「PlanetSide2」最大2000人が戦闘する超大規模オンラインFPS!超広大なフィールドであらゆる行動が可能なFPS!

大人数がネット上で戦う、大規模オンラインFPS!
最大2000人という実際の戦場さながらの桁違いの大戦闘に加え、乗り物航空機にも乗れたり資源を集めて施設を建設するなど、自由度の高いプレイもできるのも魅力です!

 

 

まずはこの大規模FPSの世界観をどうぞ!

PlanetSide 2とは?

 

「PlanetSide 2」はDayBreakが運営する大規模対人FPSであり、最大2000人のプレイヤーが3つの勢力に分かれて三つ巴となって戦うFPSゲームです。

プレイヤーはいずれかの勢力の兵士として、大規模な戦いの舞台に身を投じる事になります。基本的に対人系のFPSと言えばチーム戦である事が多く、一人一人の負担が大きい事から敷居の高さがありますが、「PlanetSide 2」の最大の魅力はいつ始めても待たされること無く戦いに参加し、いつログアウトしても良しという「入りやすさ」が最大の特徴です。

 

また、兵士にはクラスと呼ばれるそれぞれ特徴ある役目がありますが、一つのクラスを除いてリスポーンルーム等にある武器ターミナルから制限無く切り替えができます。

そのため、戦いの状況に応じて臨機応変にクラスを変えて戦う事ができます。

そして、乗り物や航空機、MAPにある資源を集めて建築といったプレイヤーの思うがままの戦い方ができるFPSのゲームです。

 

PlanetSide 2の戦い

 

「PlanetSide 2」の戦いの流れは基本的に以下のようになります。

 

基本的に敵の拠点を制圧していく事がメインとなり、侵攻側は敵の拠点を一定時間制圧し続ければ拠点を手に入れる事ができます。

防衛側は拠点に来た敵を撃退し、拠点が取られるのを防ぐ必要性があります。

もちろんですが、この間にも他の場所で侵攻・防衛戦が始まっているため、一つの場所で粘りすぎると他のエリアから攻められていたと言う事もあります。

 

拠点を制圧したり、敵勢力の本陣まで侵攻する事ができればVPと呼ばれるポイントが入ります。

このVPを先に20ポイント手に入れる事ができた勢力が勝利となり、量の経験値と勝利した大陸のボーナス(航空機の出撃コスト50%ダウン等)を受けられるようになります。

 

勝利を掴むためには戦局を見極め、どこで戦うべきか?

どこで敵を迎え撃つか?どこから攻めるべきか?をリアルタイムで考え、勢力のプレイヤーが一丸となって共に戦う事が重要です。

 

PlanetSide 2の勢力について

 

「PlanetSide 2」には3つの勢力があり、これらの勢力は各大陸を制覇するために日々奮闘しております。

 

Terran Republic:通称「TR」

日本語で「テラン共和国(プレイヤーからはテランとよく呼ばれる)」、テーマカラーは赤色。

連射力に優れた武器が多く、勢力固有武器も連射力による圧倒的な手数で戦うスタイルです。

 

New Conglomerate:通称「NC」

日本語で「新複合企業体(プレイヤーからはコングロと呼ばれる事が多い)」、テーマカラーは青色。

攻撃力の高い武器や防御力に優れた固有戦車等が魅力的な力による侵攻が得意なスタイルです。

 

Vanu Sovereignty:通称「VS」

日本語で「ヴァヌー主権(プレイヤーからはヴァヌと呼ばれている)」、テーマカラーは紫色。

最大の特徴は弾道降下が無い武器が多く、遠距離からの攻撃に優れたスタイルです。

 

Nanite System

こちらは勢力ではなく、3つの勢力に武器や兵器を供給している企業。

通称「NS」であり、ある意味で一番の戦争における利益を受けている存在。

なお、DBCという課金通貨でNS製の武器を買うと、3勢力で使用可能になります。

 

PlanetSide 2のクラスについて

 

「PlanetSide 2」では大きく分けて6つのクラスがあり、クラスや武器、装備の編成をするターミナルでMAXと呼ばれるクラスを除き、いつでも切り替える事ができます。

 

Infiltrator:読みはインフィルトレーター

通称「インフ」。スナイパーライフルやスカウトライフルによる狙撃を得意とする狙撃兵だけでなく、透明状態になって敵陣深くに入り込み、敵を混乱させたり、敵端末のハッキング、索敵まで出来る偵察兵プレイも可能です。

 

Light Assault:読みはライトアサルト

通称「ライアサ」、「LA」。最大の特徴はジャンプジェットと呼ばれる一定時間飛行する事ができる能力で、他のクラスでは登れない場所に登ったりして奇襲攻撃を仕掛けたり、優位な位置からの攻撃が可能。

 

Combat Medic:読みはコンバットメディック

通称「メディック」。このクラスの特徴は傷ついた味方のライフを回復し、倒れた味方を蘇生させる事ができる戦線の要ともなるクラスです。

また、唯一アサルトライフルを装備できるクラスでもある。

 

 

Engineer:読みはエンジニア、通称「エンジ」。

このクラスのみが攻撃を受けた乗り物やタレットの修理が可能です。

かつ、その場で設置できるタレットや、乗り物が踏めば大ダメージを与える事ができるタンクマイン、さらに味方へ弾薬を補給する事ができる弾薬箱を配置できるクラスであり、まさに「縁の下の力持ち」であるクラスです。
Heavy Assault:読みはヘビーアサルト

通称「ヘビアサ」「HA」。このクラスの特徴はダメージを吸収・軽減できるシールドを展開する事が可能であり、戦場における重要な先兵です。

また、唯一ロケットランチャーを装備可能なクラスでもあり、ロケットランチャーが当たれば歩兵は即死しますし、乗り物にも大ダメージを与える事ができます。

ロケットランチャーの中には航空機や車両をロックオンできるタイプの物や、勢力ごとの特徴を捉えた物もあります。

 

MAX:読みはマックス

「Mechanized Assault Exo-Suit」の略。

このクラスを使用する時にはリソースを450も消耗してしまいますが、圧倒的な攻撃力と防御力で敵を蹂躙できるクラスです。

しかし、歩兵の時にできた事が一部できなくなったりしますし、750までしか貯まらないリソースを450も使う上、無双ができるほどの防御力でもありませんので過信は禁物です。

 

PlanetSide 2は個性が生きるFPS

 

「PlanetSide 2」の魅力として、課金をしなくても十分に遊ぶ事ができる事、いつでも戦いに参加していつでもログアウトしても良いという自由度、そして自分の戦い方を貫く事ができる自由なスタイルが魅力のFPSゲームです。

また、課金できる事も武器のアンロック(ゲーム中で手に入るサートというポイントでも購入できます)や経験値にブーストがあるぐらいで、課金をしていないとまともに敵を倒せないと言うこともありません。

そのため、まさに「PlanetSide 2」はプレイヤーの個性重視のFPSゲームなのです。