「シムシティ(2013)」人気街作りゲームの最新作!時間を忘れる面白さを持っているオンラインゲームです!

街作りゲームの元祖とも呼ぶべき人気PCゲームの最新作!今作はオンライン機能が搭載されています。当初は批判もありましたが、現在は問題も解消され人気作の仲間入りを果たしました!街づくりゲームを始めたい方に入門作としてぴったりのオンラインゲームです!

 

まずはこのPCゲームのゆっくり実況をご覧ください!

提供元:どせいすん様

 

街作りゲーム=『シムシティ』

 

ゲームの歴史において革新的な作品の一つとして『シムシティ』があります。

1989年にMacintosh用に発売され、1991年にリリースされたスーパーファミコン版で

世界的な大ヒットを記録しました。

 

ただ街を作るということがいかに面白く興味深いものであることかを

世の中に知らしめた素晴らしいPCゲームです。

 

街作りゲームというジャンルを確立した『シムシティシリーズ』

『シムシティ』から始まり『シムシティ2000』『シムシティDS』『シムシティ4』と展開し、

ついに2013年に『シムシティ(2013)』が世に出ることになりました。

ただ当初この作品はある点において酷評を受けた不遇なPCゲームでもあります。

 

最初はオンライン機能が必須だった

 

『シムシティ(2013)』は失敗作だと揶揄されることがあります。

それはリリース当初、オンライン環境でなければプレイできなかったからです。

 

そしてプレイ人口が運営会社のエレクトロニック・アーツの想定していたよりも多かったのか、

オンライン認証できないプレイヤーを数多く生み出してしまいました。

 

「ゲームを手に入れているのにプレイできない」という、

プレイヤーにしてみれば酷評するしかない状況が続いたのです。

 

このオンライン環境が必須という体制は1年ほど続きました。

ですが2014年にオフラインモードが搭載されるアップデートが実施されることで状況は一変します。

 

もうオンラインは必要なし!!

 

『シムシティ(2013)』をアップデートすればオンライン環境は必要ありません。

最早エレクトロニック・アーツといちいち通信する必要は無いのです。

 

「できんなら最初からやれよ!」と怒号を飛ばすプレイヤーの姿が目に浮かびますが、

真意は誰にも分かりません。

 

ともかくオフライン環境が手に入った現在では

オンライン問題は完全に解消されました。ザッツオール!なのです。

 

マップ上の1区画で街作り

 

街作りはまず広大な土地から街を作るエリアを選ぶことから始まります。

まず広いマップが表示され、そこに開発候補となるエリアが表示されるわけです。

 

この画面、何かに似てると思ったら『聖剣伝説 Legend of Mana』のマップ選択に似てたりします。

何となく懐かしさを感じる方も居るかもしれません。

 

開発できるエリアは必ずしも広いとは言えません。

むしろ歴代の『シムシティシリーズ』と比べると…かなり狭いです。

 

これはオンライン前提で設計されたゲームだからかもしれません。

他都市と連携しつつ都市を成長させるために

1ユーザーのエリアを制限していると考えることができます…が、

オフラインモードを実装するなら広大な都市を作れても良いはずです。

 

ただ狭いなりには狭いなりの楽しみ方もできたりします。

 

「都市の特化」により役割をもつ都市

 

開発エリアが狭いことで都市を何かに特化して作り上げやすくなります。

つまり無軌道やカオスが影響してできた都市ではなく、

計画的に役割をもって作られた都市を作れるようになるわけです。

 

そして実際に本作には「都市の特化」というメニューも存在しています。

都市の特化を選べばそれぞれに特化した都市を形成することで

大きな利益を得られるようになっていて、それぞれ以下のような項目があります。

 

鉱業:鉱物の採掘に特化

採掘:石油の採掘に特化

貿易:商取引に特化

電子機器:精密機器の生産に特化

文化施設:文化的施設の建造に特化

ギャンブル:カジノ運営に特化

 

これらのいずれかに特化した都市を作ることで

その都市は1つの役割に集約した都市となるわけです。

そしてその収益は莫大なものとなるでしょう。

 

 

このオンラインゲームでの街作りの流れ

 

まずは開発エリアに交通手段として道路を敷くことになりますが、

このとき他エリアから人が移動できるようにエリア外の道路と接続すると良いでしょう。

 

次に街には電気が必要なので発電所を建てなければいけません。

発電所を建てたら次は住宅地・商業地・工業地を設定しますが、

どれも道路の側に設定してあげると良いでしょう。

 

こうして人が住み始めて気付くものですが、水道を忘れていました。

水をくみ上げて人々に水道を供給してあげましょう。

 

そして警察署、消防署、病院、学校などを建てつつ

道路を整備し各区画を増やしていき街を作っていくことになります。

 

これまでの『シムシティシリーズ』をプレイしたことがある方ならすんなり理解できるはずです。

 

何と言っても『シムシティ』のタイトルを冠したオンラインゲーム

 

『シムシティ(2013)』はリリース当初、酷評の嵐に遭いましたが

現在ではオフラインモードが実装されたため問題無くプレイすることができます。

 

エリアは狭くなりましたが、狭いなりの楽しみ方もありますし

「都市の特化」という概念も導入されたので新しい感覚で遊ぶことができるでしょう。

 

また、やっぱり『シムシティ』というタイトルを冠するだけあって

面白さは折り紙付きです。

 

のんびり遊べるPCゲームや街作りゲームに興味がある方はプレイした途端に

時間が溶けてもおかしくありません。

気付いたら休日は消し飛んでいるはずです。