「バイオハザード リベレーションズ」ホラーTPSの定番バイオハザードシリーズの番外編!リアルな恐怖に震えあがる・・・

人気ホラーゲームシリーズ「バイオハザード」番外編的ホラーTPS!
初期時代のような恐怖感
を格段に上がった操作性アクション性でより作品にのめりこめる・・・!
あなたはこの恐怖に耐えられるか・・・?

 

まずはこのホラーTPSの公式PVをチェック

 

バイオハザード リベレーションズ-アンベールドについて

 

原点のバイオハザード(以下バイオ)のホラー性は、その後のバイオではアクション性にとって代わられた感がありますが、このリベレーションにおいてはその原点に立ち返ったホラー性が戻ってきました。
導入部の、幽霊船のような遺棄された豪華船の探索からすでに、そのホラー要素はプレイヤーの心臓をバクバクさせてくれます。

 

何がこの先出て来るのか解らないと言う不安要素と、近年のホラーの特徴のいきなり現れるグロテスクな敵無残な死体など怖さは往年のバイオに匹敵するものがあります。
勿論初期バイオに比べれば、格段の操作性の良さで回避やカウンターなどアクション性にも優れていますし、キャラクター操作もスムースです。

 

バイオハザード リベレーションズ-アンベールドの特徴

 

何よりこのリベレーションの場合、ストーリー性に富んでいると言う事が近年のバイオとは一線を画しています。
無印バイオの主人公のクリスがパートナーとともに行方不明になったのを、同じく無印バイオの主人公でもありクリスのパートナーだったジルが捜査に当たる、という筋立てがはっきりしているのでゲームに入り込みやすいと言う長所があるのです。

 

アクション性の高いゲームの場合、マップ移動などでどうしても敵とのエンカウントが多くなり、またマップの移動の複雑さやトラップで迷ってしまい、気が付いたら何のために移動しているのか本筋が解ら無くなった、などと言う事が結構あります。
このリベレーションもマップ移動は結構面倒な作業が続きますが、それでもプレイヤーがどこに何のために移動するか本筋を忘れるほどのことが無いのが、ゲームを単なるアクションだけだけではない言えるでしょう。

 

 

勿論アクション好きの人のために、またマップなどひも解くのが好きな人のためにも、決して難易度は低くなくどちらかと言えば敵の強さ、特に中ボス相手の戦闘は時に面倒になるほどに相手の強さが際立っています。

ゾンビの名にふさわしく、倒しても倒しても復活してくる中ボスには手を焼いた人が、多いのではないでしょうか。
ストーリーの中ほどから、謎の部分が段々と明かされていくのも、プレイヤーを飽きさせずに先に進めてくれる要素になっています。

作品中盤からストーリーは二転三転し始めます。
中盤からストーリーとしての目線は、クリスとそのパートナーのジェシカと、ジルとそのパートナーのパーカーとの間を行ったり来たりすることになります。

つまりはプレイヤーは、2人のキャラクターを扱うことになるのです。
使い勝手の違いもあって、最初の辺りでは操作に苦労すると思いますが、中盤では武器なども充実してきますのでそれほどの苦労はないはずです。

 

この2組の探索者たちが合流した辺りから、物語も佳境に入ってきます。

そこまでに引かれた伏線が回収されていくにつれ、表立って敵と認識されていた相手の陰に隠れた、本当の敵が顔を表してくるのです。
そしてやはりこの部分辺りから、3組目の操作キャラクターが登場します。
結果プレイヤーは、3つの視点でストーリーを眺め、3人のキャラクターをかわるがわる操作することになるのです。
この辺りが面倒だという意見もありますが、少なくとも3者の視点がそれぞれの位置でストーリーの全貌を明かしていく過程は、脚本家の見事な手腕と言えましょう。

 

ドラマティックと言う言葉が、本当にふさわしい展開です。
怒涛の展開の最後のボス戦に入りますが、歴代のバイオシリーズらしくないボスにはなっていますが、それでもこのリベレーションは骨格のしっかりしたストーリーを持った、怖さも充分なゲームに仕上がっています。

最後に

 

 

ここまでのバイオをプレイし続けて、アクション系が好みの人も、原点を懐かしむ人にも充分に楽しめるゲームになっています。

何よりバイオファンにとってこのゲームのストーリーは、バイオ5をプレイする前に知っておきたいストーリーを含んでいます。このゲームのプレイしておくことによって、バイオ5のストーリー展開に深みが増すことにもなります。

 

番外編のような位置に置かれているリベレーションなので、意外とプレイなさっていないプレイヤーが多いようですが、バイオファンならプレイ必須の一作であると思われます。

何より初期バイオファンにとって、クリストジルに再会できたと言うのは、大きな喜びとも言えるでしょう。
真正ホラーからグロテスクまで、取りそろえたゲームでしかも、ストーリーがしっかりとしているゲームですので、是非プレイしていただきたい良作です。