するオンラインゲーム

 

『Shiness: The Lightning Kingdom』は空島を舞台としたアクションロールプレイングゲームです。

ワキ族のチャドとポキというキャラクターが空飛ぶボートで空島世界を冒険する物語で、

2014年時点で20年前から構想を練っていたという壮大なストーリー

プレイヤーを待ち受けています。

 

2014年のキックスターターで約14万ドルを達成したネトゲ

 

本作は2014年にキックスターターで出資をつのったところ、

約14万ドル(1ドル100円換算で約1400万円)を集めることに成功しました。

 

対策ゲームの開発費用としては少なめではあるものの、

小さいゲームスタジオにとっては十分すぎるほどの額と言えるでしょう。

 

PCゲームのクオリティとかかった金額は必ずしも比例するとは限りませんが、

やはりお金はかけただけ良いものになります。

 

個人開発とは異なり様々な分野にそれぞれの個人が注力できるため

単純に良いものになるわけです。

 

2014年時点で既にベースとなるゲームシステムは作られている上に、

出資後から3年という月日をかけて本格的に制作されたわけですから

そのクオリティは保障されているようなものと言えます。

実はこのオンラインゲーム、かなり念を入れて作られたオンラインゲームだったりします。

 

かつての日本のRPGを目指しているオンラインゲーム

 

ゲーム製作プロジェクトの中心人物の1人であるSAMIR REBIB氏が

子供時代から考えていた世界が本作の世界なのですが、

彼は影響を受けた作品として『ドラゴンボール』『聖剣伝説』『ソニック』などを挙げています。

 

またこのオンラインゲームで叶えたい夢として

「大きな宇宙とオリジナリティのあるゲームプレイのデザイン、RPGの黄金時代を思い起こさせるような作品作り」

を明示しているのです。

 

影響を受けた作品として『聖剣伝説』を挙げているぐらいですから、

RPGの黄金時代とはやはりJRPGが盛隆だった時代を指しているのでしょう。

本作はかつての日本のRPGを目指したオンラインゲームなのです。

 

アクションとRPGと格闘ゲームの融合

 

『Shiness: The Lightning Kingdom』はARPGというジャンルに属していますが、

正確に言うなら「アクション+RPG+格闘ゲーム」という要素を融合したPCゲームです。

 

フィールド上はTPS視点のアクションであり、

世界には感情豊かなNPCとストーリーが詰まっていて、

敵とは熱い格闘ゲームシステムの下で対決します。

 

似ているゲームとしては古いゲームとなりますが『トバル NO.1』を挙げることができるでしょう。

例えるなら『トバル NO.1』をよりRPGらしく、

アクションゲームらしくしたものが本作と言えるかもしれません。

 

それぞれのパートにおけるゲーム性

 

フィールドを駆け回るアクションパートを中心として物語は進みます。

 

フィールド中には様々なギミックがあり、

それを解いていくことでゲームが進行するため

『ゼルダの伝説』的なゲームプレイを楽しむ事ができるでしょう。

移動速度も素早くミニマップもあるので快適に移動できる点も優れています。

 

RPG的要素としては会話パートが充実していたり

先述した漫画パートが豊富にあったりと、充実した体験ができるでしょう。

声優さんの違和感の無い演技が作品世界を豊かにし、

本作の完成度をより一層高めています。

 

格闘パートはシンボルエンカウント式で、

アクションパートからシームレスに遷移するためまごつくことなく

自然に入り込むことができます。

 

攻撃は予備動作の無い動作をするため独特な印象を受けるかもしれません。

敵とのタイマンバトルとなるので集中して戦うことができますが、

近くに別の敵が居た場合には連戦になることもあります。

 

漫画風カットシーンもあるぞ

 

ゲーム中のカットシーンでは漫画調の表現が用いられています。

開発チームのEnigamiがフランス系であることから、

正確に言うとバンド・デシネ的な表現と言えるかもしれません。

 

ゲームのベースとなる3D表現とはまた違う味わいがあり、

世界観を楽しむ一助となるでしょう。

豊かなゲーム体験ができるはずです。

 

いつまで聞いても飽きない音楽

 

このゲームで使用されているBGMは非常に耳に優しい感じがして、

これだけでも1つの独立した作品として成立しています。

 

民族調とクラシック調が融合したような、

やはり日本の伝統的RPGから影響を受けていると思われます。

 

延々と聞いていたくなるような飽きのこない音楽が数多く収録されているので

この点もこのオンラインゲームの魅力の1つと言えるでしょう。

世が世ならゲーム音楽の名曲として親しまれてもおかしく無いほど良い楽曲が豊富です。

 

高いクオリティの日本式フランス産ARPG

 

『Shiness: The Lightning Kingdom』は様々な面においてクオリティの高いオンラインゲームです。

音楽、キャラクター、演出、ゲームシステム、構成などが丁寧に作られています。

ゲームをプレイしているだけで自然とゲーム世界に入りこむことができるでしょう。

素晴らしいオンラインゲームですので、ぜひおすすめです!